話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

四人目

あれから6日がたった。
裕人は、あれから毎日ギルドへと通っているが

緊張クエスト
魔獣王幹部《クトゥグア》の撃退又は討伐
条件強い人のみ
報酬10000000ゴールド

緊張クエスト
魔獣王幹部《クトゥグア》の撃退又は討伐
条件強い人のみ
報酬10000000ゴールド

緊張クエスト
魔獣王幹部《クトゥグア》の撃退又は討伐
条件強い人のみ
報酬10000000ゴールド

「...ついにこれだけになったか」

(帰ろ)



アリアの家

「ただいまー」

俺がドアを開けると上の階から足音が近寄ってくる

「お帰りなさいユウトさん!早速ですがこの
《かくげー》って言うのをやってみませんか!」

「まぁいいけど..リーザは?」

「上にいますよ~」

2階に上がると部屋の隅でうずくまっているリーザがいた

「...」

「さぁユウトさん!ここに座ってください!」

「アリアお前..何したんだ?」

ここまでリーザが落ち込むのは始めて見た

「えーとまずリーちゃんが──」




「さぁアリっちこのゲームで勝負だ!」

「リーちゃんそれは?」

「これは前にも言った兄ちゃんの世界の娯楽だよ」

「あーあれですね  やってみたいです!」

「よし!」

リーザが指をパチンと指を鳴らすとリビングにテレビが出てきた

「さすが神様ですね!すごいです!」

「そう言ってくれるのはアリっちだけだよ..」

「あはは..ところで何をすれば良いですか?」

「今からやるのは、新作の格ゲー《超乱闘ハイパーバトル》だよ!」

「《かくげー》ですか?面白そうですね」

「じゃあやってみよう!」





「で、私が今69連勝中ですね」

そう聞くと俺は、リーザへと近づく

「..ははは...なんで1回も勝てないの..バカなの?
下手したら兄ちゃんより遥かにチートだよ..あり得ないでしょ..なんで私が素人に負けるの...なに?チート使ってんの?あははなんだただのチーターか..ははは」

「おーいリーザ生きてるかー」

「ん..ここは?」

「リーちゃんリーちゃんもう1回遊びましょう!」

「...」パチン

リーザ指を鳴したとたんテレビとゲーム機が消えた

「あれもうやめちゃうんですか?」

「うん...もうやめよう」

「そうですか..あっところでユウトさん今日はどうでしたか?」

「なんか緊張クエストしか残っていなかったぞ」

「そうですか困りましたね~」

俺達は、3人はソファーに座って緊張クエストが現れてから毎日作戦会議?をしている

「てか、兄ちゃんが《クトゥグア》を倒せばいいじゃん一応勇者なんだし」

「そういえばそうだったな」

完全に忘れていた

「兄ちゃん..お願いだから忘れないで..」

「でもまぁ《クトゥグア》っていうぐらいなんだからどうせ火属性だろ」

「兄ちゃんって以外とそういうの好きなの?」

「まぁ神話とかは、たまに見ていたからな」

「あぁーーー!!」

突然アリアが叫ぶ

「うおっ急にどうした?」

「ユウトさんアレですよ!アレ!」

「どれ?」

「あの怪物の換金まだですか!?」

「怪物..あぁフェンリルか!」

「そうですよ!多分もう終わっていますよ!」

「よし!取りに行こう リーザも...」

「すぅ..すぅ..すぅ..」

リーザが寝ていた

「おいリーザおき──」

「ユウトさん 寝かしてあげましょう疲れちゃたんですよ」

アリアはリーザの頭を撫でる

「アリアは本当にリーザに甘いよな」

「妹が出来たみたいで可愛いじゃないですか」

「じゃあ行くか」

「私はリーちゃんの様子を見ときますんでユウトさんお願いしても良いですか?」

「ああ分かった」

アリアに王都の中心にあるギルドの場所を教えてもらい家を出る



王都のギルド入り口

「うわっ」

裕人が声を上げるのも無理は無いなぜならこのギルド
全て金でできているからだ

(趣味悪っ)

仕方なく中にはいることにした

「マスター!」

扉を開けたとたん7才ぐらいの小さい子供が裕人の顔に飛びつく

「マスター!やっと会えました!」




次の話のデータ消えた(  ;∀;)

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー172001

    データ消えたんですか?w
    応援してます。
    次回楽しみにしています!

    0
コメントを書く