話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魂喰のカイト

こう・くろーど

30話 出撃


 現在、精鋭隊は大きな狼の魔物の上に乗り、王都外へとつながる門に向かって街中をゆっくりと進んでいる。
 すぐ後ろには冒険者と兵士を混じえた本隊。
 そちらは徒歩だ。

 天候は晴れ。
 雨で進行が遅くなっても困るし、良いスタートを切れたと思う。
 
 が、しかし。
 ここで問題がある。
 これは非常に個人的な問題で、特に周りに迷惑をかけるものではないのだが、俺が気になる。
 とても気になる。

 その問題は何かと言おうとすると、まず説明しなければならないのが、精鋭隊のメンバーについてだ。
 メンバーというのは、リディルから話を聞いていたとおり、勇者パーティの一員と現在最強の冒険者だった。
 時間がなかったためまだ話をしたことはないのだが、きらびやかな装備に強者が持つ独特な風格。
 少し通りかかっただけでも目を奪われてしまいそうな人たちだ。
 つまり、すごく目立つ。

 次に、俺は精鋭隊の一員であり、騎乗用の魔物にまたがり歩かせているということ。
 精鋭隊であるということは、必然的に軍の先頭にいるということになる。
 そして、本隊とは違う、精鋭隊である証とも言える騎乗用の魔物。
 つまり、すごく目立つ。

 最後に、これは戦争に向かっている最中であるということ。
 現在は街の真ん中を通過しているのだ。
 さらに、向かう戦争はこの国の今後を決める大きな戦い。
 当然街の人も集まる。
 つまり、すごく目立つ。

 ここまで述べれば分かる通り、問題というのは非常に目立っていることだ。
 名の売れている精鋭の中に一人ぼっちで全く名声が無い俺。
 周りにはたくさんの人。
 いや、視線が痛い!
  
 周りの一般人から漏れる言葉も『誰こいつ?』 みたいなのばっかりだし、こんなの拷問だよ!
 俺の隣でこれまた魔物を歩かせるリディルは周りの人たちに手を振っていたのだが、俺を見るなり苦笑いだ。
 これはひどい。
 この世界に来て間違いなく一番ひどい。
 
 武器店開いてることやその他諸々の関係から、リディルが頭からスッポリ隠れるフード付きマントのようなものはくれた。
 それのお陰で確かに顔が隠れて身元がバレることもないのだが、視線はどうにもならない。
 この視線に耐えるしか無いということだ。

 早く門にたどり着けー!
 
 そんなことを思いながら魔物を歩かせていると、一つだけ、違和感を覚えるような視線を感じた。
 何かと思って視線の方に振り向くと、視線を向けていたのは同じ精鋭の一人だった。
 背丈は俺と同じくらいで、ボロボロのマント――恐らく良い魔物の毛皮で作られた高級品――を身に着けている男だ。
 顔と腕には包帯が巻かれており、顔は目と口以外が隠れて人相がわからないくらいで、腕は全体が覆い隠されるくらいだ。

 視線から感じたのは妙な寒気。
 俺が振り向いた後すぐに目を逸らされたため、よくは分からなかったが、良いものではなかった。
 相手が好意的であろうと敵対的であろうとこちらにとってはあまり良く感じない視線だ。
 
 それに、なんだろうか。
 この人物を見ていると何か心に靄がかかるというか、あまり関わりたくなく感じる。
 生理的に無理、というやつだろうか?
 
 どんな人間にも、会ったときからなんとなく相まみえることができなさそうな人間がいると聞く。
 そういうものだろう。
 目もすぐに逸らしたし、今回限りの付き合いだ。
 別に気にすることもないだろう。

 そう思い、そのまま門まで魔物を歩かせ、外に出た。
 

 外に出て、精鋭隊のみんなはゆっくりとした速さのまますぐに本隊から逸れた。
 逸れたのは、今騎乗している魔物を使って近道を使い、魔城までショートカットするかららしい。
 本隊と別行動だから逸れたということだな。

 作戦の内容を思いだしながら付いていっていると、すぐに精鋭隊の一員である青髪の女の子が声を出した。

「思念伝達を発動します!」

 その声に反応して、周りが頷く。
 それと同時に、何か得体のしれないものが身体を覆うような感覚を受けた。
 思念伝達というスキルの効果でこうなったのだろうか?

《聞こえるか?》

 太く、男らしい低い声が頭に直接響いてきた。
 おそらく勇者パーティの一員らしい巨漢の言葉だろう。
 
 耳から音をひろったような感覚はない。
 頭に響いた、という認識で会っていると思う。

《聞こえるよ。それじゃあ速度をあげようか》

 リディルの声が響き、すぐに皆の乗っている魔物の速度が上がる。
 それにおいていかれないように、俺も魔物を走らせる。

 おお、案外速度出るな。
 景色が流れていく。
 さすがに俺が走る速度よりは遅いが、それでも今まで見た魔物よりは断然早い。
 馬を使うよりよっぽど早いだろう。
 軽やかだから悪い地形も無視できる。

《さて、じゃあイルムの紹介でもしようか》

 リディルの声が響く。
 そういえばリディル以外の人について全く知らなかったな。
 向こう側も同じで俺のことを知らないだろうし、ここで自己紹介するのが妥当か。
 って、声を発するのってどうやるんだ?
 念じれば良いのかな?
 試してみるか。

《あー、あー。よし、聞こえてそうだな。えーと、武器屋やってるイルムっていいます。リディルと色々あって精鋭に入れてもらうことになりました。よろしくお願いします》

 念じたら、無事に思念伝達が発動したような感覚があったので、そのままできるだけ丁寧に挨拶をした。
 最初の一発が大事だって言うしな。
 これで悪印象は持たれないはず――だった。

《リディルから話は聞いてたが、武器屋なんか連れてきて大丈夫なのか? それなりに腕はたつんだろうが魔城に乗り込むのに足手まといはいらんぞ。それともなんだ、使い捨ての武器の整備役にでもするのか?》

 巨漢がそう言った。
 やはりいきなり入ってきた特に名声もない、特徴もないような俺は受け入れがたかったらしい。
 
 そりゃそうだ。
 誰もこんな重要な役に見ず知らずの人間なんか参加させたくない。
 変に弱い人間を入れて死なせてしまったら参加を許してしまった自身の気が病むし、何より実力も無いのに参加させられた人がかわいそうだ。
 多分、そういうことを思って言っている。
 チラと見えた巨漢の表情からは悪意が感じられなかったからな。
 なんとなくだが、この推測は間違っていないだろう。
 この言葉は今この場でも逃げるのには遅くない、という意思表示か。

 それなら――

《ははは、使い捨てになんかなりませんよ。今回来たのは武器の整備のためじゃなくて戦闘のためです。安心してください、実力はリディルが保証してますから!》 

 忠告はありがたいが、それでも俺だって覚悟を決めてんだ。
 ちょっとビビリな俺は敬語でできるだけフレンドリーに言い返してやった。
 現状はこれ以上返したところで意味は無いし、やっぱり実戦で実力を見せるのが一番だしな。
 ベストな回答だっただろう。

《アルダス、イルムは大丈夫だよ。決して足手まといにはならない》

 リディルが俺の援護をしてくれた。
 これは助かる。
 リディルは勇者だし、性格から見て人望もある。
 きっとここはアルダスというらしい巨漢も引き下がってくれるだろう。

《はぁ、リディルの言葉じゃ仕方ないな。イルムといったか、お前を仲間と認めよう。俺の名はアルダス=ミラード。斧を使っている。よろしくな》

 やはり、リディルはすごかった。
 予想していたとは言え、本当にあっさりと引き下がってくれた。
 助かるな。

 アルダス=ミラード。
 巨漢であり、筋骨隆々の漢といった感じの人だ。
 両手で持つタイプの斧を得物としている戦士で、動物に例えるなら獅子だな。
 勇敢で血の気の多いというのが見ているだけで伝わってくる。

《じゃあ私も自己紹介します!》

 そう言って、左隣を走っていた青髪の女の子がこちらに笑顔を向け、手を振りながら思念伝達で挨拶をしてきた。

《アリシア=メイリーって言います! よろしくね、イルム!》

 アリシア=メイリー。
 青髪を肩で揃えていて、明るくてかわいい女の子だ。
 先程、思念伝達を発動したのもこの子で、武器を短剣と杖にしているところから、あまり戦闘は得意ではない補助タイプであることが伺える。
 歳はリディルと同じくらいかな?
 美人ではなく美少女だ。

 こちらも手を振り返し、被ったフードの下から笑顔を作って返す。

 それで、勇者パーティ最後の一人だが――

《……フィオン=ラガルド。……足は引っ張るな。以上だ》

 なんかすごく辛辣だな!
 
 フィオン=ラガルド。
 細身で、アルダスほどではないが高めの背である。
 全身に動きやすい黒い布の装備。
 これがただの布で作られた装備でないことは想像に難くない。
 きっと魔物の特別な素材から作られたのだろう。
 全体の雰囲気から暗殺者って感じの人だ。
 
 さて、最後だが……。
 先程の生理的に無理な人だ。

《…………ロプト》

 なんだか機械みたいな声だな。
 風邪を引いてガラガラになった喉で出した声みたいな。
 少しだけ違和感を覚えた。
 でもまあ声なんて人それぞれだしどうしようもない。
 それに生理的に無理と感じたのも影響してるのかもしれないしな。

 ロプト。
 容姿は先程と変わらず顔と腕に包帯、ボロボロになったマントを身に着けていて、人相はわからない。
 背丈は俺と同じくらい。
 武器は腰の後ろに横向きに付けている長剣だ。
 刀身はこれまた包帯でぐるぐる巻きにされており、よく見えない。
 最強の冒険者らしいが、どのくらいの実力なんだろうか。
 気になるな。

《これで全員の自己紹介が終わったかな? それじゃあ敵襲に気をつけながら魔城まで進もうか》

 リディルがそう声かけ、俺たち6人は更に少しだけスピードを上げ、まっすぐと駆けていった。







「魂喰のカイト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く