のん気な男爵令嬢

神無乃愛

よくある? 断罪イベント

 マイヤのドレスは、お披露目に間に合った。ということは、絶対に出なくてはならないものだ。
 そう考えると、かなり気が重い。
「夜会を嫌う貴族女性を始めて見たよ」
「光栄ですわ。見栄の張り合いに、気に入らない者たちを貶めすだけの夜会など、行かなくてもよいでしょう?」
「そこまで言われると……ね。我がオヤヤルヴィ公爵家も色々、、言われる立場だからね」
「あら、天下の公爵家を貶める愚か者がいるのですか?」
「うん。陛下とか、宰相閣下とか」
「? 現公爵閣下は王兄ではありませんでしたっけ」
 これ以上は使用人たちにも聞かせられないと、ヴァルッテリは防音と盗聴防止の結界を難なく張った。

 まったくもって羨ましい限りである。これがあったら、マイヤの隠密スキルは上がることはなかったのだが。
「だからだよ。何せ父上を陰謀やらありもしない罪状やらをでっちあげて、王太子の地位から蹴落としたお人たちだから」
 どこの国も色々と大変なようである。
「なんというか、宰相閣下は母上の弟君なんだけど、全然交流がない」
「は?」
 なんかすごいことを言わなかったか? この男。
「本来なら、宰相閣下がこの公爵家を継ぐはずだったんだけどねぇ。あの人、祖父母に勘当された上、絶縁されたからねぇ」
 一体何をしでかしたんですか、その宰相閣下とやらは。思わずその言葉を飲み込んだ。
「言ってくれてよかったのに。有体に言うと、祖父母が頑張ってまとめた縁談を勝手に破棄した上、その相手方に冤罪かけた」
 どこかで、聞いたことのある話だ。マイヤはそう思った。

 とある子爵令嬢に惚れ込んだ第二王子(現在の国王)と一緒になって、パルパニエミ侯爵という、由緒ある家の令嬢をありもしない嫌がらせで断罪したという。そこの婿養子に入ったのが、ヴァルッテリから見れば叔父になるらしい。その当時、第二王子はパルパニエミ侯爵令嬢と婚約していたとか。ちなみに、現宰相閣下の婚約者はその令嬢のご友人で、そちらも一緒に断罪したとか。
 断罪された二人は余りにもの恥辱に、命を絶ったという。

「……なるほど。どこかで聞いたことのあるお話ですわね」
「どこでもあるんじゃない?」
「いいえ。ヴァルッテリ様の叔父上は、その子爵令嬢に惚れていらしたのでは?」
「さぁ? そこまでは知らない。それと同時に王宮でありもしない様々な話が出て、父上が廃嫡されたし。先代国王陛下から見ても、父上は目の上のたん瘤だったというのは知ってるけどね」
「わたくし、それと細部まで類似する話を聞いたことがありますので」
 すぐにヴァルッテリの顔色が変わった。
「その子爵令嬢、ヘリュ・ランタラとおっしゃるのでは?」
 マルコからも聞いていたが、それを聞いたとある人物が、細部まで類似する話を教えてくれたのだ。
「その方は、この大陸で忌み嫌われる『転生者』なのですけど、似たような話があちらの物語にはあったそうですの。『荒廃した帝国を救う聖女』と崇め奉られる存在となり、当時の王太子が不正をしているという証拠をつかんで、廃太子して、第二王子を王太子に、そしてその方が王太子妃になるという『さくせすすとーりー』だったそうですの」
「その不正が冤罪、令嬢方の嫌がらせとかも冤罪でなければそのままだね」
「うふふ。ということは、そんな方が王妃陛下となったとあっては、大変では?」
 ごくり、ヴァルッテリが唾を飲み込む音が響いた。

「のん気な男爵令嬢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く