話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

桐島記憶堂

ぽた

30.衝撃の告白…?

「桐島さんは――」

 ふと、気になったことを尋ねてみたくなった。
 幸い、他の三人は少し離れた隣の席にいる。
 注文したうに丼を頬張りながら、僕は桐島さんに声をかけた。

「はい?」

 顔を上げて、可愛らしく首を傾げるのも、相変わらず。

「桐島さんは、どうして小説を書きたいと思ったのですか? あらゆる才能があったとご両親からお聞きしたのですけれど、それらにの道には行かなかったのですね」

「あぁ、そのことですか。どう話したものか、悩みますね」

 自分のことだというのに、珍しくも言葉を詰まらせる桐島さん。
 口ぶり的には“言葉にしにくい”といった様子だ。

 すると、そのまま何かを飲み込む、あるいは仕切り直しといった風に、もう一口だけうに丼を口に含んだ。
 目を閉じ、うーん、と唸りながらゆっくりと咀嚼し、やがて喉へと送る。

「整いました」

「謎かけですか?」

「ち、違います…! どう話したものかと整理がついたという意味です…!」

「な、なるほど。それで?」

「はい。私、きっと“普通が嫌い”なんだと思います」

 整った、と言っておきながら「きっと」という言い分は如何なものだろう。
 それはきっと、整っていないということなのでは?

 などと食いつくことは、今は不要なものだ。
 それより、普通が嫌いという言葉に、大変興味がそそられる。

「物でもお話でも、私は“創作”というものが好きだったんです。元々あるものを演じる、真似をする、といったことは、楽しくはありますけれど、どうも好みには合わなくて――舞台から、人から、物語から、全て自分の手で作り上げることの出来る“小説”という媒体が、私には一番合っていたのです」

「全てを自分で――」

「えぇ。好まない理由の例えとして、音楽を挙げましょう」

 と言って、桐島さんは右手の人差し指を立てた。

「作曲家でない私のような人間は、元ある有名な曲を弾く他ありません。ではどうなるか。他にそれを弾いている人と、比べられることになります」

「それは、プロとかお金を貰うような――」

「ええ、その通り。比較する必要がない人は、比較対象に上がりません」

 いや、言う通りだ。

 仕事の話をしている以上、それはお金を貰う対象である場合に限る。
 つまり、必ず誰かと比較をされることはあるのだ。

 しかし――それは、どんな仕事をやっていようと、そうなのではないだろうか。
 言ってしまえば作家だって、他人と比較をされなくとも、自身の作品同士で比較をされることは大いにある話だ。
 あの作品よりも完成度が低い、質が落ちた、前の方が良かった、なんて、よく聞く。

 そんなことを考える、僕の頭の中を覗いたかのように、

「自身の物同士が天秤にかけられるのは、別に構わないのです。それは、自分でもよく分かっていることなのですから。自分で認めることも、卑下することも、それは自分だけで作り上げた物だから、いくらでもして構わないのです」

「それは――ちょっと、傲慢じゃないですかね。元あるもので人と比べて、人より上に立って、そうして認められるものだってある。貴女はそれを別に、否定はしていないんでしょうけれど……」

 そう言っている僕の方が、傲慢だ。
 何故かは分からないけれど桐島さんの言い分を流し、自身の意見を押し付けているのだから。
 下手をすれば、この人よりも質が悪い。

「まぁそれもそうですね。以前にも言った通り、見えてしまったからって、それから逃げたわけですから。中身――底の方は、全然成長していないんですよ。子どものままなんです」

 質問が悪かっただろうか。
 何か、琴線に触れてしまっただろうか。

 桐島さんはずっと、何だか晴れない表情だ。

「すいません、変なことを聞いて……忘れてください」

 少し反省だ。
 答えてくれたのだって、嫌々だったかも分からないのだから。

 しかし桐島さんは、すぐにいつものように笑った。
 いつものように、明るい笑みを浮かべた。
 何かを押し殺すでもなく、何かを我慢する訳でもなく。

 気のせい――の筈はないと思うのだけれど。

「気にしないでください。それより――」

 と、話題の方向を変えると、

「葵さんとは、どこまで?」

 ん?

「キスはもうなさったのですか?」

 んん?

 この流れはマズい。
 非常に危険だ。

「ま、前も言った通り、抱き着かれただけで――それ以降は、別に何も…」

 嘘は言っていない筈なのに。
 桐島さんは、そんなことはないでしょうと食いついて来た。

「キスは本当にありませんって…! それに、それ以外のことだって何も…」

「――本当に?」

「疑い深くて且つ残念そうな目はやめて頂きたい。第一、色で分かるでしょう、色で」

「今は透明ですけれど――いえ、やっぱり何か欲しいです…!」

「僕の恋路はご飯のお供ですか…!」

 ダメだ、つい乗り突っ込みが。
 この人がまさか、ここまで人の何かに興味を示すとは――要注意だ。

 と、考えていると。
 僕は少し、またも意地悪な返しを思いついてしまった。
 ここまで聞かれたんだ。おまけに、答えた。
 僕だって、弄る資格は大いにある。

「そういう桐島さんはどうなんですか、恋とか。お付き合いした男性はいるんですか?」

 そう聞くと。
 特に驚く様子も見せずに、はいと答えた。

 なるほど。

 ――はい?

「お、お付き合いの経験が…!?」

「ええ、学生時代にお一人だけ」

「そ……そうなんですか」

 それはつまらない。
 つまらなくて、面白い。

 こう言っては失礼だけれど、少しマニアックな気がするな、相手の人。
 容姿はとても綺麗だ。美しいし、どんな服でも似合う。街を歩けば皆が振り返るのが良い証拠だ。
 中身も、僕を弄っていない時はとても優しい。物腰柔らかで、誰とも分け隔てなく接している。

 しかし。しかしだ。
 真っ白かと思えば若干腹黒かったり、淫猥だ何だと僕には言っておきながら、自身ははしたない姿で部屋を歩いたり――

「失礼なことを考えていますね?」

「イ、イエ、ナニモ…」

「片言です。変人だとか淫猥だとか、そんなことを思っていたのでしょうけれど」

「変人だとは――あっ」

「ふふ。油断は禁物、ですよ。私に勝ちたいのなら、冷静でないと」

「それは鎌をかけたって言うんですよ、失礼な。しかし、“淫猥”なんて言葉、ご自身では定否なさらないんですね」

 今更だけれど。

「うーん……そうですね、否定はしません。経験はありませんけれど、人並みには興味もありますよ、人間ですもの」

「そ、そうですか……」

 何だか、凄くいけないことを聞いた気がするのだけれど――それも二つも。
 気のせいということにしておいた方が良さそうだ。

 触らぬ神に何とやら。
 刺激しようものなら、益々の弄りで答えてきそうだ。



 やがてお腹も満たされると、移動を開始しようと、誰ともなく立ち上がった。
 荷物を纏め、名残惜しいうにの香りに振り返りながらも、先を行く。

 味、ほとんど分からなかったなぁ。

「桐島記憶堂」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く