話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった

Lead

女神

「兄ちゃんおかえりー」

そこにいたの、紛れもないリーザだった

「....」

「そこだ..よし」

ゲームに集中しているリーザを無視してアリアをソファーに置く

「よしよしそのまま...あー」

「なんでここにいるんだー暴力神様ー」

「いい度胸してるな  兄ちゃん」

リーザが拳を握っている

「私は女神だぁぁぁ!」

リーザの攻撃

反射リフレクション

しかし跳ね返されてしまった

「うぎぁーー」

跳び跳ねるリーザ

「お前は、なんでこんなところにいるんだ?」

「兄ちゃんがもう能力を使いこなしている...」

「いいから」

「『異世界に召喚されたチート主人公について行く女神様』的なやつを目指してみようかと思ったしだいでございます」

「なんだそれ」

「だって兄ちゃん過去を見たら本当にラノベの主人公みたいだったから面白くて」

「過去?見れるのか?」

「私一応神様なんだけど!?」

「そのセリフどっかで聞いたことあるような?」

「話が進まないんですけどー!」




「つまり面白そうだからついてきたと?」

「そうゆうこと」

(神は、暇だった)

「うん結構暇だよ」

「?」

「だって地上見る位しかやることないからねー」

「お前人の心読めるのか?」

「当たり前じゃん?」

(神怖わ)

「兄ちゃんの心を読むとつい殴りたくなるなー」

「跳ね返すだけだ」

「ほほぉやって見ますかぁ?」

煽り気味に喋るリーザに少しイラついた

「やってみろよ」

「うおりゃーー!」

いきなりリーザが拳を構え突っ込んできた

「!?反射リフレクション

「ふっ」

リーザは、張られている透明の板の前で止まると

「弱連打!」

目にも止まらぬ速さでリーザは、その板を軽く殴っている

「?なにしてる..ん..だよ」

体の力が抜けていくそのまま俺は、意識を失った

「兄ちゃんごめんやり過ぎた..って気絶しちゃったか?」




目が覚めると横で何かの音がする

「あっ兄ちゃんおはよー」

「いつの間に寝ちゃたんだ?」

「あー兄ちゃんが《魔力切れ》しちゃったから気絶しただけだよ」

つまり魔力がなくなると気絶してしまうらしい

「なんで魔力切れなんか..」

「兄ちゃんのスキルには、弱点が存在する!」

「お、おう」

「それは..」

「そ、それは?」

「これを見ろ!」

リーザが提示したのは、《ステータスの本》通称《ステ本》だった
そこに書いてあったのは
ーーーーーーーーーーーーーーー
反射リフレクションLv1

ありとあらゆる攻撃を倍で跳ね返す
一度跳ね返すと魔力が消費される

消費魔力  10

ーーーーーーーーーーーーーーー

「つまり兄ちゃんのスキルは、弱い攻撃を何十回もすれば攻略できるって訳」

「強い分弱点も大きいってことか」

「そゆことー」

あまり使わないでおこう

「じゃあ兄ちゃん本題に入るけど」















「私も兄ちゃんのパーティーに入れてよ」




インフル治ったー

「間違えて召喚された俺は、ただのチーターだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • エルス・ギルバート

    ぺりあすた
    お前ほんとどこにでもいるよな

    0
  • べりあすた

    駄女神

    0
コメントを書く