異世界で災害使って無双する(仮)

水無月 葵

不可解な死

 俺は、死んだ。何故死んだのかは、思い出せない……。

 なにか遠くから聞こえる。何だろう?

 救急車の音だ。何だ? 俺が運ばれているのか?

 でももう手遅れだよ。だって今椅子しかない天国みたいな場所で椅子に座って居るのだからだから。

「…………の…………は!?」

 ん? 何だろう。何か言ってる。

「………………君! …………さ君! ……ばさ君! 翼君! しっかり!」

 聞き慣れない声が聴こえる。

 俺の名前だ。
 今手術されているらしい。

「先生……もうこの子は、助かりません……」

「……そうか……すまない翼君……」

 そう、その時俺は、死んだ。

 板宮イタミヤ ツバサ 十六才の命は、完全に終わった。



 何で死んだんだ? 確か、コンビニに行ったよな……

 俺は座りながら考えた。

「異世界で災害使って無双する(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く