のん気な男爵令嬢

神無乃愛

仕掛けた罠3

 二人しかいない、というのは令嬢、令息としてどうなのだ。通常ではありえないと思わないのか、そこがまず一つ目。
 いくら王国の魔術師の証があったとしても、使う魔術が帝国の、しかも現在試験中の魔術なのはどういうことだ、というのが二つ目。
 他にもあげればきりがないが、突っ込みを入れるのすら疲れたというのが、マイヤとヴァルッテリの感想である。
「あ、ミスリルの腕輪どっかいった」
「なんてことを……」
 言外に監視となっている腕輪を捨てたことを言われ、マイヤは呆れた。今までのぼんくらぶりが嘘のようである。
「その分、当家に伝わる剣に魔力流す」
「……左様ですか」
 魔術や魔力に関して無知なマイヤは、ヴァルッテリに任せることにした。
「きっちり話を聞かれている、ということでしょうね」
「おそらく。でないとあんなタイミングよく魔獣が来ない」
「余程の偶然出ない限り」
 二人ぼそぼそと話す。
 マイヤとヴァルッテリは互いに笑みを浮かべ、「相手の笑みが怖い」と思った。

「ここから出れますの?」
「そのために魔力を注いでいるといった方が正しいかな」
 剣を見せつけヴァルッテリが言う。どうやら魔力を注ぐことで発動する剣らしい。
「おかげで予定が狂いましたわ。本来なら、わたくしの専属お針子を紹介しようと思っておりましたの」
 帝都へ連れていくために。昨日のうちにその仕立て屋には使いを出している。
「いや、当家専属もいるけど」
「遠慮いたします。と言いたいところですが、こちらのお針子次第でしょうね。さすがに帝都まで行きたくないと言われれば、諦めますし」
「うん、父上と母上が気に入りそうだね」
 そこまで言うと、ヴァルッテリが唐突にマイヤを抱き寄せた。
「なっ!?」
 必要以上に男に振れたことがないマイヤにとって、刺激が強すぎた。

 何せ、王国の女性は婚礼に至るまで「純潔」でいることが絶対で、未婚の女性が純潔でない場合、恥とされるのだ。男にそういった制限はない。
 解せぬ、と言ったのは当家の先代執事で、合意でない状態で純潔を失った女性を保護する制度も始めた。おかげで「シングルマザー」も多かったりする。
「……そのあたりを守っているとは思わなかったな」
「守っていたのではありません! そういった殿方と会う機会がなかっただけです!!」
 それだけはしっかりと言っておきたい。
 余談だが、帝国側はそこまで気にしない。「病気に罹患するようなお馬鹿さえしなければいい」というのが理由だ。
 そういう意味で、マイヤの母親リーディアは、帰った後も大変だったろうと推測している。

「さた、馬鹿なこと言ってないでさっさと出るか。マイヤ、しっかり掴まっていて」
「は、はいっ」
 ヴァルッテリの服をぎゅっと握った。
「うん、役得」
 ヴァルッテリがふざけた瞬間、ヴィンという音がした。
「魔剣発動。術式消滅」
 あっという間に二人を捕らえていた術式は消滅した。

「速度低下、風圧低下」
「ありきたりすぎですわね」
 術式消滅後、どこかに飛ばされるというのは、物語でもよくある話だ。しかも空中とは。相手方はどうやらマイヤかヴァルッテリ、もしくは二人を殺したいようである。
「全くだね。障壁発動。……失敗した」
「え!?」
「いやさ、腕輪つけないで術式発動させるの久しぶりすぎて……」
 森がマイヤとヴァルッテリを中心として、半径数キロが荒野と化していた。

「どうしますの?」
 思わずマイヤはヴァルッテリを睨んだ。
 ここが王国内のどこの森でも問題である。そしてアベスカ男爵領ならば、領民の生活に直結する。
「アハトが何とかしてくれるんじゃないかな」
「#他人__ひと__#任せですの!?」
「今の状態の俺が直したら、多分もっと荒野が広がる」
「……放っておきましょう」
 マイヤは思考を放棄した。

「お嬢様ぁぁぁ!! ご無事で!!」
 どうやったのか分からないが、ベレッカたちが移転術で飛んできた。

「のん気な男爵令嬢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く