話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

のん気な男爵令嬢

神無乃愛

3

 マイヤから見た使者であるウルヤナの感想は「あ、こいつ信用ならん」だった。
 上から目線、高圧的、自己中等々。悪いところをあげていけばきりがない。向こうからしても、こちらが信用ならないのかもしれないが。十年くらい前に再度戦があり、帝国が勝った。そこで力関係が逆転し、帝国の属国扱いになっているはず……である。

 マイヤはそういう意味では異端なのである。帝国貴族の母親と、王国貴族の父親。デビュタントで嫌というほど悪意ある視線を向けられた。
「マイヤの髪の色がグラーマル王国にないからというのもあるかもねぇ」
 のほほんと話す父親だが、しっかりと守ってくれた。それ以来、マイヤ自身が魔法をほとんど使えないこともあり、「あんなくだらない社交界に出なくていい」と言ってくれた。
もっとも、ダニエルが一人分しか移転できる魔力がなかったことに由来し、出席するために馬車を使って半月も揺られるのが苦行で、ダニエルが一往復で降参した、というのが実情だ。
 マイヤもこんなくだらないことをするのが王侯貴族なら、二度と関わりあいたくない。そう言って、領内の内政に精を出したのだ。
 祖父も大変喜び、「為政者としてのイロハを叩きこみ終わるまで死ねぬ!」と言い、本当に叩き込むだけ叩き込んだ後に他界した。その根性に領民までもが喝采を送るとともに呆れたものだった。
「明日には婚約者候補の方がいらっしゃるのよね」
 移転魔法を使ってさっさと来るらしい。どうせなら、破棄してさっさと帰っていただきたい。さすがにそれは口に出さなかった。父や執事たちにはばれていたようだが。
「わたくしだって暇じゃないのよ。女は暇だと思って急にいらっしゃるんだから」

 ……一応、帝国側からは半年も前に打診されていたという事実を、ダニエルもマイヤも知らない。


 かくして、初の婚約者との対面に臨むことになった。

「のん気な男爵令嬢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く