話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

裏路地の異世界商店街

TEL

第十六話 『ココロ運びます─3』

「そんな事無い!!」
 背中の方から発せられたその言葉で、私の意識は引き戻された。

 振り替えると、さっきまで震えていたヨックルちゃんがオーク達を睨み付けている。口は真一文字に結ばれ、手は自分の服を握りしめていた。
「舞お姉ちゃんは死んでなんか無い!! あたし達のお店が 大変になったときに、助けてくれたのは舞お姉ちゃんだ!! そんな舞お姉ちゃんが死んでる訳無い!!」


 どうやらまだ小さいヨックルちゃんは、『死んだ魚の目』という言葉を、『死んだ私の目』という風に捉えてしまったらしい。でも、彼女の剣幕にその事を突っ込むものはいなかった。

「舞お姉ちゃんは優しくて、頼りになって、あたしの憧れなんだ!! 舞お姉ちゃんを馬鹿にしないで!! 馬鹿にしたら、あたしが許さない!!」

 ヨックルちゃんの目からは、ポロポロと涙が零れてきた。そのヨックルちゃんの体を、私は思わず声を抱き締める。
「舞お姉ちゃん……?」
「……ありがとう。ありがとうね」

 ヨックルちゃんを抱き締めるために、私はかがまなければならなかった。
 一体この小さな体のどこに、自分よりも大きな者に立ち向かう勇気があったんだろう。

 一体この小さな体のどこに、出会って間もない者を『憧れ』と言える優しさがあるんだろう。

 私はこの娘よりもっと大きいのに、この娘より何も出来てないじゃないか。


 ……私は……まだ。



「…………」
 無言で私は立ち上がり、目の前のオーク達を鋭視線で突き刺す。
「……あんた。さっき私の事『死んだ魚の目』っ言ったわよね?」
「あ……あぁ、それがなんや?」
「……認めるわ。自覚はあったから」
「!? 舞お姉ちゃん!?」

 前に出ようとしたヨックルちゃんを手で制し、私は立ち上がり言葉を続ける。

「私は、この娘が思ってるような立派な人間じゃない。自分が招いたことなのに、自分が置かれた環境を憎んで、絶望して、勝手に自己嫌悪に陥ってる屑よ」
「ほぅ……やったら──」
「でも」
 オーク男Aの言葉を遮り、私は続ける。


「少なくとも私は、あなた達程の屑じゃないわ」 
「なんやと……?」
 オーク達の額に血管が浮かぶ。
「だって……見捨てられないもの」
 私は前に出て、そして────



「こんな私を……こんな小さな体で!! 『憧れ』って言ってくれたこの娘を!! 見捨てて逃げるような屑になるつもりは無いもの!!」

 叫ぶ。身体中から、私の言葉を放つ。
 思わぬ大声に、オーク達は身じろぎする。その様子を見て、私はフッと鼻で笑った

「悔しい……? こんな人間に馬鹿にされて悔しいかしら?」
「……調子乗るなよ、人間族ごときが」

 オーク達から、怒りのオーラが伝わってくる。
「黙って聞いとったら、ワシらの事散々馬鹿にしおって……お前ら、タダじゃすまさへんぞ?」
「やれるもんならやってみなさい。でも、この娘にだけは指一本触れさせない」

 足を開いて、素早く動けるように体勢を取る。
「私も、自分より小さい子一人守れないで、人間名乗るつもりも無いから」




 さて──どうしようか……
 喧嘩のやり方なんて、やったことが無いから知らない。真正面からぶつかれば、呆気なくK.O.されるのは目に見えてる。


 だからとにかく逃げよう。ヨックルちゃんをとにかく逃がすんだ。それだけ出来れば万々歳だ。
 私はどうなるか分からないが……二人捕まるよりかはマシだ。

 それに──ひょっとしたら────

「覚悟せぇよ……」
 私は目の前のオークに意識を集中させつつ、後ろへ素早く下がれるように足を下げる。
「穴という穴犯したらァァァァァッ!!」

 ヨックルちゃんの手を取って逃げようとした、その瞬間──


 私とオークの間に突然立ち塞がった人影が、オークの拳を受け止めた。
「えっ……?」
「なっ?」

 私もオークも、驚きの言葉を漏らす。だが驚くのはこの後だった。


「全く……身勝手な行動は出来る限り慎んでほしいな。責任を負う僕の身にもなってくれよ」
「……嘘、なんで……」
「なんでいるのか、そう言いたいのかい?」

 オークを蹴飛ばして距離を取った人影が、倒れこんでいた私に手を差し出す。

「依頼人の安全を確保するのが、探偵の役目だろう?」
 そう言って──ネロはニヤリと笑った。




「な……誰やお前?」
「おっと、自己紹介が遅れたね。僕の名前はネロ=ガング=ヴォルフ。探偵家業を営む、しがない獣人さ。実は君達の言動は、さっきから確認してたんだよ」
「え、いたの!?」

 驚いて私はネロの方を向く。
「いやぁ、最初はすぐに割って入ろうと思ったんだけどね。なんかカッコいいこと言ってたから、どうせなら最後まで見ようと──」
「嫌あああああああああ!!」

 私はネロの首根っこを掴んで、思いきっり揺らす。
「忘れて!! 今すぐ忘れて!! なんで黙って見てたのよ馬鹿馬鹿馬鹿!!」 
「ゆゆゆゆゆ揺らすな!! 酔う!! 酔うから揺らすなってばああああ!!」

 私はパッと手を離す。背中から倒れたネロは、「ぐっふっ!!」とヤバそうな声を漏らした。この光景、なんだかデジャ・ヴュだ。

 しばらくして立ち直ったネロは、咳き込みながら話を続ける。
「ま……まぁでも、舞の言ってることは何も間違ってない。強いて言うならもう一つ──」
 ネロが指を一本伸ばす。


「君を高く評価してるのは、何もコイツだけじゃないって事だ」
「……!!」
「さて──じゃあ邪魔者にはそろそろ退場願おうか」

 完全に空気と化していたオーク達に、ネロは不敵な笑みを浮かべる。
「でも──ネロ、大丈夫なの?」
「大丈夫大丈夫。僕、昔は喧嘩とか強かったし」
 ネロが右手をヒラヒラさせる。


「じゃあそろそろ始めようか悪党共。安心しな、噛んだりはしないから」
 そう言って前へ歩くネロの背中に、私は安心感を感じた。


「『噛んだり』は──ね」

 地面を蹴って、ネロは前へ飛び出した。

「裏路地の異世界商店街」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く