話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

仲間

「ねぇねぇマスタークエスト行こうー」

「兄ちゃんクエスト行くのか?着いていっていい?」

「まぁいいけど..アリアは?」

「朝から居なかったよー」

「そっかじゃあ行きますか」

「「おー」」



一週間前

「兄ちゃんのパーティーに入れてよ!」

「仲間に入れて欲しいのか?」

「そうゆうこと」

「まぁ別にいいけど..」

「やったー!ありがとう兄ちゃん!」

リーザが仲間になった

「う、ここは?」

「ん、アリアかおはよう」

「あっユウトさんおはようございます!」

アリアが目を覚ました

「えっとそこの娘は?」

「ああ暴力し──「んー?」

「女神様ですはい」

「女神?」

アリアが不思議そうにリーザを見つめる
なんかこう見ると姉妹みたいだな二人とも白髪だし

「今日から仲間になりましたリーザと申しますよろしくお願いいたします」

誰だこいつ

「あ、アリアですよろしくお願いします」

リーザを女神と知ったアリアは、フェンリルを見たとき位緊張している

「はい よろしくお願いしま──「おりゃ」

とりあえず拳骨を食らわす

「はぁ?兄ちゃん今殴る必要あった?」

「いや、なんかムカついたから」

「え?え?」

アリアが混乱している

「今のがこいつの本性だから」

「あっやべ」

「そ、そうなんですか?分かりました」

「兄ちゃんのせいで第一印象が..」

とりあえずアリアにリーザの事やフェンリルの事を話した

「一つ良いですか?」

「どうした?」

「フェンリルを倒したのは分かりましたけど死体は?」

「ギルドに売った」

「いくらになりましたか!」

アリアが目を輝かせて聞いてくる
こいつ会うたびに性格変わってね?

「なんか王都の中心にあるギルドで換金してくれるかしいぞ」

「んーじゃあ一週間位ですかね」

「ああそうだぞ」

アリアはとても嬉しそうにしている

「金なんて何に使うんだ?」

「あ、いえ..実は..消したいスキルがありまして..」

「スキルって消せるのか?」

「100万ゴールドです」

「...なにのスキルだ?」

「..《弱体化》です」

名前を聞いた瞬間なんとなく理解した

「おいリーザ」

「んーちょっとまってー」

こいついつの間にかゲームしてやがる

「リーザ様は、なにをしてるんですか?」

この世界には、ゲームが無いらしいというか娯楽が無いらしいので見たことがない物にアリアは興味深く画面を見ている

「リーザでいいよ これは兄ちゃんの世界にある遊びだよ」

「へー面白いんですか?」

「姉ちゃんもやってみる?」

「おーいリーザさーん」

このまま放置すると二人ともゲームに夢中になりそうなので止める

「そういえば兄ちゃんどうしたの?」

「お前ってスキル消せたりする」

「まぁ一応」

「じゃあアリアのスキルを消してくれないか?」

「えっ?嫌だけど」

当たり前じゃん  みたいな感じてリーザが答える

「..は?なんでだよ」

「ここで消したら面白くないじゃん」

「...」

「えっと..リーザ..ちゃん?どうして嫌なんですか?」

「あーそういえば兄ちゃんには、言ってなかったけ」

「何をだ?」

「私がこの世界を作った理由」




一番始めに出てきた子は、そのうち出てきます
そのうちQ&Aでもやってみようかな
今回誤字が多いかもしれませんが大目に見てください
あとコメントで「チーターの意味が違う」と書かれていたのですがそのうち分かります

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く