話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魂喰のカイト

こう・くろーど

25話 決意


 ダンジョンの外に出て、再び大通りにやってきた。
 いい感じに日が傾いており、夕焼けがきれいだ。
 夕食を取るのにちょうどいい時間帯だと言えよう。

 さて、今日もステーキ食いに行くか。
 運動して疲れたし、一段と美味しく食べられるだろう。
 今から楽しみだ。

 そんなことを考えながら歩いていく。
 と、そこである噂話が聞こえてきた。

「なぁ、魔物の大群が王国に攻め入ってきてるって噂、本当なのか?」
「知らねぇ。でも、やばいんじゃないか? なんか軍の方も慌ただしいらしいし」
「はぁ。恐ろしいな。もし本当だったら王都は助かるのか……?」
「おいおい、こっちには勇者さまがいるんだぜ? 万が一もねぇよ」
「……そうだな。俺らはいつもどおり生活してればきっと問題はないか」

 おいおい。
 その話、本当かよ?
 魔物の大群って……。

 確かリディルも魔物が増加傾向にあるとか言ってたな。
 今日ダンジョンに行ったのもそれの対策が目的だったし……。
 なにかしら関係あるだろう。

 もし、だ。
 本当に王都に大群が迫ってたら、俺はどうしよう?
 市民と同じようにいつも通り生活を続けるか?

 ――とにかく、店でリディルと話してみよう。
 何かいい情報が聞けるかもしれない。

 足早に通い慣れた店へ向かう。

 言われてみれば、通行人が少し騒がしい。
 聞き耳を立ててみれば、話題は魔物についてのことばかりだ。
 この噂は既にかなりの人数に広まっているらしい。 

 俺がダンジョンに潜っていたのはほぼ半日だから、噂が広まったのはこの半日の間だ。
 半日でここまで広がる噂は中々ない。
 あるとしたらよっぽど信憑性のあるものだろう。

 自然と気分がソワソワしてくる。
 焦りにかられているのだ。
 それがなぜなのかはよくわからない。 

 心に焦りを感じたまま、店の前に辿り着き、扉を開ける。
 いつもなら心地よいドアベルの音を聞きながらゆったりと入るのだが、今はそんな余裕はない。
 入ってすぐに、リディルの姿を探す。

 ――いた。
 いつもの席に腰掛けている。
 だが、その姿はどこか気落ちしているように見える。

 すぐに隣の席に座り、話しかける。

「よう、リディル」
「ああ、イルム。こんばんは」

 そう言うリディルの面影は暗く、憂鬱さを隠せていなかった。

「何か知りたそうな顔だね」
「ああ、色々とな」

 リディルは俺の心を見透かしているかのように言う。
 おそらく、俺が何を聞きたいかはあらかた見当がついているのだろう。
 俺の返答を聞いたリディルは薄く笑みを浮かべ、いつもとは違い重くなっている口を開く。

「はは、そっか……。まあ、多分その知りたいことはボクにも関係していることだろうね。いいよ、イルムには話そう」

 そう言うと、リディルは誰も気づかないほど薄い結界のようなものを2人がすっぽりと入るように作り出す。
 おそらく周りに聞かれないようにするための対策だろう。
 防音になっているのは先程まで聞こえていた他の客の話し声が聞こえなくなったことから明白だ。

 この店の客は数は少ないがまばらにいる。
 重要な話だとしたら正しい判断だろう。

 リディルはちゃんと結界がはられているか、一瞥だけして確認し、改めて俺に向き直って話を始める。

「イルムが聞きたいのはこの半日で王都に流れ出した噂について……だよね? だとしたら、それは真実だよ。王都には今、魔物が進行してきている」
「おいおい……ただの噂であって欲しかったぞ……」
「ははは……。でもこれは事実だよ。ボクや冒険者、軍の兵士には既に命令が降りているからね」
「命令?」
「うん。魔物との戦い。王都に至るまでに殲滅しろってね。これから3日後に出陣だ」

 ああ……これは本格的に戦争紛いのことになりそうだ。
 軍まで動くんだ。
 魔物の大群とはそれほどの規模なのだろう。

「今回まずいのは敵の規模もそうなんだけど、もう1つあるんだ。それが、敵個々の実力。偵察隊によると最弱の魔物でもDランク以上の魔力を持っているらしいんだ」
「最弱でDランク以上だって……? そんなの勝てるのか……?」
「おそらく無理だろうね。良くて戦いは均衡、最悪この国が滅びてしまう可能性もある。損害も計り知れないだろうね」
「くそっ、そんなにやばい状況なのかよ……!」

 自然と身体が強張り、歯ぎしりをしてしまう。
 その様子を見たリディルは、苦笑いをして続けて話しだす。

「魔物の大群の頂点には必ず統帥する魔物がいる。この規模だとおそらく魔王だろうけど……そいつを潰せば希望が見えてくる」
「そうなのか?」
「統べている力ある魔物は配下全員に力を分け与えている可能性が高いからね。そいつさえ倒してしまえば配下は大幅に弱体化するんだ」
「なるほど、じゃあ絶対に勝てないわけじゃないんだな?」
「そうなるね」

 そうか。
 希望が無いわけじゃないのか。
 少し安心できた。

 リディルは俺が安心したのを見てか、少し微笑んだ。

「今回、少数精鋭を組んで敵の大将を速攻で倒すことになったんだ。その間の足止めが軍と冒険者ってわけだね。幸い、居場所はわかってるんだ。王都から歩いて1週間ほどの距離のところにある城……『魔城』と呼ばれるところに居ついてる」

 魔城、か。
 聞くからに物騒な名前だ。
 魔物を統べるものが潜むにふさわしいと言えばふさわしいな。

「――とボクの持ってる情報はここまで。ここからは愚痴になるんだけど……聞いてくれないかな?」
「ああ、いいぞ。困ったときはお互い様だ」

 どんとこい、というように余裕を持った笑みを作って言う。
 本当はさっきから得体の知れない焦燥に襲われている上に、いきなりの危機的状況に頭が混乱しているのだが……。
 親友と呼べるリディルの頼みだ。
 聞くことにした。

 俺の返事に安堵を覚えたリディルは溜め込んでいたものを吐き出すかのように話しだす。


「実は、さ。その少数精鋭に選ばれちゃったんだ」


 ――が、いきなりやばい話題だった。

 少数精鋭って!
 魔物のリーダーとも呼べる存在と戦うのか!?
 リディルが!?

 確かに良い剣を持ってたし、腕がたちそうなことは見てれば自然とわかったが……。
 なんだが信じられないな。
 身近な人がそんな重要な役割を担う人物だったなんて。

「正直、逃げ出したいよ。でも、こんな役割を得たから逃げるわけにはいかないんだよね……。本来の力も失ってしまったし、勝てるかは怪しい。下手したら死ぬかもしれないんだ。ただひたすらに、怖い」
「…………」

 そりゃあ、怖いだろう。
 相手の強さは具体的にはわからない上、命をかけた戦いになる。
 恐怖を感じないのはよほど自分に自信があるものか、死場を探しているものくらいだろう。

 それに、リディルは力を失ったと言った。
 おそらく、何かの事情があって本調子が出せないということだろう。
 だとしたら自尊心も削がれているはずだ。
 そんな状態での戦い。
 きっと辛い。

「ちょうど3年くらい前にね、これよりは規模は小さいけど戦争が起きたんだ。それも今回と同じ魔物と人間のね」

 これまで苦笑いを浮かべていたリディルから表情がなくなる。
 だが、どこか悲しそうで、悔しそうに見える。

「そこで……大事な、大事な仲間を1人死なせてしまったんだ。ボクが守れなかった。それから、戦うのが怖くなって……震えが止まらなくなる。また何かを失うんじゃないか、って。まあ、結局その後も嫌々ながら戦わされたんだけどね」

 リディルの瞳がどんどん虚ろに染まる。
 と、そこでリディルはハッとし、またいつもの苦笑いを浮かべた。

「ごめん、話しすぎたね。イルムには関係のないことだった。聞いてくれてありがとう。幾分か楽になったよ」

 ――ああ、そりゃあ、辛いよな。
 実際に経験したことのない俺には到底知り得ない大きさなのだろうが、ただ、辛かったってのはわかる。

 そうだ、リディルだけじゃない。
 今回起こる戦いで喜んで戦うものなんてほぼいないはずだ。
 統率者を潰せば希望はあるとは言え、あまりにも絶望的すぎる。








「リディル、俺も戦うよ」

「――えっ?」








 ――今なら分かる。
 先程から感じた焦りの正体はきっと、もし魔物が攻め入ってきていたら、命をかけた戦いをしなければならないという事実からきた恐怖に似た感情だったのだ。

 そもそも魔物と戦わずに王都内で普通の生活を送っている、という選択が俺の中には無かったみたいだな。

 きっと、ここで戦わなかったら、たとえ赤の他人でも戦死者を見たときに後悔する。
 あのとき俺が戦ってたらこの人は生き残ってたんじゃないか、こんなに人が死ぬことは無かったんじゃないか、ってな。
 それを無意識のうちに理解してたんだろう。

 よし、大群は迫ってきている。
 その事実を認めて、覚悟を決めようじゃないか。

「た、戦うってどういうこと?」
「もちろん、俺も戦線に立つ。というか、どちらかと言うとリディルの少数精鋭に混ぜてもらいたい」
「いや、申し訳ないんだけど、無理だよ。イルムは多少腕がたつとは思ってたけど……多少じゃダメだ。君を死なせたくない」

 ああ、まあそういう考えになるよな。
 だが、俺も引かないぞ?
 頑固だからな!

「じゃあ、俺の実力を試してくれよ。もしも無理そうだったら素直に大群の方に回るからさ」
「……本気で言ってるの?」
「ああ、もちろんだ!」
「……ふふ……はははは! いいよ、模擬戦でもしようか」

 リディルはそう笑った。

「――っとその前に、まずは腹ごしらえだ! ステーキを食ってこう。もちろんリディルもステーキだよな?」
「ああ、そうだね。今日はステーキを食べてみようか」

 その日の模擬戦前の夕食はリディルと同じメニューだった。

「魂喰のカイト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く