詩集

聖 愛里香(アキラ アリカ)

【魅せられて】

虹のように七色の光を放つ 
花が咲いていた… 
それは確かに夢だった 
それでもどかにあるように 
花を探して森を彷徨う 
花は無くても 
その自然の素晴らしさを知った 

忘れられない美しさ 
人魚の声と美貌の虜になる… 
それは確かに夢だった 
それでもどかに居るように 
海を見つめて時を忘れる 
波と風と泡のハーモニーに 
心を癒されて帰る 

空から天使が舞いおりる 
輪を輝かせ翼を羽ばたかせる 
それは確かに夢だった 
それでもどこかに居るように 
青い空と白い雲を見つめる 
自由に空を翔ける鳥達が 
天使の使いに見えた 

母なる大地… 
生命を育んできた聖なる場所 
母なる海は… 
生命の産まれし場所 
大いなる空… 
自由と未来が生まれる場所 

幻想…それは心の道しるべ 
現実から逃れる 癒しの場所 
現実に戻る 希望を育む場所 

人は自分の居場所を探して 
彷徨う旅人… 
立ち止まれない事も知らずに 
歩きつづけている事にも 
気付かない… 

魅せられて… 
魅せられて… 
人は幻想と現実の狭間を 
歩きつづける



追記)
2004.3.13作 当日プレゼント( ´艸`)ふふふ 
『mu(ミュー)』って言うゲームで知り合った友達に 
プレゼントした作品です。

「詩集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

  • 中津 国衙

    すごいですね!

    1
コメントを書く