話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魂喰のカイト

こう・くろーど

12話 露店営業


 さて、武器は全部作り終わったな。

 目の前にあるのは武器の詰められた袋が3袋。
 それぞれ15本ずつ剣と槍を詰めている。

 ほとんどが特殊級ユニーク品であるけど、それぞれに準伝説級エピックを1本ずつ潜ませている。
 目利きができるある程度の実力者なら迷わずに選ぶだろう。

 袋を背負い、路地裏から出る。

 少し強い日差しに目がくらみそうになり、慌てて腕で光を遮る。
 路地裏には日が通ってなかったし、仕方ないことだろう。

 露店を開くための空間を探しに王都内を少し歩く。
 大通りには無数の露店が開かれているため、なかなか俺が開ける空間はない。
 大通りはあきらめて少し人が少ない場所に行くかなぁ。

 そう考えていると、丁度今日の商売を終えたのか、露店をしまっている人がいた。

 まだ朝だよな?
 そう思い商品があったであろう皿のようなものを見てみると、少しだけ食べ物が残っていた。
 どうやら軽食を売っていたみたいだ。
 こんなに早く売り切れるとは人気だったんだろうな。

 軽食屋さんが片付け終わったのをみて、露店を開くために床に布をひく。
 そこに商品となる剣と槍を並べて、俺の隣に紅血ノ剣スカーレット蒼翠ノ槍マラカイトを置いた。

 さて、結構な人が通っているけど、俺の商品は目に留まるかな?

 袋から出して並べる作業が終わり、数秒もしないうちに人が来た。
 分厚い皮の鎧に鉄製の剣を持っていて、20後半くらいの男だ。
 恐らく冒険者だろう。

「へぇ、いい武器じゃないか」
「そうでしょう? 全部私が打ったんですよ」
「それは凄いな。これほどの剣が打てるなんてそれは名の売れた――むっ、この剣は?」

 冒険者が反応したのは準伝説級エピックの剣。
 シンプルな見た目だから分かる人にしか気づかれないと思ってたけど、いきなり発掘されてしまったらしい。

「その剣を手に取られるとはお客さん、腕利きですね?」
「ああ、一応Bランク冒険者をやってるんでな。カルロスってんだが、聞いたことないか?」
「ほう、かの有名なカルロスさんでしたか。開店早々あなたに来ていただけるなんてついてますよ」
「そうだろうそうだろう」

 ぶっちゃけ誰コイツ? 状態である。
 あまりにも自信たっぷりな顔をしていたので仕方なく合わせただけだ。

「それにしてもこの剣は良いな。さほど詳しくない俺でも目を奪われた」
「自信作ですので。実は並んでいる他の武器よりも高性能なんですよ」
「ほうほう、なるほど確かに周りの剣よりは――」

 とカルロスが言いかけたときだった。
 カルロスの視界に魔剣と魔槍が入った。

 うーん、本当はこの魔剣と魔槍を見て店に近づいてくる予定だったんだが。
 もう少し目立つところに置いた方がいいか?

 そんなことを考えている中でも、カルロスは2本の異様な気配を醸し出す武器を見て固まっている。

「なんだこの武器はッ!?」

 突然ハッとしたように目を瞬きさせると、大声で言い放った。
 それにつられて大通りを歩いていた冒険者がこちらを向き、ぞろぞろと集まってきた。

 ざっと20人近く寄って来たな。

「これも私が打った剣で、最高傑作の2本なんですよ」
「凄いな、これは!」

 カルロスは興奮を抑えきれないといったように言う。
 周囲の冒険者も一目見ようとこちらにグッと押し寄せて、魔剣と魔槍を目に入れた人物から、『素晴らしい!』などと口々に賞賛している。

「ちなみに、値段は?」

 カルロスが問う。
 緊張した面持ちだ。
 なんとしてでも手に入れたいというのが表情からも伝わってくる。

「残念ですが、この2本は売り物じゃないんですよ。まあ白金貨10枚積むと言われたらさすがに手放すとは思いますが」
「そ、そうか。さすがにこんな剣は売れんよな」

 少し落ち込んでいるが、同時に納得してくれたようだ。

「ですが、こちらの剣はすべて売り物ですので是非お買い求めください。すべて自慢の品ですよ」

 ここぞとばかりに売りこむ。
 すると、カルロスが迷わずに準伝説級エピックの剣を手に取りその軽さに驚いた後、俺に差し出した。

「この剣を買わせてもらおう。いくらだ?」
「金貨3枚です」
「ほう、安いな。良心的な価格設定だ」

 そう言い、金貨3枚を手渡してくれた。
 金貨を簡単に渡せるところをみるに腕利きであることは間違いないのであろう。

 周りの目利きができない冒険者は高いだのなんだの言ってどこかに去って行ってしまうが、カルロスのように腕が良く武器の価値がわかる冒険者は、周りとどの武器を買うかまで話し始めている。

 そう、うちの武器は良心的価格なのだ。
 他の店では特殊級ユニークでさえ金貨2~3枚とるのだ。
 冒険者たちはまさかあの武器が準伝説級エピックだとは思っていないだろうが、そこらの店より明らかに素晴らしい武器を見て、金貨3枚は安いと判断したのだろう。

 ちなみに準伝説級エピックの武器を持っている冒険者なんて街を歩いて鑑定してみてもいない。
 大抵は普通級ノーマル、腕の良い冒険者で特殊級ユニークの下くらいだ。

 つまり、とんでもない価格で準伝説級エピックを売ってしまったということなのだが、材料費も時間も全くと言っていいほどかからないので、こちらにデメリットはない。
 むしろ早く売れるし『安くていい武器を売る店』と宣伝もしてもらえるかもでメリットだらけだ。

「鞘はないのか?」
「あー、すみません。鞘はないんですよ。他の職人に作ってもらってください」
「そうか、了解した。いい買い物だった」

 そう言ってカルロスは去った。

 鞘は武器創造クリエイトウェポンでは作れなかった。
 恐らく居合を前提とした剣を作るときは鞘まで武器と認識されるため作れるけど、普通の剣では鞘は武器じゃないから作れないんだと思う。

 そこらへんは他の職人に作ってもらいたい。
 安く売ってるんだし、割り切ってほしいな。

 カルロスが去ると同時に一気に冒険者たちが群がってきた。

「おい! この武器いくらだ!」
「この素晴らしい剣をぜひ私に!!」
「良い武器だ! 相棒にさせてもらうぜ!」
「斧、斧は置いてないのかぁ!?」

 一気に話しかけられても困る。
 こっちは聖徳太子じゃないんだぞ!
 とか考えてても仕方ない。
 1人ずつ丁寧に対処した。

 特殊級ユニークの武器は大体金貨1枚で売った。
 こちらも良心的な値段だ。
 普通の店では特殊級ユニークの中の下の性能でやっと金貨1枚なのにこちらは最上位の特殊級ユニークで金貨1枚だ。

 手にした冒険者はホクホク顔で帰っていった。
 いい感じに宣伝してくれるだろう。
 これならすぐに個人店を持てそうだな。

 武器種も増やす必要があるな。
 剣と槍だけだとさすがに少なすぎる。
 今回請求されたのは斧だけだったが、同じ鉄製の武器として大剣、短剣、槌、いろいろ用意を請求されそうだ。
 もちろん杖や弓などの木製、明らかに鍛冶では作れないものも作れるため、そちらにも手を回していきたい。

「ありがとよ! こんなにいい武器が手に入るなんてついてるぜ」

 最後の客が去った。
 今日は完売だ。
 俺の手元には魔剣と魔槍以外残ってない。

 予想よりはるかに上回る結果だ。
 初日ということもあって少しくらい武器が余るかなと思ってたけど杞憂だったようだ。

 手元にやって来た金貨は51枚。
 日本円で5,100,000円。
 こんなに儲けてしまっていいのだろうか。
 材料費もかからなかったし、売上税である3%を抜いても4,947,000も残ってしまう。

 一日でこんなに稼いでしまった。
 ボロ儲けじゃないか。

 金持ちになっても自分を見失わないようにしないとな。
 日本で10,000円札が地面に落ちてた時と同じ。
 これは誰かに試されてるんだ、っていう精神と同じにして行こう。

 まだ開店からあんまり時間は立ってないけど商品もなくなったし店を閉めるか。

 そう思い立ち上がると、1人の男の子が走ってきた。
 身長が低く、幼い顔立ちをしている。
 息も絶え絶えで俺の前に止まると、口を開いた。

「あの、僕にも武器を売ってください!」



 あー、もう武器売り切れたんだけど……どうしようか。


「魂喰のカイト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く