話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魂喰のカイト

こう・くろーど

10話 商人ギルド


 宿で朝飯を食べた俺は武器屋を開くための情報を集めようと思い、道を歩いていた。

 そう、道を歩いていたのだ。
 つまりは目的地など皆無なのである。
 目的があっても目的地があるとは限らないものだ。
 というか、情報を集めることのできる場所すら分からないし。

 はぁ、どうするかなぁ。

「あれ? イルムさんじゃないですか!」

 声がした方向に振り返ると、満面の笑みをしたアーロンがこちらに手を振っていた。

 アーロン=バーネス。
 俺がダンジョンで助けることになった若手冒険者の内の1人で、金髪蒼眼かつ理想的な体型、イケメンというなんとも羨ましいやつだ。

「やあ、アーロン。他の2人は一緒じゃないんだな」
「はい、今日は休養日にして各自自由行動にしてるんですよ」

 そうなんだ。

 でも、若手冒険者って休養日をとれるほど儲けてるのか?
 新米のうちは財布の中身を見てため息をつくような生活を送っている物だと勝手に想像してたんだが。
 冒険者って案外稼げるのかもな。

「イルムさんは何をしてるんですか?」 
「実は商売を始めようと思ったんだけど王都に来たばっかりでさっぱりでね。アーロンは店の開き方とか何か知らないか?」
「そうですね……商人ギルドに行ってみてはどうですか? 商売をするのなら必須になりますし」
「商人ギルド?」
「商人ギルドに所属してないと商売できないんですよ」
「えっ、そうなのか」 

 商売を始めるのにギルドに入る必要があるのか。

 アーロンに訊いておいてよかったな。
 勝手に始めてたら何があるかわかったもんじゃなかった。

 アーロンは商人ギルドの場所を丁寧に教えてくれた。
 大通りで、冒険者ギルドからみてすぐ近くにあるそうだ。

「じゃあ、とりあえず商人ギルドに行ってみるよ。ありがとう、アーロン。そっちも冒険者活動がんばってな」
「はい! オレ、きっとイルムさんみたいになって見せます!」

 アーロンはそう言い、感激したといった表情で頭を下げた。

 だからそこまで凄い人間じゃないんだけどなぁ。
 俺の人間性を知ったら幻滅されそうで怖いっていうのもあるし、どうにかしたいんだが……

 どうしようもないよな。
 いきなり『俺のことを尊敬しないでくれっ!』なんて言うのもおかしい。
 放置するしかないよなぁ。

 そんなことを考えながらアーロンに手を振る。
 さらに感激した様子でいたのは見間違いじゃないだろう。
 とりあえず足早にその場から離れることにした。







 俺は1人で商人ギルドに来ていた。

 外見は冒険者ギルドと同じく白レンガの上品な建物だったが、中にいた人には大きな差があった。

 上質な素材から作られた服を着ており、金の匂いがプンプンする面構え。
 身だしなみが整えられていて、腹回りの贅肉がとんでもない人も多めで、贅沢な暮らしをしているのが目に見えてわかる。
 俺とは比較するのもおこがましい人ばかりだ。

 俺も早く服を買わなければ……

 受付に行くと、対応してくれたのは若い男性だった。
 髪は切りそろえられており、見ていて不快な要素がない爽やかな優男だ。

「すみません、ここに登録しないと商売ができないと聞いたんですが」
「はい、こちらのギルドに登録していただかないと商売はできません。この度はギルドの詳細を説明するということでよろしいでしょうか?」

 違いなかったので首を縦に振る。
 名前もきかれたので答えておいた。

「では、説明をしますね」

 そう言うと、受付の優男は商人ギルドの説明を始めた。

 このギルドには3つのスタイルがある。

 まずは行商人や露店営業。
 これらは登録費用銀貨5枚で、年会費大銀貨2枚だ。

 次に個人商店。
 登録費用大銀貨3枚、年会費大銀貨6枚で売り上げから3%の税が引かれる。

 最後に商会。
 登録費用大銀貨8枚、年会費金貨1枚、個人商店と同じく売上税だ。

 そして規約だが、

 ・年会費、税金は1年以内の支払い。

 ・違法な取引をした場合除名することがある。

 ・カード紛失時は再発行に手数料がかかる。

 ・税は国に支払われる。

 だそうだ。

 特に問題はない。
 違法な取引なんてすることはないしな。

 登録することを伝えると、営業スタイルをどうするかを訊かれた。
 さて、どうしよう?
 さすがに最初から大きな店を持つのは元手もない俺には無理だよな。
 じゃあやっぱり露店営業かな。

 もし露店営業で登録してあとから個人商店に変えることは出来るのかを訊いてみたら、できるとのことだった。
 なら安心だ。
 店を持てるまではとりあえず露店商売だな。 

「ではイルム様のカード作成に入ります」

 そういい、優男はカード発行の手続きに入る。
 特に質問されることもなく、優男はすぐに作業を進めていき、数分ほどでカードを完成させた。

「こちらがイルム様のカードとなります」

 手渡されたカードを見ると、『露店営業』と『イルム』という名前が書かれていた。
 結構シンプルなもんだな。
 カードを貰ったってことはこれで一応商売はできるようになったってわけか。

「この度はご登録ありがとうございました」

 気持ちの良い挨拶とお辞儀をする優男になるべく丁寧に礼を返し、商人ギルドから出た。


 

 さて、では剣を作って売りまくるか。
 どのくらい稼げるか楽しみだ。 


「魂喰のカイト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く