話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

桐島記憶堂

ぽた

0.第1章 登場人物

神前こうさきまこと
 本作の主人公。
 大学入学を機に田舎から都会へ出て来た十八歳。
 現在方言は話さないようにしているが、ふとした拍子に零れることがある。
 偶然訪れた”記憶堂”で桐島藍子と出会い、彼女の元でアルバイトをすることに。

桐島きりしま藍子あいこ
 本業は人気の売れっ子作家であり”桐島記憶堂”の現店主。
 長身黒髪、眼鏡が特徴の、物腰柔らかい大人な女性。
 基本は無邪気で裏表のない性格。  
 一種のサヴァン症候群のような状態にあり、一度見たものは忘れない記憶力とともに、共感覚により人の感情が色となって視えてしまう。
 初めて視た”透明色”の真を気に入り、アルバイトとして雇う。

高宮たかみやあおい
 真がアルバイトを始めてから現れる、最初の依頼人。
 場所の分からない祖父との思い出の地に行きたいと、記憶堂を訪れる。
 口数少なく、クールな性格でボーイッシュな服装を好むが、中身はとても思いやりのある十八歳の高校三年生。
 記憶堂での打ち合わせ前に、近所の公園で真と出会う。
 さらりと流れるおさげが特徴。

高宮たかみやはるか
 依頼人葵の兄。
 真と同じ大学に通う、天文部所属の二回生。
 両親亡き今、親戚の仕送りに頼るだけで無く、葵の為にと塾講師のアルバイトをしている。
 眼鏡をかけているが茶髪。口調も今風の若者だが、根は妹の葵と同じく真面目で優しい。

きし乙葉おとは琴葉ことは
 真と同じ大学に通う、双子の三回生。天文部所属。
 片や黒髪ショート眼鏡にパッツン、片やウェーブがかった茶髪にメイクと風貌は正反対だが、恐ろしい程仲の良い姉妹。
 基本は自由奔放で遥をよく揶揄う。
 遥経由で葵のことを知り、依頼の手伝いをすることになる。
 初対面から葵の色んな所を触っては喜んでいたことで、葵からは少し警戒されている。



さかい
 真のアパート近くにある喫茶店”星屋”のマスター。
 白い髪に同色の髭、低い声という印象とは随分かけ離れた、フレンドリーなおじさま。
 藍子とは昔からの知り合いで”藍子ちゃん”と呼ぶ仲。 

きし誠二せいじ沙織さおり
 乙羽、琴葉の父母。
 物腰柔らかく、今となってもとても仲の良い夫婦。
 双子姉妹同様、葵の依頼の手伝いを買って出る。
 

「桐島記憶堂」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く