話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魂喰のカイト

こう・くろーど

7話 魔力病治療


 俺とルティアは今、先ほど行ったばかりの薬屋に向かっている。

「そういえば、あの魂喰そうるいーたー? ってなんですか?」
「ああ、ユニークスキルだよ。これも原理は分かってないけど気づいたら持ってた」
「ゆ、ユニークスキル!?」

 ルティアが大声を出す。
 そのせいで、周りの人の視線が集まった。

 いや、正確に言えば大声のせいではないのかもしれない。
 こんな騒がしい中で1人の少女の大声で振り向く人なんてほぼいないだろう。

 だとしたら内容が問題か。
 ユニークスキルってそんなに不味いものなのか?

 とりあえず今も驚いた顔をしているルティアに注意をしておく。

「ルティア、少し声を抑えめに」
「あ! はい、すみません」

 手で自分の口を押える動作をするルティア。

 顔を少し赤くすると同時にやってしまったとばかりに周りを見て、既に視線はなくなっていることに気づく。
 ルティアの言葉を真に受けた者がいなかったという証拠だ。

 それを確認すると少し安心したような感じで、今度は声を潜めて話しかけてきた。

「イルムさん、ユニークスキルはAランク、Sランク冒険者の1握り、それと勇者や聖女くらいしか持ってないものですよ!」
「あれ? そうなの?」
「はい! そうですよ! イルムさんが凄い人だとは分かっていましたがまさかユニーク持ちなんて……!」

 感激したような目を俺に向けてくる。

 いや、そんなに感激されても困るんだけどなぁ。
 気づいたら持ってただけだし。

 そんなことを考えながら再び歩き出す。

 って、そうだ。
 そういえば魂喰ソウルイーターでダークゴブリンファイターを吸収したんだったな。
 1回自分を鑑定してみるか。


名 前:イルム
種 族:半神人デミゴッド
称 号:神喰ゴッドイーター
スキル:【魂喰ソウルイーター
    【絶対悪アンラマンユ
      ∟【威圧】
      ∟【黒翼】
      ∟【黒霧】
      ∟【暗黒魔法】
        ∟【固有魔法:暗黒剣】
        ∟【固有魔法:暗黒結界】
     【神聖魔法】
     【爆炎魔法】NEW
     【時空魔法】
     【鑑定】
     【叡智】
     【武器創造LV1】NEW
     【剣術LV8→9】
     【二刀流LV4】NEW 
     【火魔法LV9→10】UP
     【水魔法LV7】
     【雷魔法LV5→7】UP
     【土魔法LV7】
     【氷魔法LV9】
     【光魔法LV10】
     【闇魔法LV10】


 いつ見てもおかしいよな、俺のステータス。
 これってこの世界で相当強いんじゃないだろうか。

 まあいいや、それで今回追加されたのは――火魔法LV10でカンストして爆炎魔法。
 闇魔法、光魔法と同じように上位互換が手に入ったってことだな。
 雷魔法もLV7になってる。

 それと二刀流だな。
 ダークゴブリンファイターが二刀流だったからか。

 あとは――武器創造。
 なんだこれ?

《スキル:武器創造 使用者の魔力依存で様々な武器を作り出すスキル。LV1では使用した10%の魔力が適用される》

 へぇ、なるほど。
 つまりダークゴブリンファイターが2本持ってた剣は自分で作ったってことか。
 それで俺も作れるようになったと。

 でも暗黒剣がある俺にはあんまり必要ないな。
 作ったら作ったでかさばるし。

 ――と思ったが、ここで閃く。
 これ、めっちゃ金儲けできんじゃね?

 魔物からもらったスキル。
 おそらくこの武器創造スキルを持っている人間はいないだろう。

 つまりは周りが必死に1本の剣を打っている間に俺は魔力を籠めるだけの簡単作業をするだけでいい。
 そして半神人デミゴッドである俺の純度の高く、強力な魔力と常人を遥かに超える圧倒的魔力量による品質の良さと継続できる生産。
 量産&ハイクオリティ。

 あれ? 俺、武器作成の神じゃん。
 これ、武器屋開いたら確実にがっぽりだわ。
 地獄の新人生活を送る必要もない。

 よし、ルティアを治したら武器屋を開こう。
 ――とその前に本当に武器屋を開けるか武器創造の実験もしとかないとな。

「あの、イルムさん? 顔が凄いことになってますよ……?」

 おっと、すまんすまん。
 どうやら俺のクールな顔面が欲望で歪んでしまっていたらしい。

 だが、それだけこの計画は素晴らしいものなのだ。
 毎日魔力を使うだけでがっぽがぽの最高生活。
 王都に豪邸建てて毎日楽に暮らし、ゆくゆくは超絶美女と結婚――。

 はっはっは!
 自然と笑みがこぼれるな!

 と、そんな夢物語を妄想している内に薬屋についた。

「あぁ、もういらしたんですねぇ。素材の方は集まりましたかぁ?」
「ええ、もちろんです」
「……? なにやらすごく嬉しそうですねぇ」
「はい、良いことがありまして」
「そうですかぁ」

 店主は袋の中を確認し、うなづいた後、もう1度確認する。

「”魔力病”の薬を作りますねぇ。大銀貨1枚いただきまぁす」
「あ、はいっ! お願いします!」

 ルティアが笑顔で大銀貨を渡す。

 長年落ちこぼれと言われていた原因を無くすことができるんだ。
 内心では踊りだしたいくらいだろう。

「確かに。では作るので少々お待ちくださぁい」

 そう言って奥に入る。
 少々がどのくらいかは分からないが、店内で待っていてもいいだろう。

 やはり薬をオーダーメイドする人は多いらしい。
 待つ人用に椅子が3脚置かれていた。
 遠慮なく座らせてもらう。

「うっ、なんだかこれ、恥ずかしいです……」

 椅子に座ったルティアの足は地面についていない。
 少し高めの椅子なのだ。

「ルティアは小柄だからな」
「はい……よくちんちくりんって言われるんです。もう15なのに……」

 ルティアの身長は大体140センチ前半くらいだ。
 確かに15にしては低い。

「そういえば、イルムさんってどこから来たんですか?」

 ルティアに訊かれる。
 王都の案内をしてもらっている時点で俺がここ出身ではないとは分かっているのだろう。

 だからこその質問だ。
 そして俺が答えづらい質問でもある。

 なんて言おうか。
 うーん。

「辺境出身なんだ。ここからはずっと遠いけどね。仕事も探してたし王都にきたんだ」
「へぇ、そうなんですね。いつかイルムさんの故郷に行ってみたいです」

 ルティアの曇りない笑顔が胸に刺さる。
 嘘をつくのがこんなに苦痛だったなんて……!

 いや、ルティアが特別なだけか。
 田中に嘘をついたときは良心なんてちっとも痛まなかったし。

 と、そんな感じで雑談をしていると店主が戻ってきた。

「できましたよぉ、薬。とりあえず飲んでみてくださぁい。万が一効かなかったら作り直しますんでぇ」

 相変わらず間延びした声の男店主から紫の透き通った液体が入った瓶を受け取る。

《薬:魔力病特効薬 高位の薬剤師が作成可能な薬。魔力病を打ち消す。素材はありふれているが、技術力を求められるため、あまり出回っていない》

 うおっ、そんなに作りづらい薬だったのか。
 店主、意外と凄いんだな。

 そう思って視線を向けるとニコニコと人の良さそうな笑みを浮かべてこちらを見ている。

 ああ、いい人だ!
 薬で困ったら絶対ここにこよう。

 お得意様になろうと心に決めた俺はルティアに薬を手渡す。 

「ルティア、飲んでみて」
「はっ、はい!」

 少し緊張した面構えだが、期待しているようでもある。

 目を閉じて深呼吸をする。
 再び目を開けたときには決意に満ちた表情だった。

 瓶のふたをキュッっと抜くと、瓶に口を付けて思いっきり傾ける。
 透き通った美しい紫の液体がするするとのどに入っていき数秒もしないうちに飲み干された。

 すると、しばらくしないうちにルティアの目が見開かれた。

「イルムさんっ! 体が、軽くなりました! なんだか力のみなぎる感じがしてっ……わたし……わたし!」

 ルティアの頬に涙がつたう。
 しっかりと回復したのだろう。

「うおっと」

 ルティアが抱き着いてきた。
 俺の腹あたりに頭をうずめている。

「いるむざぁぁん! ありがどう、ありがどうございますぅ!! うう、うわぁぁあああん!」
「ああ、よかったな、ルティア。本当に、よかったよ」

 嗚咽を抑えきれていない。

 俺だって実際に見た、酷い差別、イジメ、落ちこぼれである辛さ。
 長年続いたその原因を取り除いたのだ。
 彼女にとってこれほどうれしいことはないだろう。

 もうしばらく、彼女が泣き終わるまで、こうしておこう。

 俺はそっとルティアを抱きしめ、頭を撫でた。





名 前:ルティア=バーゼル
種 族:人間
称 号:克服者
スキル:【火魔法LV5】
    【水魔法LV4】
    【雷魔法LV3】
    【土魔法LV2】
    【氷魔法LV3】
    【努力者】      

「魂喰のカイト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く