異世界への転生は残酷な過去と共に

meika

試験結果

数日後。

俺の目の前には掲示板があった。
それはもちろん先日受けた入学試験の結果発表だった。
俺はゆっくりと自分の名前を探したが、見渡す限りどこにもいなかった。

あれ?やばくないか?俺、入学できないのか?

「それでは、Sクラスを発表する!」

もうこれしかない!
って言うか、なんで分けて発表するの?馬鹿なの?死ぬの?一気に発表してくれよ。

いや、流石に名前あってくれ!頼む!

そんな祈りを込めて目を開けて見てみた。
その紙の1番端っこに俺の名前があった。

え?

「それでは以上で発表を終える。」

俺が…首席じゃない……だと?

そう言って先生らしき人物は紙を収め戻った。

まてまて、どういうことだ?

実技試験では、圧勝だった、学力試験だってしっかりと手応えがあった、なのに何故だ?!

俺は不意に変な気配を感じ、横を向いた。

「あーあー、全く、くせぇーなぁー?
なんでこんなにくせぇんだ?
あ〜、Sクラスに庶民がいるからか〜?」
「「「「ふははははははははははは!」」」」

あいつら、確か名門貴族の奴らだっけ?
名前は覚えてないけど。

なるほど、あいつらの仕業か、先生を買収したか。

なら、なぜ俺を落とさない?
いや、違うな、多分だが俺がギリギリ入ってこれたのは先生の慈悲か?
それとも……。

「君たち!寄ってたかって1人をいじめるとはいい度胸だな?」

おれがそうこう考えていると不意に後から声がした。
以前に聞いたことのあった凛とした声だった。

「げっ!フェブルム家のリンお嬢様だ!」

「ッチ、分が悪い、撤退だ。」

そう言って引き下がって言った、

「大丈夫か?
ウォーリビエ君。」

「助けてくれてありがとうございます。」

「む?敬語?」

「はい?何でしょうか?」

「いや、また会ったな。ウォーリビエ君。」

「お久しぶりです。フェブルムさん助けていただきありがとうございます。」

「……あぁ、それより私のことはリンと呼んで良い。」

「わかりました、では、自分もレンで大丈夫です。」

「ふむ、これから3年よろしく頼むぞ、レン」

「はい。」

「それにしても驚いたな、貴族ならともかく、Sクラスに庶民が入学できるとは。」

「そんなに珍しいんですか?」

「あぁ、Sクラスは、貴族しかいない、庶民がいてもそれはかなり入学試験で点を取れた人だけだ。普通は無理だな。」

クソ親父、首席合格とか無理じゃねぇか!

「それでもお前はSクラスに入れたんだ、やはり君はすごい素質があるのかもな。」

「そうでしょうかね?」

色々隠しとかないと、バレたら軍事利用とかしてきそうたし、母には特に迷惑をかけたくない。

「さて、そろそろ時間だ、私はこれで失礼する。ではまた入学式で会おう。」

「はい、失礼します。」

これにて俺の悲しい結果発表が終わった。

「異世界への転生は残酷な過去と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く