自衛官志望だったミリオタ高校生が、異世界の兵学校で主席を目指してみた件

高雄摩耶

第十三話 予備油缶盗難事件

    結局のところ、予備油は見つからなかった。訓練後参加した全員で保管庫はもとよりグラウンド中を捜索した。しかし手がかり一つ掴めなかった。
    そこで宇垣は二号生の古賀先輩に相談したところ、二号生用の油を少し分けてくれることになった。そして先輩から担任の向上教官にも話を通してもらい、来月には特別に予備油をもらえることになった。

「すいません寮長。私たちがちゃんと見ていれば・・・」
「いいのよ、これで確認するべき場所も分かったんだし、よかったと思えばいいのよ」

    駐退装置の油圧が下がっていた原因はポンプとオイル補充用パイプのつなぎ目のネジが緩んでいたことだ。
    その日の夜。
    
「まったく、今日は訓練にならなかったわね」
「そういう日もあるわよ、訓練は実戦で同じことを起こさないようやるものなんだから」

    智恵の言う通り、訓練はこういうことをあぶり出すために行うものだ。そう思えばよかったのだろう。

「それにしても、なんで予備油の缶が無くなったんだろうね。麻里は前確かにあったって」
「うん、そう」

    珍しく松原が起きている。しかもいつもの寝ぼけ顔とは違う。なぜなら今日は「金曜日」だからだ。

「どうだった今日の“カレイ”は」
「うまかった」

    バラエティー番組の下手な食レポみたいだが彼女にとってそれは何者にも変わらない言葉だ。つまり「うまかった」
    さて、智恵が言った「カレイ」とは魚ではない。もちろんカレーライスのことだ。
    海軍の食といえばカレーといイメージのきっかけはひとえに、日本のカレーの原点が海軍が作ったものから始まったからだ。
    どうやら松原は、カレーを食べると覚醒するようだ。

「そんなことより麻里、あなたが見たのは確かに予備油だったんでしょうね?」
「間違いない」
「寝ぼけて見間違えたとか・・・」
「それはない」

    本人がそう言っても、何となく説得力がないのだが。

「麻里が見たのが一週間前、それから今日までは誰も見かけていない」
「じゃあ無くなったのは少なくともこの一週間の内ね。誰かが持って行ったとか」
「保管室には鍵がかかってるのよ。確か油の缶はかなり重かったはず。一人じゃ持てないわ。もし私たちが開けてる間に誰かが持って行ったとしたらさすがに気づくわよ」

    ちなみに保管庫を開ける鍵は寮長の宇垣と寮監の伊達さんしか持っていない。

「まさか、直美とか寮監が持ち出したとか〜」
「そんなわけないでしょ!第一私や伊達寮監が持ち出して何の得があるのよ」
「それもそうか」
「まあ、油はどうにかなりそうだし、とりあえずこの話は保留ってことにしとくわよ」

    俺と石井が帰ってきたのはちょうどそのときだった。

「ただいまー」
「遅いわよ!今まで何してたのよ!」
「えへへ、掃除が長引いちゃって」

    最初はトイレだけだったのが「ついでにここも」「こっちも頼む」の連続でこんな時間になってしまったのだ。

「どうしたんだ三人で」
「別に、いつものことでしょ」
「その通り」
「その通り・・・って、松原が起きてる!?」
「そんなに驚くことじゃない」
「いや、だって・・・」
「麻里ちゃんはね、“カレイ”を食べると覚醒するんだよー」
「カレーでそんなに変わるのか」

   しかし一度寝てしまうとまたいつものグダグダに戻ってしまう。なら毎日カレーを食わせたいがあいにくカレーが出るのは毎週金曜日だけだ。

「そうだ、昨日直美に話してた例の夜間空襲対策案。今日みんなに話したら結構ウケよかったよ」
「本当か?」
「それと、今日向上教官にもあったからあんたのその案をついでに話しておいたわ」

    以外とみんな理解してくれることがわかって正直ホッとした。これで「名誉を傷つけるな!」とか言われたらどうしようかと思っていた。

「ああそうだ宇垣、昨日保管庫にいたやつ大丈夫」
「何の話よ」
「いやぁそれが、昨日保管庫の前を通ったら誰かが扉を開けようとしててさ、同じクラスのやつかと思ったら何故か一目散に走ってっちゃったから何か迷惑かけたかと」
「昨日は訓練はなしって言ったじゃない。保管庫に何の用があるのよ」
「でも昨日確かに見たぞ。黒いカッパを着た生徒が」
「・・・ねえ、その子何してたの?」
「鍵を開けようとしてたように見えたけど、気のせいかもしれない。南京錠に開けたような痕跡がなかったから」
「え、でも、誰かがいたのよね。どこの科!何号生!」
「わ、わかんないよ。カッパ着てたから」
「もしかしてそれれって・・・」

    元いた三人が深刻な顔をし始めたので、俺はどうすればいいかわからない。

「直美、実は私も昨日の夜・・・」
「何か見たの!?」
「あ、ああ、昨日当直してた時にグラウンドに誰かいたような気がしたんだ。確認したけど誰も・・・」
「それはいつ!?」
「え、き、昨日の0時少し前だったような・・・」
「智恵、まさかこれって・・・」
「うん、どうやら誰かが意図的に仕組んだみたいだねどうする?」
「決まってるわ。とっ捕まえるのよ!そして骨の髄まで絞ってやる!」
「そうこなくっちゃ」

    なんだか訳が分からぬまま話が進んでしまい、俺と石井はただ戸惑うだけだ。

「まずは寮監のところね。あんたも付いて来なさい!」
「痛い痛い!引っ張るなって!」

    俺は連行されるが如く、宇垣に連れ去られた。




「寮監!伊達寮監!」

    出入り口の隣にある寮監室に大声で叫ぶ宇垣は必至の表情を浮かべ、俺はなおポカンとしている。

「宇垣様、何かご用ですか?」
「ねえ寮監。保管庫、保管庫の鍵は!?」
「保管庫の鍵は、宇垣様がお持ちのはずでは?」
「そうじゃなくて、寮監の!」
「わたくしの鍵はあちらにかけてございます」

    見ると確かに、壁にいくつも刺さった釘の一本に、「保管室」と名札のある鍵がかかっていた。

「それがどうかしました?」
「それが、一週間前から・・・」

    寮監と俺は、この時初めて宇垣がなぜそんなに騒いでいるのかを知った。

「なるほど、そんなことが」
「それで、この一週間で保管庫の鍵を誰か借りてないか知りたいんですけど」
「お待ちください」

    そう言うと、寮監は机の引き出しから一冊のノートを出してきた。

「鍵の貸し出し記録です」
「すごい、こんなものを」

    そこにはなんの鍵が、何月何日、何時何分からどれだけの間貸されていたかが一目瞭然だ。特に名前も書いてあるのがありがたい。

「えっと、この一週間で借りたのは・・・」
「お、いたぞ・・・ってこいつは」
「鈴木さんね・・・」

    鈴木三葛は例の訓練拒否者、滝島の子分の一人だ。

「ということは鈴木が犯人・・・」
「でも、記録によれば鍵は5日前に貸し出されてその日の内に返されてる。俺たちが不審な人影を見たのは昨日だ。五日前の開けて今日盗んだとは考えられないぞ」
「それにしても、あの子が保管庫を開ける理由が分からないわよ」
「理由ならここに書いてあるぞ」

    素晴らしいことに借りた目的まで書いてあった。そこには「教材を出すため」と書かれている。確かに、五日前保管庫に水雷の授業の教材を取りに行ったのは鈴木だ。

「しかもお前の話じゃ、油缶はかなりの重さのものじゃないか。鈴木一人ではとても無理だと思うが」
「んっ〜」

    期待外れの結果に、宇垣もご立腹だ。これで犯人がわかると思ったが、捜査は振り出しに戻った。




    その日の夜9時。
    宇垣はいつも訓練に参加している全員を集めた。要は滝島たち三人以外だ。
    宇垣が話したのは例の「油盗難事件」の対策だ。犯人がまだわかっていない以上、また何か盗みにかかってくるかもしれない。しかも相手は複数人で動いているものとされる。怪しいものを見たらすぐに報告せよというのが、宇垣の話だ。
    聞いていた生徒も、盗難事件と聞いてさすがに驚いている様子だった。

「やつら、また仕掛けてくるかな」
「多分ね」
「でもなんで予備油なんて盗むんだ。そんなに油が欲しいのか?」
「もの欲しさの盗みじゃないのよ」
「え?」
「あんた不思議に思わない?盗みの事件が起きてるのに誰も教官に言おうとしないこと」
「あ、確かに」

    言われてみればそうだ、教官に話さえすればすぐ解決できそうなものだ。

「なんで?」
「表向きは生徒の“自主性”を重視するため、命に関わるようなことじゃない限り教官は干渉しない・・・てことになってるけど、要は“めんどくさい”ってことよ」
「教官はそんなんで良いのか?」
「さあ、今まで大丈夫だったからこれからも大丈夫ってことでしょ」

    つまり今回の事件も自力で解決するしかない。ちなみに寮監は教官とは立場が違うので協力してくれる。ただし寮監という存在は「その科の寮内」のみ権力が及ぶので外のことには口出しできない。まったくめんどくさい学校だ。

「教官は干渉しない。全ては生徒の自己責任。なんで盗まれたかこれでわかるでしょ?」
「え、えっと・・・」
「ふっふっふ、煩悩のあんたにはわからないわね」

    いかにも迷推理をするかのように宇垣が話し始める。こういう時のコイツは正直、ウザい。

「つまり!“嫌がらせ”よ。私たちの訓練を気に入らない誰かがやったのよ」
「はあ・・・」

    意外とまともな答え・・・のように思えたがすぐにその考えをもみ消した。

「まて、もし嫌がらせならなんで予備の油なんだ?普段から使うものなら保管庫にいくらでもあるのに。油なんて今日みたいにオイル漏れしない限り使わないし」
「え、そっ、それは、あ、相手が他のものと間違えて持って行ったとか・・・」
「油缶は大きいんだろ?何と間違えるんだよ」
「うぅ・・・」

    どうやらギブアップのようだ。宇垣は悔しさ満点の顔で睨みつけてくる。別に俺は正論を言っただけなのに・・・。

「あ、そ、そうだ。俺松原に用があるんだった」
「あ!ちょと待ちなさいよ!」

    このまま宇垣といてもどうしようもない。それに松原に用があるというのは本当だ。





    俺と宇垣のペアが使っている三号生一の部屋と同じ階。ずっと廊下を奥に行ったところに松原のいる三号生十二の部屋がある。

「よし、部屋にいる」

    扉の前の名札掛けには松原のものとペアの人のものが掛けられている。ペアの方が裏返しになっているってことは部屋にいないということだ。

「おーい松原。入っていいか?」

    返事はない、まだ部屋に戻っていないのか?だが彼女の名札はちゃんと表になっている。ひょっとしたらいつものように寝ているのかも。

「入るぞー」

    そう思い扉を開けた。

「松原、また居眠りして・・・って、ええ!?」
「裕二、どうしたの?」

    平然と答える松原だが、俺が驚いたのは彼女が下着姿だったからだ。

「ご、ごめん!直ぐに出るから!」
「なんで?」
「いや、俺は一応男だぞ!」

    慌てて部屋の外に出てバタン!と扉を閉める。まさか着替え中だとは。返事もなしに勝手に入った俺も悪いが、せめて何か言ってくれないとこっちも心配になる。以前宇垣のことがあったからだ。

「お、おい、入ってもいいか?」
「別にいいよ」
「じゃ、じゃあお邪魔して・・・お、おい!」

    もう着替え終わったのかと思ったらなんと松原は下着のままだったのだ。

「なんで着替えてないんだよ!」
「だって、私いつもこれで寝てるし・・・」
「せめて上だけでも着てくれよ!」

    しかし着てくれるようなそぶりは全くない。ただ少し相談があるだけなのに、目のやり場に困る。

「そのベッド、私のだから座っていいよ」
「いやいいよ、は、話が終わったら
すぐ出てくから」
「いいから」

    勧められるがままに結局座ってしまった。

「話って何?」
「あ、えっと、今智恵にしゃ、射撃試験の勉強見てもらってるのは、知って、るよな」
「うん」
「それでな、その、実技の方を、お前に・・・なんだ、教えて欲しいんだ、けど」
「いいよ」

    あっけなく了承してくれたがこちらは話すだけで一苦労だ。

「そ、それだけだ、じゃあな」
「待って」

    急いで出て行こうとすると松原は俺の手を掴んだ。

「裕二、なんか顔色悪いよ」
「え、いや、そんなことない!」

    緊張のあまり顔色が悪くなっているのだろうがそんなことつゆ知らずの彼女は強引に俺を座らせた。

「こっち見て」
「ちょ、ちょっと!」

    松原が俺の顔を自分の方に向けおでこに手を当てる。いやでも俺の視界に彼女の白く若々しい体が入ってきてしまう。

「少し熱いよ」
「だ、大丈夫だ!寝れば治るから!」
「ダメだって」

    無理に立とうとした俺を松原が引き止めようとまた手を掴んだ。しかも今度は力一杯引っ張って来た。
    俺はバランスを崩し彼女共々床へ転げ落ちた。

「あいたたた・・・」

    松原のベットが下だったのは不幸中の幸い。もし上だったらこの程度では済まないだろう。

「裕二、大丈夫?」
「ああ、なんとか・・・え」

    下から声がしたと思わずつぶってしまった目を開けると、そこには床に寝た状態の松原。それに俺が覆い被さるような格好になってしまっていたのだ。

「あ、・・・うわわわ!!」
「裕二・・・」

    何か言おうとした松原をよそに、俺は飛び起きると一目散に部屋から飛び出した。



「あんた何してたの?そんなバテバテになって」
「な、なんでもない!なんでもないから!」

    自分の部屋に戻ると宇垣は机に向かって何やら作業をしていたが、俺にとってそんなことは今はどうでもいい。

「ならあんたも一緒に考えてよ」
「な、何を」
「決まってるじゃない、盗っ人の正体よ、私たちに相当恨みがある奴ってことはわかるけど」

    どうやら自分なりに考えているらしい・・・と思ったが何を書いているかとみれば落書きだらけだ。

「本当に考えてるのか?」
「う、うるさいわね!心配しなくてもちゃんと考えてるんだから」

    これが宇垣流なのだろう。俺はそう思うことにした。

「で、あんたはどう思う?」
「さあな、お前がやったんだろ」
「なんでそうなるのよ!」

    これは決してふざけているわけではなく、そう解釈するしかないからだ。

「だって開けるための鍵はお前と寮監だけなんだろ?ならお前しかいない」
「伊達さんはどうなるのよ?」
「あの人はやらない!」
「根拠は?」
「ない!だがあの人はやらない!」

    そもそも寮監は予備油がどこに置いてあるかどころか、存在すら知らない知らなかったようだ。

「ならなんで私が自分のクラスを妨害するのよ」
「もうウンザリしたとか?」
「もっと真剣に考えなさいよ!」
「ゴメンゴメン」

    俺は別にこんな事言うつもりはなかった。松原との事がどうしても頭から離れず必死に落ち着こうとした結果なのだ。

「でも南京錠が壊されてなかったからピッキングか合鍵か・・・」
「どっちにしても、相手が本気なのは違いないわね」

   犯人がわからない以上、とにかくまた何か盗まれないよう対策が必要だ。




    同じ頃、兵学校庁舎。
    学校の正面門を入るとまず目に入ってくるのが庁舎だ。ここは学校の最重要の施設であり、外観も他とは少し違う。そしてこの庁舎の二階中央にある部屋が、校長室だ。

「こちらがその作戦書です」
「拝見しよう」

    授業の時とは違い、いかにも礼儀よく書類を渡す渡辺教官は、目の前の人物に対して目で訴えた。
    これを見れば、あの小畑という男子生徒がどれほど愚かな存在であるかがわかる、と。

「なるほど、空母主体の航空決戦、か」
「はい、小畑少尉はスパイ容疑も晴れていない上、まだロクに知識もないのにかかわらず、優秀な他の生徒を差し置いて自らの作戦を押し通しました。しかもその内容ときたら、海軍伝統の艦隊決戦を否定し、なんら戦力として機能しない飛行機を使うなどというものです」

    どうやら渡辺は徹底的に小畑を追求したいらしい。
    しかし、兵学校校長紀田中将は、そんな話興味ないというような顔でずっと作戦書を見ていた。もちろん例の作戦書だ。

「君の意見はわかった。たしかに、伝統である艦隊決戦はない。私もこんなものは初めて見た」
「私はやはり彼をスパイと見ています。生徒たちの思想を狂わせ、内側から操ろうとしているのです!」

    渡辺は最初、校長も同意見なのだと思っていた。
    しかし、次の一言でそれは完全に崩れ去った。

「実に面白い」
「・・・え?」
「これを作った小畑少尉は、確か例の編入した生徒だな」
「は、はい・・・」
「さすがだと言わざるおえん。私も飛行機には注目していたが、海と空を両立させたこの作戦は斬新で見事なものだ。まあ、不備はかなりあるが直せば本当に使えるものかもしれんな」
「はあ・・・」

    がっくりと肩を落とし、きた時よりずいぶんと年寄りになった様子で渡辺は部屋を出た。一人となった紀田は真っ暗な闇に飲まれた外を見ながら考える。
    「もしかしたら、小畑という男は我々の計り知れない何かを持っているのか?たしかにスパイという可能性はゼロではない。しかし、もしスパイなら少なくとももっと真っ当な作戦を立てるはず。ならば彼は・・・」
    彼女は窓から空を見上げた。今日は雲ひとつない、清々しい夜空だ。
    「彼は一体、何者なんだ・・・」
    付きの輝く空を、流れ星が流れた気がした。

「自衛官志望だったミリオタ高校生が、異世界の兵学校で主席を目指してみた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く