話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界は割とどうでも良かったけど地球もピンチらしいので行ってきます。但し相棒のおかげで胃がマッハです。

N通-

覚悟を決めろっ!

「はっ!?」

「あっ! やっと気がついたわね!?」

 目が覚めると、リアが僕の顔を覗き込んできていた。って、近い近い!! 思わずアイアンクローをかましてどけてしまう。

「わぷっ!? ちょっと、心配してあげたのにひどくないかしら!」

「あ、ごめんつい」

「つい!? ついで美少女の顔鷲掴みするのかしら異世界人は!?」

「いやあ、僕ぐらいじゃないかな」

「ますます悪いわっ!?」

 理不尽な暴力に晒されたリアがうーうー唸っていた。

「それで、今度はどこへ行ってたの?」

「神様に会ってきた」

 リアははぁ、とため息をついて頭痛を抑えるように頭に手を当てた。
「あのね、本当は創造神様に会うには普通とんでもなく大規模な儀式が必要になってくるのに、あなたはちょっと隣の部屋に出かけるような感覚で行って帰ってくるんだから……規格外って奴なのかしら」

「まあまあ、そういうな。僕の能力チートについても詳しく教えてもらえたし、君達の世界の状況も理解した。その上で……僕は、君達の世界を救うことに協力する」

「え?」

 唸っていたリアはポカンとした顔をして、次いでみるみるうちに顔をぐしゃぐしゃにしながらしゃくりあげ始めた。

「ホ……ホントに……? 一緒に来て……くれるの?」

「ああ。どうやら他人事じゃなくなってしまったからな。このままだと僕の世界も危ないし、何より……やっぱ、放っておけないっていうか」

 自分でもらしくない、と思うけど。泣きじゃくるリアを見て放ってはおけないと思ったのもまた事実だ。僕は決して良心を持たない冷たい人間というわけではない。

「言ってみれば捨て犬を見捨てるのがしのびないイメージというか……」

「聞こてるわよッ!? 仮にも王女に対してまさかの野良犬!? あなた、ここが王宮だったら手打ちよ、手打ち!」

「うどんかな?」

「意味わかんない言葉で誤魔化さないで!」

 異世界コミュニケーションは難しい。

「っと、そう言えばあなた名前はなんて言うのかしら?」

「ごめん、自己紹介まだだったね。僕は加賀理かがり 雅也まさやだよ。リア・テレシーさん」

「特別にリアって呼ぶことを許すわ! 何しろその、これから……ぱ、パートナーになるわけでしょ! ……なってくれるんだよ、ね?」

「うぐっ!?」

 リア、そのポーズは卑怯だ。小刻みに身体を震わせて上目遣いに、期待するようにこちらを見詰めるなんて高等テク、落ちないわけが……。

「やっぱやめようかな……」

「な ん で よ !!」

 あれ? おかしいな? 僕は考えてる事とは正反対の言葉が口から飛び出していた。

「ま、まあまあ落ち着いて。ところで、僕のチートについてだけど、説明するとこうらしい」

 僕は女神様から聞かされた条件をそのまま伝えると、リアも納得できないかのように二人揃って首を傾げる。

「どうしてかしら? どう考えてもあなたの願い、あなたの本心、よね?」

「うーん、女神様はバグった……機能不全を起こしてるのかもしれないって言ってたけど、本当にそうかはわからないみたい」

「え!? 創造神様にも解らないことがあるの!?」

「え? あー、うーん」

 どうしよう? 本当のことを話したら彼女の中の信仰心が揺らいでしまうかもしれない。僕は彼女のイメージを崩さないためにも、僕は心の中にしまっておくことにした。

「ご自分でも仰っていたけど、創造神と言えども万能ではないってことらしい」

「そう、なのね……次々と新しい事実が知れてショックだわ」

 リアは、疲れたようにぼすっと俺のベッドに腰掛けて親指をくるくると弄び遊び始めた。

「お行儀が悪いですよ、お嬢様」

「あっ! こ、これはクセみたいなもので……城のみんなには内緒にね?」

「それはいいけど、とりあえず僕の能力を使えば戻れるみたいだけど、早速出発する?」

 とりあえず体育で使っていたシューズをはいて、準備を終えた僕はリアへとたずねた。

「ええ、もちろんよ! 城のみんなが私達の帰りを心配して待っているはずだわ!」

「じゃあ、リア。心から願って」

「うん……」

 そう促したら、リアは祈りを捧げるようにベッドから降りて膝立ちで両手を組み合わせて、小声で呟いた。

「どうか、お願い……私達を、ヴァールスへと戻して……!」

「ん? これはっ! ねえ、リア! 光ってる、光ってるよ!」

 いつものように僕の身体から極光が溢れ出すと、リアは急いで僕の腕を手に取った。

「えっ?」

「ま、万が一にもはぐれないようによ!」

「そ、そう」

 僕は、そんなに女慣れしているわけではなかった。というか苦手ですらあったのだから、女子に身体を掴まれただけで心臓が跳ねてしまうのも仕方ない事だと思って欲しい。

「帰るのよ、私の国へ……!」

「いざ、ヴァールスへと!」

 そして、僕達の身体は地球から消え去った。

 段々とこの感覚にも慣れてきたな――そんな感想を抱ける位には余裕を持てた僕は、リアと共に綺麗に着地する。そこには硬い石の感触が靴裏から感じられ、周りを見渡すと誰もいなかった。

「おかしいわね、僧侶達はどこへいったのかしら――?」

 彼女が疑問を浮かべたその時、バタバタと正面の大階段から大人数が駆け上がってくる気配がした。

「お、おお!! リア王女――いえ、勇者リア様! お戻りになられたのですね!!」

 先頭をすごい勢いで走っていた一番体格たくましい僧侶が、リアに向けて汗を拭うのも忘れて満面の笑みを浮かべる。

「ええ、ただいまデクスタ。他の皆も、元気そうね」

「え、ええ。何しろ姫様――勇者様が消えてしまってからどうしようかと対策会議を開くために城に戻りかけたところ、天を貫く極光が降りてくるではありませんか! これは儀式場に何かあるに違いないとばかりに馳せ参じました!」

「ご苦労様。それと呼びにくいなら王女でいいわよ、デクスタ」

「は、あ、いえ。申し訳ない。未だ慣れず……」

「いいってば。それよりお父様とは謁見できそう?」

「ハイ! 王女様が異世界の勇者を連れてくるのをいまかいまかと待ち構えております」

 僕はその時げっと声をあげそうになった。王様に会うの? 今から? そんな話聞いてないんですけど……雰囲気的に断るのはムリっぽい。

「ではお父様……レオニー・テレシー陛下に謁見に行くわよ、マサヤ!」

 これはもう覚悟を決めるしかないのであろう。僕は不承不承頷いて、リアの後ろをついていく。その周囲をがっちりと僧侶達に囲まれながら――。

「異世界は割とどうでも良かったけど地球もピンチらしいので行ってきます。但し相棒のおかげで胃がマッハです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く