話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魂喰のカイト

こう・くろーど

プロローグ

 俺、時雨海人しぐれかいとは道に迷っていた。

 理由は簡単。
 同人誌即売会の帰りに財布を落として電車に乗れず、徒歩で家に戻ることになったのだ。

 社会人になって早2年。
 業務にもある程度余裕ができ、久しぶりの即売会だったんだが、このザマだ。

 思えば昔からそうだった。
 面倒ごとが起きてはなすりつけられ、鳥が糞を落とすのも全部俺だ。
 財布を落としたのはお前の管理が緩いせいだ、と言われると返す言葉もないが、これまでの人生の不運を鑑みるに少しは幸運があってもいいと思う。

 暗い夜道をどんよりとした歩調で進む。
 電灯は少ないし、他に目立った明かりもないため、なんだか不気味だ。
 家まであと何キロあるんだろうな……。

 スマホのマップを頼りにひたすら歩く。
 それにしても驚くほどに人が少ない。
 通ったことない道だから不安でそう感じるのか?

 丁度そんなことを考えていたとき、前から人が走ってきた。
 体格からして男か?
 暗くて顔はよく見えない。

「あの、どうかしたんですか――えっ?」

 至近距離となって男の格好の大体が見えてくる。
 少し違和感を覚え凝視してみると、なんとその男は手に包丁を持ち、覆面で顔を覆っていたのだ。

 普通ではない出来事におもわず思考が止まるが、身体は既に動き出していた。

「はっ、はぁっ、はぁっ、なんでっ……!!――――がっ!?」

 走って間もなく、運の悪いことに足元の石につまづいて転び、顔面から思いっきり倒れてしまった。

 血の味がする。
 口が切れ、鼻血も出してしまったみたいだ。

 覆面の上からでも分かるほどのしたり顔をしたその男は、こちらに駆け寄ってくる。
 そして俺に跨ったと思ったら次の瞬間――手に持っていた包丁で刺した。

「うぐっ! ああああぁぁぁ!」

 焼けるような痛みが走る。

 背中越しからは気味の悪い笑い声が聞こえてきた。

 コイツ……完全に狂ってるじゃないか。

 今も背中は燃えるように熱い。
 血を流しすぎているのだ。 

 ああ、せっかく買った同人誌が血で濡れていく……。
 くそっ、こんなやつに殺されるなんて……俺、不幸すぎだろ……。

 徐々に視界が薄れていく。

 くそっ……くそぉ……せめて……少しでも……しっぺ返しをしてやる……ッ!

「ひっ、ひぃ!?」

 気合で腕を持ち上げ、よろよろとした動きで背後にいる男の顔の近くまで動かすと、意表をついたようで短い悲鳴を上げさせることができた。
 一種の火事場の馬鹿力といったものだったのだろうか。
 普通の人間ならこんなに出血していて身動きがとれるわけがない。

 だが、その力はあくまでも一時的なもの。
 俺の腕はそれ以上を許してはくれなかった。

 ボトリ、と腕が滑り落ちる。
 同時にまぶたが落ちてきた。

 あっ、もう……ダメだ……。
 でも……一矢報いれた……よな……?

 ここで意識は完全に途切れた。















 ――と思われたが、気づいたら黒い空間の中を流されていた。
 意識があったのだ。

 なんだよ、ここ。
 現在進行形で天国に送られてるってことか? 

 はぁ、こんなの見ちゃったら確実に死んだって分かっちゃうじゃないか。
 まだ誰かが助けに来て、奇跡的に助かるかも、って希望があったのに。

 ああ、まだ生きたかったな。
 彼女も作りたかったし、友達と集まって騒ぎたかったし、まだやってないゲームあったし、同人誌読みたかったし……。

 そんな感じに一人で愚痴っていると、黒い空間の中で浮いているいくつかの光の塊に気づいた。
 俺自身が流されているので、その光は後ろに向かって真っすぐ動いている。

 なんだろう、これ。
 塊の内の一つに手に触れてみる。
 すると――

 《ユニークスキル【魂喰ソウルイーター】を獲得しました》

 光の塊が俺に吸収され、脳に声が響いてきた。

 ユニークスキル?なんだそりゃ。
 よくわかんないけど、光に触れたから手に入れたんだよな?
 せっかくだし貰える物は貰っておくか。

 そう思い手当たり次第に光に触れていく。

 《ユニークスキル【鑑定】を獲得しました》
 《スキル【剣術LV8】を獲得しました》 
 《スキル【火魔法LV9】を獲得しました》
 《ユニークスキル【叡智】を獲得しました》
     ・
     ・
     ・

 とりあえず塊を全部回収した。

 俺の体は未だ流されたままだ。
 変わった点と言えば――体が少しポカポカするかな?
 心地よい暖かさだ。

 
 お? あれは出口かな?


 流されるのが楽しく感じるようになってきたころ、光が見えた。
 さっきのような塊ではなく、
 窓から差し込む朝日のような――

 って、うわああああ!?

 光に吸い込まれる。
 今まではが正しかったが今度はだ。
 手足が地についてなく、自由でもない俺はまんまと光の中に入ってしまった。



 こうして俺の異世界での物語が始まるのだった。

「魂喰のカイト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く