冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

魔界に乗り込みます! 5

『凄いな、これが冒険者だとは思えない。いや、むしろ人だとは思えない……』

 ジンはレッドの前に現れ、無数の攻撃を一瞬で仕掛ける。その攻撃に対応し、巨体からは想像もできないような身のこなしで避けていく。

「やるなぁ」

『我を甘く見るなジン』

 レッドは防戦一方の状況で、反撃を試みるが、ジンにその隙はない。完璧なまでの攻撃だ。それに付け加え、ジンはその姿でもどんどん成長をしていく。放たれる一発一発が、鋭く、早くなっていく。

 だが、それはレッドも同じ。その攻撃にしっかりと対応して避けていく。数秒しかたっていないのに、何分もの時間を凝縮したような感覚を、その場にいるものは味わう。

『レッドがあそこまで押されるのは初めて見た……だが……』

 ジンは未だ攻撃を続けるが、それを少し上回ったレッドが、反撃の一撃を食らわせる。それを食らったジンは、目にも留まらぬ速さでふき飛んでいく。

『反撃開始だぁ』

 そう呟くと、レッドはジンがぶっ飛んでいく方へ向かい、間髪入れず魔法やら殴打やらを次々にぶち込んでいく。

『おいレッド! そんなに攻撃をしたらそいつは……!』

『黙れ、やらせろ』

 その言葉に込められた気迫に、ブラックは怖気づいてしまう。身を震わせ、思わず一歩下がってしまう。

『興奮のしすぎだ……なっ!?』

 ブラックは、今目の前で起きたことに驚愕し、言葉を失う。

 今まで攻撃をしていたレッドが急に宙を舞ったのだ。本当に突然だ。そのゼロコンマ何秒に、何があったのか、ブラックはおろか、攻撃をされたレッドでさえ分からなかった。

「いってぇなぁ? テメェ、そこまでやったからには死ぬ覚悟があるからやったんだよなぁ?」

 ジンが立ち上がり、肩を鳴らしながら、飛ばされたレッドの方に歩いていく。

 その中で、ジンの身体から突然、鱗が剥がれ落ち始めた。

「俺は今すげぇ楽しいよ。自分が進化する事が。お前とやれる事が。残り五分、ここからは地獄だぞレッド?」

 すると、鱗は形を変え、一つの防具とかして行く。全身に赤い装備を纏う。その形は、ジンが今までで一番動きやすく且つ頑丈、その理想に沿った形となる。

『鱗の、形状が、変化した……だと?』

「ああ。これはいいなぁ? さっきよりも動きやすい、それでいて頑丈だぁ。それに、力がどんどん湧いてくる」

『レッド! お前このままいったら……』

『口を出すな。……残り五分とか言ったな? その五分、お主が地獄を見るかもしれいぞ?』

「うるせぇ」

 そう言い合い、戦闘は再開される。ジンが星の如く速さでレッドの前に動き、突き出た下顎に蹴りを入れる。

『…………ぬるいわ』

 かなりの強打だったが、レッドは全く動じていない。すぐに下顎でジンを叩きつけ、ジンは地面に埋まる。だが、着地とほぼ同時に飛び上がってくる。

「ほう? なら、お前の下顎を砕いてやるよ?」

 超速から繰り出されるそのアッパーは、流石に食らったらまずいと思い、レッドはすぐさま交わす。が、少しかすり傷が顔に付く。

 宙に浮かび上がった所を見逃さず、レッドは尻尾で攻撃を繰り出す。が、ジンはそれを蹴りで弾き返す。

 その威力に、レッドの身体は少し後ろへ押される。

 なんとか耐え凌ぐが、ジンの攻撃は止まらない。宙に浮いた状態から、前方に回転しながら、落ちていき、かかと落としをレッドの背中に叩き込む。

 レッドは少量の血を吐き出し、地面に叩きつけられたため、その場に腹這いになってしまう。

『しまった……!』

 ジンは、トドメの一撃を食らわせようと、上に飛び上がって勢いをつけて殴り掛かろうとする。だが、そこでブラックに止められる。

『そこまでだ! やめろジン!』

「…………」

 その言葉に、ジンは攻撃する手を引っ込め、レッドの背中に綺麗に着地する。レッドももう諦め、ゆっくりと立ち上がり、人間の姿に戻る。

『お前らなぁ……熱くなりすぎだ。もうすぐで死者が出るところだったぞ?』

 ジンは、活動限界時間はまだ来ていないが、"龍人化"を解き、同時に"赤龍の力"も解く。

「まぁ楽しかったので、良かったんじゃないですか? ね? レッドさん」

『ああ。それとなぁ……』

 そこまで言うと、レッドは少し顔を赤らめながら、下に俯き、もごもごと喋り出す。

『……してくれて』

「……はい? 今なんて言いました? よく聞き取れなかったのですが……」

『この闘いが終わったら、我と結婚してくれ!!』

「…………」『…………』

『ジン、なんか言わんか!? 我の一世一代のプロポーズだぞ!?』

 ブラックは笑いを堪え、ジンは破顔し、叫ぶ。

「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く