話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

もしも変わってしまうなら

中津 国衙

恨み

あなたは僕を
裏切りましたね
殴りましたね
最後には
殺すのですか
別に
恨みませんよ

僕は
殴られようが
蹴られようが
殺されようが
たとえ
大切なものを
壊されようが
その人を
多分僕は
恨みません

なぜなら
僕が
全て悪いからです
あなたに
僕は僕を
殴らせてしまった
蹴らさせてしまった
殺させてしまった
大切なもの
壊させてしまった

すべて動機を
作くらせてしまったたのは
僕だから
防げたはずなのに
防げなかった
僕はあなたを
恨まず
僕を
恨みます






「もしも変わってしまうなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く