話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう負けない 7

 それからも、長い間苦しんでいたジンだったが、それは、とある変化と共に、終わりが訪れる。

「ぐ、ぐがぁぁぁあ!」

「そろそろそれも演技臭くなってきましたねぇ……貴方、私を馬鹿にしてます?」

 ムルドがそう尋ねると同時に、ジンは突然立ち出した。それに警戒したムルドは、すぐさま戦闘態勢へと移す。

「痛てぇ……けど、もう、大丈夫だ。……こんなもの、ダイコさんやネインに比べれば!!!」

 ジンはそう叫び、痛いのを我慢しながら、全身に力を込め始める。

「うおぉぉぉおお!」

 ジンの叫び声と共に、ジンの身体はみるみるうちに、鱗の様なものが浮かび上がっていく。髪の毛は赤く染まり、輪郭にも赤い鱗が装着される。目も、"龍"のような鋭いものとなる。

「これが……俺のフルパワーだぁあ!!」

「うっ……これは……まずいですねぇ……」

 この時、ムルドは初めて、魔王以外で、自分よりも格上の存在を見つけた、と思った。

 ジンの身体からは、依然として赤いオーラが放出されており、その姿になってからは、ますます迫力が増したものとなる。

 その姿とは、ほぼ全身に龍のような鱗を纏い、一種の装備のようにも見え、服が敗れそうな程に膨らんでいた。目力は、今まで誰からも浴びせられたことの無い、何者をも恐怖させるような目をしていた。

「それほどの力を残していただと……私も舐められたものです……ここからは、もう言わず、ただ、あなたを殺す事だけに専念して戦います」

「そうか。それは良い。さっさと掛かってきたらどうだ?」

「チッ……ちょっと強くなったぐらいで……」

 ムルドはぼそりと呟き、全身に力を込め、ジンへ向かって地面を蹴る。

「そんなものでも、魔王様の力の前では……は?」

 ムルドが、ジンの元へついた頃はもう、すでにそこにはジンは居なかった。

 ムルド焦って周りを探すが、何処にもいない、何も感じない。と思った矢先、背後から悍ましいほどに、殺気の籠った声が聞こえる。

「おい、どこを見ている? ちょっと気配を消したくらいでそんなに焦るなよ?」

「後ろ……!!」

 後ろを振り向こうとしたムルドは、飛び下がりながら後ろを向こうとする。だが、その行動は悪手だった。

 地面から足を離すのが悪かった。そこの一瞬を、ジンは見逃さず、近寄って蹴りを入れる。

 だが、その動作は、ありえないほとに早く、ムルドには何をされたのか全くわからなかった。

「グハッ……今、何を……」

「ただ蹴っただけだ。これでも、魔王には届かないと言えるか?」

 ムルドは吹っ飛ばされ、その問に答えられず、地面へと転がり落ちていく。

 ジンは、まだその感じに慣れておらず、まだ少し手加減や、制御が難しい。

 手を開閉したりして、その感覚を覚えていく。

「これが"龍人化"か……すごい。でも体力の消耗がかなり激しいな……もって後十分ってところか……」

 それと、ジンにはもう一つの変化を実感していた。

 これを使ってる俺、あ、僕か。人格が変わるなぁ……なんと言うか、レッドさんに似た感じの正確になると言うかなんと言うか……

 まぁそこは大したことじゃないと思い、気にせずにムルドの方を見る。ムルドはフラフラと立ち上がる。全身ボロボロだ。

「さっき、魔王様に届くかどうかと訊いたなぁ……無理だ。断言しよう。お前では勝てんよ」

「……そうか。わかった。俺には時間が無い。だから……」

 そこまで言うと、ジンはほんの少しだけ前屈みになり、軽く地面を蹴る。

 ムルドは呼吸が荒く、また少し視界がぼんやりとしていた。そのため、ジンが動き出した事に気づかず、ぼーっと前を見ている状態だった。

 それが、この勝負の分かれ目だった。

 ムルドは、まだ何もされない、もしくは反応して避けきれる、そう思い込んでいた。だがそれは全くの勘違い。そんなことは、絶対にありえなかった。

 ジンはムルドの目の前まで、星のような速さで移動し、ムルドの目の前で、腕を組んで気づくのに待っていた。

 なんだ……この早さに付いてはこれないか……面白くない。時間もない、やるか……

 ムルドに気づかせる間も与えず、数十発もの殴打を、文字通り一瞬で放つ。

 ムルドが気づいた頃にはもう、仰向けになって倒れていた。痛みも感じず、ただ、何が起きたのかすらもわからずに、仰向け空を見上げていた。

「何、が……ブハッ……!」

 血反吐をぶちまけ、ようやく自分が、倒れていることに気づき、怪我をしていることに気づく。いや、怪我のレベルを超えている。なぜなら、もう、ムルドにら首以外残ってはいなかった……

「まだ喋れるか……ムルド、お前は強い。だが、今は俺の方が上回った。ただそれだけだ。いい闘い、だったな」

「いい闘い……フン、私が一方的に、やられただけだったがな……」

 その呟きがムルドの最後。その場は、静かな沈黙が、ただ一人立ち尽くす、ジンを襲うのであった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く