話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

もしも変わってしまうなら

中津 国衙

関係

ずっと友達でいましょう
いや
ずっと親友でいましょう
こんなことは言う必要は
無いと
考えていましたら
甘かったです

僕は
あなたたちを
信じています
頼っています
あなたたちを親友と
思っています
こんなことを
思っていたのは
僕だけでしたね

あなたたちにとって
この場所にとって
僕は不要になりましたね
邪魔になりましたね
さようなら
言わないけど
消えます
要りませんよね
こんな僕は

僕を
必要としてくれる
人がいました
でも応えてあげられてない
と思います
ごめんなさい

僕は
僕を必要としてくれる
人がいなくなったら
ゆっくり消えます
誰も知らない
場所で

「もしも変わってしまうなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く