話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

桐島記憶堂

ぽた

0.第3章 新規紹介

◎長い夏季休暇が終わると、また忙しい日々が戻って来た。
 課題にアルバイトと、自宅に学校、記憶堂を行ったり来たり。
 そんなある日、またも原稿が煮詰まっていた藍子に連れ出され、ふらりとやって来たのはお洒落なカフェレ ストラン。触れたことのない空気に緊張する真は、しかしちょっと引っかかった藍子の行動に、ならば一矢 いてやろうと自分からゲームを持ち掛け――意外な結末に納得がいかない真。しかしそれすらも藍子の配慮だ と分かると、不思議と悪い気はしなかった。
 そして帰り、何でもない会話をしながら歩く二人の前に、藍子を”藍”と呼ぶ男性が現れ――思いもしなかった 第2のアルバイトも始まって――!?

◎桐島修二
 藍子の兄。
 短めの髪、銀色の腕時計、同色の眼鏡が特徴。
 藍子とはまた違う、無表情での堅苦しい敬語を使う。
 折り目のしっかりとついたスーツを着こなすいかにもな堅物で、ある日の夜、真と藍子の前に現れる。

◎桐島大輔
 藍子の父。
 一見するとお堅い印象を受けるが、根は優しく誠実。
 あることがきっかけで藍子とは疎遠になるが――?
 ”音が色で見える”という共感覚を持っていると同時に、文字が読めない難読症でもあるが、藍子はこのことを知らない。

◎桐島小夜子
 藍子の母。
 共感覚は持っていないが、並外れた美しい音色を奏でる元ピアニストの音大教師。
 大輔とは違って、ふわふわと笑顔溢れる優しい印象。
 清楚な見た目通りに丁寧な口調で話す一方で、大輔には強くでることも。

「桐島記憶堂」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く