話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

裏路地の異世界商店街

TEL

第四話 『走り抜ければ─2』

 額から汗がこぼれる。五月とはいえ、まだ少し冷たい空気が肺に入り込み、胸が苦しくなってくる。

 でも今の私は、こんな苦しみを味わうことに変な高揚感を覚えていた。例えるなら麻薬中毒患者が、自分の体はボロボロなのに、心はハイになっているのと同じような……麻薬はやったことが無いから、麻薬中毒が具体的にどんなものなのかは分からないが。

 とにかく今の私は、徹底的に自分を痛め付けていた。
 逃げるという本当の目的こそあるが、走るなりして苦しんでいた間は、それすらも忘れられていた。まさか私がこんなアクティブな方法を取るなんて、とは思ったけれど。



 そんなこんなで走り続けた私は、いつの間にか見覚えの無い場所まで行き着いていた。 
 この町に来てからまだ二ヶ月程しか経っていないから、私はまだ見慣れない場所が家の近所にも多い。恐らくこの町並みも、そういったものの一部だろう。

 にしても……
 私は走っていた足を止め、辺りを見渡す。一車線の道路を挟んで、様々な店が立ち並んでいる。しかしその店の全てに、共通している事があった。
 開いていない、のである。休日の昼間だというのに、全ての店に固くシャッターが閉ざされ、店先に商品を置いてある所は無かった。

 『アオイ青果店』とか『丸園写真館』といった文字が書かれた屋根は見える。しかしその下には誰もいない。その空間にいた人間は、本当に私一人だったんだ。


 押し寄せる静寂と恐怖心から、私の心臓は一層鼓動を早くする。私は少し小走りになって駆け始めた。が、すぐにとある店の前で私は立ち止まった。

 その店の看板は、既に文字がかすれて読めなかった。他の店と同じようにシャッターが降りてあったが、その店にはガラス張りのショーケースがあり、そこに様々なものが置いてあった。

 ガラス製の天使の人形。木で出来たトーテムポール。あちこち錆び付いたブリキのロボット……ざっと見ても、別に統一性があるようには見えなかった。 
 そんな中でも、私の目を一際引いたものがあった。


 それは、ショーケースの真ん中の一番目立つところに置いてあった、小さな陶器の人形だった。
 背の高い男の人と、それより少し背の小さい女の人の人形が、台座の上でワルツを踊っている。
 お互いが手を握り、男の人は女の人の腰に手を回して、女の人を支え踊るその姿は、制止していても美しく見えた。

 台座の横には、真鍮で出来た小さなゼンマイが伸びている。そこでようやく私は、これが何なのかが分かった。


 これはオルゴールなんだ。ゼンマイを回す事で、この人形が音楽と一緒に回るようになっているんだ。

 私はしばらく、自分が空腹なのも忘れて、そのオルゴール人形を眺めていた。
 一体このオルゴールは、どんな音を奏でるのだろう。一体この店は、どこでこのオルゴールを手に入れたんだろう。


 ──知りたい。そう思った瞬間の事だった。



 カラン、コロン、カランという音と共に、目の前のオルゴールが、一人でに回り始めたのである。

「えっ!?」目の前の光景に、私は思わず目を見開いた。
 まるで私の『回れ』という願いが届いたかのように、オルゴールは回り続ける。共に流れるオルゴールの音色は、どこか遠い国の音楽に聴こえた。


 ゆっくりと回る人形の動きを、私は目で追う。
 耳が壊れたかと思ってしまうほどの静寂の中で、オルゴールはその音色を唱え続ける。その音色は、どこか儚くて、切なくて、そして──


 ──そして、なにか助けを求めるように聴こえた。



「…………」

 何故そうしたのか、少し時間が経った今でも明確な答えは出ない。ただ、思わずそうしてしまった。というのが一番正しいだろう。

 
 私は、ショーケースの向こうのオルゴールに向かって言っていた。



「私が助ける」と──

 その瞬間、私の意識は遠くなっていった

「裏路地の異世界商店街」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く