私達は仲良く異世界に転移されたけど国家建国生活は大変だそうですよ…

11月光志/11月ミツシ

伍長閣下目線、9章8話

「なっ!」
「えっ?」

二人の声は奇跡的ハモったが、内容は全く違う方向の驚き方である。
私はびっくりしており、アドレフは驚愕だった。

「まま、入りなさいな」

少女に言われ中へと入る。
私達は出来るだけ小声で話し合っていた。

「なあ、アドレフ、あの子誰だ?」
「私にもわからんことを言うな!確か義母さんは結婚当時は40代くらいのお人だった。年をとってもあのぴちぴち感は出せないと思う」
「じゃあ、あれか?おばあさまじゃないというのか?」
「いや…ないとも言い切れんが、あり得んだろ…義母さん、自分の部屋に許可してない人間が入るの嫌っていたし…」
「………」
「「いでぇ!!」」

音もなく私たちに近づいてきたおばあさん?少女?にハリセンで思いっきりひっぱたかれる。
あまりの痛さと同タイミングの攻撃により、私とアドレフが同時に悲鳴を上げた。

「はよ入らんか!」

少女に袖を引っ張られ中へと入っていく…アドレフを私は気の毒そうに見て、中へと入った。
部屋の中は、シンプルだった。机にソファーがあるだけ。
ソファーに腰掛けるように促した少女は奥に行き紅茶を入れてくる。

「さて、お二人ともよく来たね…、私はアイゼンハワード・A・スウェットフェルクロードだ…。」
「えっ?じゃあ本当に義母さんなの?」
「そうじゃが…アドレフお主疑っとったのか!」
「…」

アドレフは黙り込んでしまったが、私はある言葉に引っ掛かっていた。
アイゼンハワード?そんな人物ス連の皇族に…

「第100代目大天皇帝、アイゼンハワード・A・スウェットフェルクロード…。お目にかかれて光栄ですなレッドヴェーレルリン連合王国初代国王、アーゼルベルクトフ・H・アドレフ閣下」
「わ、私をご存じか?」

私の本名、そしてレッドヴェーレルリン連合王国初代国王という、あの世界の人間しか知りえない。さらに、私自身が初代国王なんて知っているのは、国連総会出席者か各国の国王のみである。

「曾孫がお世話になってる…といったらいいかな。」
「曾孫って、第103代目大天皇帝か!」
「そうだ」
「しかし、何故別世界の貴方が私たちを知っているのだ?」

その質問を待っていたかのように、少女…アイゼンハワードはにやりと可愛くし、こう告げる。
その言葉に私は絶句した。

「お主は、聞いたことがないか?【真実か?この世界の国王全員神族説!】をな」

コメント

コメントを書く

「SF」の人気作品

書籍化作品