のん気な男爵令嬢

神無乃愛

その頃の公爵夫妻(というか公爵夫人)

 その間、公爵夫妻は何をしていたかというと。

 公爵夫人が領都に飛び、過去の文献を漁っていた。それを見た先代公爵が一体何事かと慌てふためいた。
「レイスの一件ですわ」
 レイス滅却のために必要だと、夫人はあっさり言い放った。
「お前は神殿に真っ向から喧嘩を売る気か!?」
「一月以上交渉しても、一向に来ないではありませんか。領民をレイスの恐怖から守るつもりはないと、お父様はお仰せで?」
「だから、こちらに連れてこいと」
「それが出来れば苦労いたしませんわ!!」
 実の娘であるが、時折怖いと先代公爵は思う。

「どうも、見たことのない聖獣が関わっているようですし。……お父様はバサロヴァ海国の聖獣をご存じで?」
 それを聞いた、先代公爵は記憶を手繰り寄せる。外務関連とは無縁の役職にいたが、先代とて各国の聖獣は「常識」として知っている。
「はて……伝えられていないということは、ペトレンコ公国と同じ、ラグ・バハートではないのか?」
「ヴァルの話だと、ラグ・バハートとは違う姿かたちの聖獣だったようですわ」
「……は?」
「あの地がレイスまみれになったのは、故バサロヴァ海国の聖獣を守ろうとしてだと、言われたそうですので」
「儂も行く!」
「お父様……」
「儂も行くぞい! これ以上の重大案件なぞないわい! それに儂は引退した身じゃ」
 さっさと連れていけ、そう宣言した先代公爵に、夫人は頭を抱えた。

「大旦那様、準備が整いました」
 早すぎる。先代が「行く」と言っただけなのに、渡航の準備が整うとはこれ如何に。……あ、パルパニエミ侯爵おおばかもの用に教育していた執事だわ。なら仕方ないわね。などと思い直し、調べものもそこそこに、集落へ戻る羽目になった。


 その顛末を聞いた公爵はというと。
「お義父上は稀代の聖獣好きでしたねぇ」
 とどうでもいい感想を抱いたとか。

 それ以上に、戻ってきたマイヤと大変に気が合い、ヴァルッテリが先代公爵祖父に嫉妬するなど、誰も思いもしなかった。


「のん気な男爵令嬢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く