話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チート仮面と世界を救え、元英雄の異世界サバイバル救国記

穴の空いた靴下

第四十話 ゴブリンキング

【ガアアアアァァァ!!
 ふむ……久方ぶりの外だな。
 ふぅ……ようやく口も回る】

「……赤目達の王なのか?」

 メリウスはカラカラに乾いた喉から必死に言葉を紡ぐ。
 それほどこの眼の前の相手が危険と感じている。

「ふむ……赤目……以前の人間どもも我達をそう呼んだな。
 この赤い瞳を持つもの全ての王かと問われたら、それは違う。今はな……」

「他の種族もたくさん居たな、確かに……」

「ほう、知っているのか。興味深いが、どうでもいい。
 なぜならお前らは全て死ぬからだ」

「どうかな……」

「ふっ……ならば久しぶりに身体を動かす準備運動ぐらいには精々頑張って付き合ってみせろよ」

 ゴブリンキングの巨体がぶれたように見える。
 骨でできた棍棒を振り上げて振り払った。ただそれだけの動作を、常軌を逸した速度で行ったのだ。

「ぬうん!!」

 どごん。
 おおよそ攻撃が当たったというよりは巨大な丸太か大岩がぶつかるような衝撃がメリウスを襲う。
 刀で防いでいたが、突き抜ける衝撃がメリウスを傷つけた。
 食いしばった口の縁が切れて血を流す。

「ほっほー。やるではないか。
 後ろの者たちもなぁあ!!」

 ぶうんと振られた棍棒の先に、今まさに飛び込もうとしたカインとプリテがいた。
 しかしその一振りでタイミングを逃してしまう。
 いや、助けられたと言ってもいいのかもしれない。もし飛び込んでいればその身は叩きつけられ致命傷を受けていただろう。

「無茶苦茶ですな」

「ああ、ホルス。俺もそう思うが、こいつを倒さなければ街が滅びる」

「メリウス様……我らもお供します」

 シャロンの大剣が小刻みに震えているが、それでもメリウスにとっては心強い。

「無理はするな、あの攻撃まともに受けたら皆の武器では耐えられん」

 メリウスは体内の魔力を名一杯に高める。
 リスクはこの際無視だ。これでしか対抗できないのなら、やるしか無い。

「うおおおおお!!!」

 地面を蹴り出しゴブリンキングに斬りかかる。
 蹴り出した地面が爆発したようにえぐられるほどの踏み込みだ。

「おっ! いいぞ、腰が引けて逃げ出されては興も覚める」

 その一撃を事も無げに棍棒で受け止める。

「ほう……」

 想像以上の一撃ではあったが一切ブレることもなく受け止める。

「せぇい!」

 カインとプリテも息を合わせて攻めていく。
 同じように魔力による身体強化は全開に使っている。

「うおおお!!」

 ゴブリンキングの攻撃が二人に行かないようにメリウスは怒涛の攻撃を続ける。

「メリウス様、飛んで!」

 シャロンの大剣が魔力によって加速され振り下ろされる。
 叩きつけられた地面が激しく爆発する。
 ゴブリンキングはその一撃を軽く後方へ飛んで回避していた。

「……おのれ……我を引かせるとは、女! 許さんぞ!!」

「させるかぁ!!」

 メリウス、カイン、プリテ、シャロン4人がかりでなんとか打ち合えるほどの相手、しかもその4人の攻撃を全て受けきっている。

「く、くそっ!」

 ホルスはその戦いを眺めるしかなかった……
 自分が行っても邪魔になるだけだった。魔法力の差で強化しても4人の戦いに入れない事は自分自身が一番わかっていた。


「おのれ! 小うるさいハエ共が!!」

 ゴブリンキングが左手を翳すと地面に闇の穴が開く。
 そこからカタカタと乾いた音をたてながら骨のゴブリンが湧き出てくる。
 キングの相手に全力を割いている4人、さらに魔法による身体強化の限界まで行っている性で周囲の把握する能力は極端に低下している。
 ゴブリンスケルトンが戦線に参加すれば、4人が必死に堪えている戦端が破綻することは目に見えている。

「ぬうん!!」

 ホルスがスケルトンの大軍の前に立ちふさがる。
 鉄斧を振るうと無残に骨が飛び散り砕けるが、ガラガラと転がり合って一つの塊となってのそのそとキングの方へと向かおうとする。

「皆のところへは一兵たりとも通さん!!」

 ホルスにはホルスの戦場が用意されていた。

「いいかげん、しつこいな……グズも役に立たんし!」

 王は苛立っていた。
 何度振り払っても諦めることなく向かってくる4人に、死の淵から呼び出した下僕はわずか一人に抑え込まれている。その状況に苛立っていた。

「脆弱な人間がなぜこうも我が前に立ち続けられる!」

「お前が寝てる間に強くなったのかもなぁ!!」

 メリウスの刀と鍔迫り合いになる。
 なによりも王を苛立たせたのは、僅かな戦闘中にも対応して成長していく4人だった。
 初めは一方的に王の攻撃を避けて、受けていた4人が今は攻撃をして、こうして膠着状態を作られる。
 一瞬で塞がるとはいえ、膠着状態に傷をつけられるのも不快だった。

「無駄な事を繰り返して……」

「それでも一滴一滴とお前の血を流している。
 どれだけ時間がかかろうともその血を全て流しきれば、無事では済むまい!」

「人間ごときが体言を吐きおって!!」

 棍棒の振り下ろしがメリウスを叩き潰す。
 獲った。歩法によって一瞬そう思わせることに成功し、メリウスの刀が首を捉える。
 ブワッと血しぶきが上がるが、ゴブリンキングの驚異的な再生力で首の傷が塞がってしまう。
 血しぶきが地面を濡らすことには既に傷は何事もなかったかのように消えている。

「視えてきたぞ、ゴブリンの王よ。
 過去、貴様らがおもちゃにした人間たちの怨念が、俺達を連れてきたんだ!」

「調子に乗りおって!!」

 王の身体を包み込んだ骨の鎧がはじけ飛ぶ。
 メリウス達の攻撃によってではない、隆起した王の筋肉に耐えられなかった。

「準備運動はこれぐらいだ。絶望の時間だぞ!」

 さらなる速度で棍棒が迫りくる、それでもメリウス達はその動きに対応していく。

 全員がこれほどの長時間、魔力による身体強化を用いての戦闘をしたことがなかった。
 自身の肉体の能力を跳ね上げる身体強化は、思わぬ事故を起こす。
 事実稽古でも大きな怪我を追ったこともあった。
 身体強化によって増大した力と、速度に意識の反応が追いつかない、そのせいで普段は決して喰らわないような攻撃を不意に受け、加速してた肉体に大きなダメージを追わせてしまうのだ。
 しかし、今は相手も加速してなお互角、もちろん攻撃を受ければ容赦なく命を狩られる極限状態、自身を常に強化状態においての死線を駆け抜けていくことで、急速に加速状態での戦闘に肉体と精神が馴染まされていた。

「ぬうん! なにぃ!」

 さらに全員がメリウスの体捌きを工夫し、自らにあった動きに必死に溶け込ませようとしている。
 進化の過程を今まさに生死をかけて進んでいる。

「せえええええぃ!!」

 シャロンの大剣が、王の横腹を斬り裂いた時、勝負の均衡に変化が起きようとしていた。


「チート仮面と世界を救え、元英雄の異世界サバイバル救国記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く