話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魂喰のカイト

こう・くろーど

32話 決死の覚悟で


「さて、出発しようか」

 出撃開始から四日目の朝。
 今日もリディルの声で俺たちは移動を開始する。

「今日もよろしくねっ、狼くん!」
「アリシアは本当に動物が好きだな」

 アリシアはいつも移動前、こうやって騎乗する狼の魔物に向かって語りかけている。
 移動中も、小動物が近くにいたときなんかは顔が緩んでいた。

「えへへ、だって可愛いんだもん! それ、もふもふ~」
「わふっ!」

 狼に抱きつき、その毛並みに顔を埋めている。
 狼の方もたまらず鳴いているところから、満更でもないようだ。

 ちなみに、この魔物はちゃんと身体を洗い、手入れしているため汚くない。
 決してアリシアは、汚れやホコリだらけの狼とハグしているわけではないのだ。

「アリシア、イルム。話してないで早く騎乗しろ」
「あっ、ごめんなさい! ついつい……えへへ」

 アルダスがもたもたしていた俺たちに催促をする。
 その声かけに、アリシアは苦笑いで返し、慌てて狼の上に跨った。
 俺もそのまま騎乗する。

「……今日は天気が悪いな」

 フィオンがつぶやく。
 確かに空の色が悪い。
 初めてこの世界に来て見た空。
 邪神の住処から見た空にそっくりだ。

 なにかの予兆だろうか?
 悪いことが起きなければ良いが……。

「それじゃあ、思念伝達を発動しますね!」

 いつも通りアリシアが思念伝達のスキルを発動する。
 このスキルは本当に便利だ。
 言葉を交さなくていい以上、タイムラグなしに意思が伝わる。
 周りの騒音にも左右されない。

 ただ、欠点はある。
 距離が離れていては使うことができないのだ。
 その距離とは約50m。
 使用者、つまりアリシアと50m以上離れると効果は失われる。

 だから、遠方への連絡などはできない。
 遠くへの連絡はすべて直接ということになる。

 今回魔城からの魔物の出撃を知ったのも直接だ。
 もともと魔城は警戒されていた場所らしく、張り巡らせていた偵察隊がうまく情報を抜き出してきたらしい。
 そして、その情報を得た王国が、魔物達が最前線の砦に到着する丁度に準備が整うように、援軍である冒険者と兵士を送ったということだ。

 本来、俺達精鋭は、本隊とは別に三日間の猶予なしに出撃したほうが良かった。
 しかし、フィオンやアルダス、アリシアは王都に在住しておらず、王都に集まるのに三日かかるということで仕方なく三日後にしたわけだ。
 まあ、それで俺もスキルのレベルを上げることができたわけだし、結果として助かったわけだが。

《よし、思念伝達も繋がったね。じゃあ、行こうか》

 リディルの声掛けに皆が狼を走らせる。
 ちなみに、フィオンは声こそ出さないが、皆が走り出す頃にはしっかりと隠密スキルを発動し、俺らが見つからないように努めてくれている。
 縁の下の力持ちってやつだ。


 狼での移動は慣れてしまっていて、ここら一体は草原で風景もあまり変わらないため、正直暇だ。
 しかし、魔城に攻め込む最中。
 気の緩みを作ってはいけない、と皆が感じているのか、移動中は特に静かである。 

 悪天候の下、聞こえるのは狼の軽やかな足音。
 静寂は保たれていた。

 だが、その静寂はすぐに破られることになる。

《……前方に魔物の群れを確認》

 フィオンがいち早く魔物を察知して思念伝達で伝えてくる。

 魔物の群れに遭遇すること自体はこれまでにも多々あった。
 そのたびにフィオンの適確な敵情把握で遭遇をしのぎ、ここまで移動してきたのだ。
 今回も大丈夫だろう。

 そう、甘く考えていた。

《左に逸れてやり過ごそう》

 リディルが行動を決め、その決定に迷うことなく従い、左に逸れる。
 今までもこうしてきた。
 しかし、ここで異変が起こる。


《……! 魔物が、こちらに向き直した……!》


 未だ魔物は視界に入っていない。
 つまり、フィオン以外にはその事実はわからない。
 しかし、フィオンはこんなところで冗談を言うやつでもなければ、これまで敵の動きを外したことはない。

 相手にも知性を持ったものがいる。
 魔物を統べるものがいる。
 計略は人間だけの特権ではない。

 要するに――


《ボクたちの存在がバレている……!》


 魔物を統べるものは俺たちの襲撃を予期し、この位置に魔物を送り出した。
 そして、現に魔物達は俺らを捉えている。

 その知略に背筋が凍る。
 これから襲ってくるであろう魔物達に心拍数が上がる。

《おい、フィオン! 振り払うことはできないのか! 規模はどうなんだ!?》

 アルダスが荒々しく問う。
 その問いに、フィオンは答える。

《既にこちらの魔力が捉えられている。ここまで近距離だと振り払うことはできない。規模は約500、全てがBランク以上……!》
「……ッ! くそったれが!」

 アルダスが思念伝達ではなく、口に出してこの状況に嘆く。

 フィオンは絶対に無能ではない。
 現に魔物が見えないこの状況でいち早く存在を察知した。

 しかし、フィオンの隠密スキルは破られた。
 魔物が警戒しているだけならともかく、既に発見されている。
 そして、この距離。
 今更隠密スキルを無茶な出力で使ったところで、魔物との激突は避けられない。

 この状況は、まずい。
 500。
 軍だ。
 たった6人に差し出していいものじゃない。

 俺たちの構成は対多数を想定しているものではない。
 アリシア、フィオンは後衛、俺、リディル、アルダス、ロプトが前衛で戦う形となるが、多数を相手にすればそんな構成は意味がない。
 たった4人の壁なんてすぐに突破される。
 後衛は前衛の守りを失い、すぐに喰い荒らされる。

 体力を消耗するなんてものじゃない。
 隊列が崩れ、乱れたチームワークによって下手したら後衛、いや、前衛にまでも死傷者がでる。

 確かにこれだけ実力あるものたちが集まったこのメンバーなら、500の魔物と言ってもなんとか片付けることができるかもしれない。
 でも、魔城で待つ相手に向けて余力なんて残せない。
 誰かが死ぬかもしれない。

《……すまない。俺の力の無さ故だ》
《フィオン、気にするな。俺達はこんな危機、何度も乗り越えてきただろう?》
《そうだよ、大丈夫! なんとかなるって!》

 フィオンとアルダス、アリシアが言葉を掛け合う。

 その中、俺はリディルだけに指向性を持たせた思念伝達で話しかける。

《リディル。このまま襲撃をかけていることがバレた状態でも、魔城を攻略できるか?》
《ここを乗り越えさえすれば、あるいは……ってところかな。確証はもてない》
《そうか……》

 そこまで会話が終わったところで、魔物の軍勢が見えた。
 鷲型の魔物、ガーゴイルの肌が変色した魔物、様々だ。

 やるしかない。
 覚悟を決めろ。
 自分から志願したんだ。
 少しは役に立つってとこを見せてやれ。

「リディル、大きく左に曲がれ」

「えっ? でも魔物からは逃れ――」

「――いいから! 早くしろ!!」

「――ッ!? わかった!」

 既に魔物の軍勢との距離は縮まっている。
 時間がない。

《みんな! 更に左に曲がるんだ!》
《――! 分かった、左だな!》

 リディルの言葉にアルダスがいち早く反応する。
 このやりとりだけで二人が深い信頼関係にあるのが分かる。
 なんたって、疑いもせずにオッケーだもんな。

 リディルの一声で、皆が左に大きく曲がる。
 あくまで魔城に進路を向けた状態で。


 リディルたちはもともと俺がいない状態で魔城を攻撃する予定だったんだ。
 つまり、戦力的には俺なしでも魔城は落とせる。

 大丈夫、俺は強くなった。
 前にいる魔物だって、強さはそこそこだが500しかいない。

 大丈夫、死にはしない。
 なんたって半分神だぞ?

 大丈夫、俺なら全部まとめて――




「――殺せる……ッ!」


「えっ!? イルム! 何をやってるんだ!!」




 俺だけは曲がらなかった。
 メンバーのみんなからの声を無視し、まっすぐに魔物へと進む。

 そろそろ、範囲か。

 頃合いを見てずっと乗ったままだった狼の魔物から飛び降りる。
 既に思念伝達は届かない。
 狼の頭をさっと撫で、リディルたちのもとへ加わるよう、走らせる。

 後ろを首を回すと、左に曲がって進み続けるリディル達。

 リディルが剣を抜き、こちらに飛び出そうとしているのを、アルダスが険しい顔で羽交い締めにして、抑えている。
 アリシアは両手を胸の前に、祈るような体勢をとり、フィオンは悔しそうな顔を浮かべている。 
 ロプトの表情は包帯で見えないが、恐らく無表情だろう。
 空を飛ぶカラスでも眺めるかのような、無関心な目。

 視力が良いせいか、はっきりと見える。

 ああ、そういえばリディルは仲間を失ったことがトラウマになってるんだったか。
 悪いことをしたな。
 相当な苦痛のはずだ。

 でも。
 安心しろ。
 俺は死なない。
 きっと勝つ。

 風になびく、出撃前にリディルから貰ったマントを脱ぎ払い、暗黒剣を抜く。
 そして後ろに振り向き、その剣を高く、精一杯高く掲げる。

 俺なりの意思表示だ。
 俺は、死なない。

 意思が伝わったのか、リディルが泣きそうな顔になりながらも、抜いていた剣を掲げた。

 それを確認し、魔物に向き直す。

「ははは……それにしても無謀だよな」

 思わず言葉が漏れる。
 しかし、その独り言は誰にも届かない。
 既に仲間は魔城へと向かっていった。

「でも、死ぬつもりはさらっさらねぇ!!」

 まだ、武器屋を開店して全く経ってないし、金も稼ぎきってない。
 贅沢もまだまだし足りない!

 こんなところで死んでられっかよ。

 抗え!
 精一杯、戦え!
 恐れるな!

 俺は自分にできることをすればいい。
 きっと、なるようになる。
 逆境を打ち砕け!

 必ず生きて、加勢に向かうんだ! 

「暗黒結界!」

 未だ実戦で使ったことのなかったスキル。
 それをできるだけ広範囲に展開し、500の魔物を1匹たりとも逃さぬように閉じ込める。
 すべての魔物が収まるように位置も調整した。
 大丈夫だ。

 おそらく、500の魔物が一斉に攻撃したらこの結界は数分も持たずに破壊されるだろう。
 だからこそ、俺がここで戦って時間を稼ぐ。

「――黒霧!!」

 対多数戦。
 準備期間中、ダンジョンで経験したものだ。
 黒霧における視界の剥奪は想像以上の効果を生む。

「――俺って実際、対多数に特化したようなスキルばっかり持ってるよな」

 最後に黒翼を展開する。

 これで準備は整った。

 後は勝つだけだ。

 親友を悲しませるわけにはいかねぇからな。




◇ ◇ ◇




「そろそろか」

 薄暗い光で包まれた部屋の中央、玉座に一人佇むバースは、今頃焦っているであろう勇者を想像し、思わず笑みをこぼす。

 バースは少数精鋭がこちらに攻めてくることを読んでいた。
 いや、少数精鋭がこちらに攻めてくるように仕組んでいた。

 人間は魔物を統べるものを倒すことで軍勢が弱体化することを知っている。
 故に、わざと人間が対処できない圧倒的戦力を送ることで、魔城を落とさざるをえない状況を作ったのだ。

 仕組んだ上で位置を特定することは容易い。
 範囲を極限まで狭め、精度を上げた気配察知を魔城と王都の一直線上に配置さえすれば、隠密を破ることなど容易いことなのだ。
 遠距離であるため、道を逸れ、隠密の精度を更に上げた勇者たちの行方は既に把握できていないが、足止めに残っている一人の気配は未だ鮮明に映し出されている。

 こちらにわざと攻めるようにした理由は、単純に簡単に勝利を得るためである。

 王都への戦力を王国軍と均衡にまで落とし、自身の周りに魔物を侍らせて保身に走れば、勇者の快進撃で負けるかもしれない。

 均衡より少なくするのは論外。
 王国軍に敗北、魔物を無駄死にさせ、勝機を失ってしまう。

 もちろんバース自ら戦場に赴くという事もできる。
 しかし、戦火に紛れて討たれる可能性も出てくるため、良策とはいえない。

 そこで残るのが王都に最大戦力を送るということ。
 こうすることで、王都は魔物の対応に追われ、魔城に来るのは必然的に少数精鋭。
 その精鋭をねじ伏せる事ができれば勝利は確実なのだ。

 更に、理由とはそれだけではない。

「フフフ……勇者との戦いが待ち遠しい……」

 魔王は再戦を希う。
 勇者との戦い。
 心躍る血で血を洗う争いを。

 精鋭となれば来るのは確実に勇者一行。
 そうなると、バースは先の戦いで敗北した勇者と再戦できるのだ。


 この作戦自体は、バースが勇者に敗北すれば失敗に終わる。
 そして、作戦の失敗とは死を意味する。
 バースの従える全魔物、そしてバース自身の。

 しかし、バースが自身と配下の危険を顧みることはない。
 配下などそもそも眼中になく、自身は何度でも復活できるという傲慢が顧みることを阻害している。 

 勝てるならそれでいい。
 勝てなくても、自分が勇者と戦えるならいい。
 死んでも構わない。
 自分はまた復活できるのだから。

「私にとって”死”は”最期”ではない。勇者よ、今回の500もの魔物は貴様への活力剤だ。貴様は仲間を失ってこそ美しく輝く。先の戦いのようにな」

 バースは、凍てつくような覇気の篭った声で、そう言葉を発した。






「魂喰のカイト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く