話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ラスボス転生!?~明日からラスボスやめます~

ノベルバユーザー175298

テンプレイベント発生です!!

 あれ? シーナってこんなキャラだったっけと考えるが......分からない。
 今まで勇者視点でプレイしてきた私にとって、シーナは敵であり、倒すべきシステムだったのだ。当然、シーナの性格を知るとかいう前に戦いを強いられる。

 そして私は、シーナの敵だったからこそ、その強さが分かっている。シーナが人に対して負けることは無いという事が分かっている。

 「あぁん!!テメェ今何つった!!」

 シーナに暴言を言われたチンピラ達は、お怒りモードだ。
 青筋を浮かべ、今にも飛び掛かって来そうな勢いだ。何人かはぞろぞろとこちらに向かって歩いてきている。

 すると、唐突にシーナが一番先頭を歩いているチンピラを指差して変なことを言った。

 「お前、右の壁に全力で突っ込め」

 冷徹な眼差しを向けながらそう命令・・を下した。

 「あ!?何言ってんだ、おまグヴェ」

 言葉とは裏腹に、勝手に壁に突っ込んで行くチンピラ。
 狂ったように壁に体を打ち付けているチンピラは、体から血が吹き出しても、骨が折れて歩けなくなっても、その命令・・を全力で実行した。

 「がっ!! やめ、やめろ!! ぐっ!! やめて......」

 やがて、動かなくなったチンピラを見て、他のチンピラ達は、現実に引き戻される。ボロボロになった仲間を見て、次は自分だという恐怖にガクガクと震えている。
 圧倒的な力の差と、意味の分からない仲間の行動は、チンピラ達を恐怖に陥れるのに充分だった。

 これがシーナの能力。絶対命令。シーナに指を指され命令・・を与えられたものは、絶対にその命令を守るように体が勝手に動くという能力だ。生物だけではなく、物にも命令を与える事が出来る。
 例えば、シーナが剣に「勇者の心臓を切り裂け」と命令すれば、剣が勝手に動き、勇者の心臓を切り裂くまで剣は絶対に止まらないという、最強の武器が出来上がる。
 もちろん、武器が壊れれば終わりだけど。

 しかし、この能力にも欠点がある。シーナのレベルを越えるものには命令が出来ないという事だ。と言っても、シーナのレベルは、200を有に越している。
 ちなみに、普通の冒険者がレベル50程度、普通の勇者でレベル150程度。
 ......はい。チートです。

 そして、またシーナの指が一人のチンピラを指す。
 そのチンピラは、まるで、死刑宣告を受けた受刑者のようにガタガタと震え、ただただ、命令・・を待つだけとなった。
 シーナの三日月型に歪んだ口から、絶対の命令が告げられる。

 「お前は、今すぐむぐっむぐっ」

 シーナの口から命令が出される前に、私はシーナの口を押さえた。

 「シーナそれ以上は、メッ」

 口の前でバッテンを作り、少しふざけたように、シーナを注意する。
 すると、歪んでいた顔と口も、元に戻り、普通のシーナに変わった。

 「マナ様~。ごめんなさい~」

 そう言うと同時に、シーナは抱き付いてくる。私とシーナの背の差によって、必然的にシーナの大きくて柔らかい二つの凶器が私の顔に......あれ? どうしてだろうか、目から涙が溢れてくるよ......


 現実世界でも私の胸は大きく無かった。だが、少しはあったんだ!! ......あったんだ!! 大事な事なので二回言いました!!
 そして、この世界では成長途中の幼女になってツルペタ......私に救いを、成長の未来を下さい。

 と、神様に祈ろうとして、すぐに止めた。ミーニャとか言う変な神に祈りたくなかったというのが本音だ。それに、ミーニャが嘲笑っているような気がして、イライラするから。
 諦めて、私の未来を信じよう。この体ならまだ成長の兆《きざ》しがあるはず。

 そんな事をしている間に、チンピラ達は居なくなり、周りが静かになっていた。
 異世界のテンプレイベントが終わりを告げ、残されているのは、異世界への好奇心のみとなった。
 ゲームで夢見た世界が今ここにある。そう思うと、体がうずうずして止まらない。早く色んな欲求を満たしたくなってくる。

 一番気になるのは、やっぱり。

 「ケモミミっ子。早く見たいなぁ~。モフモフが私を呼んでいる」

 猫の獣人さん居ないかな~。モフモフしたい。

 そんな、期待と、夢に胸を膨らませ、薄暗い路地から、光が差している方向へと足を運ぶ。

 一歩近付くごとにその期待が膨らんでいく。その時間を楽しみ、嬉しさで爆発しそうな体を抑える。
 そして、眩しさに目を細めながらも、異世界の街へと足を踏み入れる。

 ざわざわと聞こえる人の声。人だけではなく、その中には耳が長い人だったり、肌が真っ黒な人だったりと、見るもの全てが新鮮で始めてだった。
 賑わっている商店街。可愛い服装に身を包んだ街娘。同じく可愛い服装に身を包んだゴリラ......見なかった。ワタシは、ナニもミナカッタ。

 行き交う人々は、目まぐるしく変わる。だけど誰もが個性的で、誰もが人間らしく生きていた。
 今ここで生き生きとしている人を見ると何だが、現実世界と比べてしまう。

 私達の生きていた現実世界は残酷で、誰も彼も救われない。だけど、誰もが平等な世界だった。

 戦争もなく、苦しむ子供達も居ない世界。
 だけど、街を歩く人々は、どこかうつろげで、今日だけを生きているという感じだ。そんな現実が嫌で、私はゲームで現実逃避をしていた。

 やっぱり、ゲームの世界は最高だ!!
 今日、この場に立ってようやく分かった。希望が夢が詰まった世界ゲームが面白く無いわけ無いと。ここは、神が創った理想郷だと。



◆◇◆◇◆◇


 とある世界のどこか。
 悪趣味なピエロの服装の美女は、言った。

 「にゃは♥君達には~♪異世界転生のチャンスを上げよう☆そして~♪この世界で君達は勇者として新しく生まれ変わる♥見事ラスボスを倒した勇者には☆ミーニャちゃんから特別なプレゼントを上げよう♪♪」

 困惑している、四人の高校生。だがその中の一人は怪しく笑っていた。
 その一人が問い掛ける。

 「プレゼントって言うのは、何ですか?」

 その疑問に、面白いと口を歪めて答えるミーニャ。

 「ミーニャが可能な事なら☆何でも叶えてあげる♥例えば現実世界で~チート能力を使いたいとかね♪♪」

 「ははっ。面白いですね。是非ともラスボスを倒さないと」

 困惑する三人とは違い、どこか楽しげに笑う。

 「では♥君達には一つ能力を上げよう☆それで~♪ラスボスを倒すといいよ♥」

 愉快にその場でクルクルと回るミィーニャ。まだ状況に着いてこれていない三人と、何かを企んでいる一人。

 「それでは~♪【ブレイバーズストーリー】スタート☆」

 この時、四人の勇者が【ブレイバーズストーリー】の中に転生した。
 マナを倒す事が出来るほどのチート能力を持って、転生した。

 そして、その場に残ったミィーニャは、愉しそうに微笑む。

 「さぁ♥君の物語さいごをみせて☆」
 

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く