閉じる

私達は仲良く異世界に転移されたけど国家建国生活は大変だそうですよ…

11月光志/11月ミツシ

伍長閣下目線、11章6話。【軍事パレードは今日から始まる】

「でぇ?ヨシフ君。何で原価120万の高級ドアを見事に破壊してくれたのかね?」

 現在、カオスが繰り出している。
 私は、気を失ったヨシフを縄で縛りどこぞの拷問よろしく状態であった。そうでもしないと、120万のドアをけ破った罪は重い。

「いや、その件は本当に申し訳なかった。」
「はぁ…。まぁもういいよ。っで何か用?」
「あぁ、さっきなチャーチムから連絡が入って…。国際軍事パレード委員会の最終抽選により………。」
「最終抽選により…?」
「…。開催地は我が国に決定したそうだぞ!」
「…………はぁ?!」

 えっ?マジで!やんの?本当に?

「ヨシフ君。嘘はやめなさい」
「いやいや。ほんとだよ。わし、嘘つかない」
「………」

 何故だろう。名誉なことかもしれないけど、この絶望感は…。
 だって、12車線の道路だよ?!何に使えばいいのだよ!絶望をきした顔を見かねたヨシフは、静かに言った。

「まぁ、大丈夫。伍長はなんもしなくていいから。わしらが担当することになるし…。」
「…。はぁ、わかった」

 何故だろう。ヨシフは私をなだめようとしているのかわからんけど、説得力がないのだよなぁ…。
 なんかもう、説教する気も起きなくなったので、縄をほどき、ヨシフを解放した後、ソファーに座り込んだ。

「…。なぁ伍長。」
「なんだぁ?」
「名前変えてみないか?」
「………。ヨシフや。頭がおかしくなったのかい?その頭を冷やしのちょっとシベリア行って来いよ」
「いや、わしはいたって平常だし、この世界にシベリアはないし…。お主も国王なんだ。自分の子供に、『私は王族だ!』って誇れるような名前にした方がいいんじゃないか?この世界の皇族や王族は全員国家の名前が付いているぞ…。まぁ皇族の名前を国家名に使う事が多いが…。」
「じゃああれか?私の名前を、アーゼルベルクトフ・H・アドレフからアーゼルベルクトフ・H・レッドヴェーレルリンにしろという事か?」
「左様」
「……。はぁ、考えておこう。」

 いや、確かにさぁ、その方が分かりやすいし、アドレフとの区別もつきやすいからいいんだけどさ…。

「私達は仲良く異世界に転移されたけど国家建国生活は大変だそうですよ…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く