冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

俺、冒険者だってよ.... 3

 レガンの街へと向かった二人は、まずはレガンの中でも一番評判のいい、食事処『暴飲暴食』へと来た。名前からしてとんでもなさそうな雰囲気しか漂ってこないのだが……とジンは思いながらも入っていった。

「いらっしゃい! 暴飲暴食へようこそ! ん? 見ない顔だねぇ新入りかい? ラン」

「はいっ! 昨日出会ってこの国のことを教えてくれと頼まれたので、まずはここだと思い来ちゃいました!」

「新入り! 名前はなんてんだい? ひょろっちぃ体してるけど鍛えてるのかい?」

「あ、はい。僕はジンって言います。ひょろっちぃって……おばさんのは体ができ……」

ドンっ!! ジンの顔スレスレに包丁が飛んでくる。あと数センチズレてたら完全にぽっくりいっていた……

「女性に体の事を言うもんじゃないよ?」

「すいません。もう言いません。許してください。お姉さん」

「物分りがいいじゃないかい! 私はセンって名前だよ。ここは私の店だからね、食って暴れて楽しむ場所だよ!」

「は、はぁ……よろしくお願いします。センさん」

「はいよっ! で? 何か食べてくんだろ? 何にするんだい?」

「あっ、じゃあ例のアレ、頂けますか?」

「あぁ、例のアレ、ね。わかったよ! ちょっとまってな!」
 ランが、例のアレ、とやらを頼んだのだが全く完成形が見えてこない……多分センのガタイがガチガチだから、それに見合った料理がでて来るんじゃないだろうか……と、ジンは予想した。

 そして十分後

 見事に予想は的中した。
 ジンの顔三つ分くらいはあるだろうパスタらしき食事がでてきた。こんなの食べきれるの? と思いつつ一口食べる。
 美味い。美味すぎて手が止まらない。
 ジンはどんどん食べていきあっという間に、とてつもない量の食事を平らげてしまった。

「美味い! これは何ていう料理なんですか?」

「あぁ、それは新人試しとして毎回新入りにだすんだよ。料理名はタスパだ。毎回毎回みんなへばって途中で食べるのやめちゃうんだけどねぇ。食べきったのはあんたで15人目だよ!」

バシバシと背中を叩いて嬉しそうに話してくれた。
ジンは心の中で「やめてくれ……出る……」と思いながら必死に耐えた。

料理を食べた二人は少し時間を置いてから店をでた。

「また来なっ!」とセンが帰り際に言った。

そして二人は『暴飲暴食』を後にした。

「次はどこ行きます?」
 そうジンが尋ねる。するとランはとある店の前で止まった。

「あのね……実はね……下着が欲しくて……」

 顔を赤らめてランは言った。
 ジンが店を見てみるとそこには可愛らしい下着があった。ジンは恥ずかしくなり顔を逸らす。

「あ、ああ、下着ね。うん。下着。ぼ、僕は外で待ってるので好きに選んで来ても構いませんよ……?」
 ジンはなんとかしようと店へ行くように促すがランは俯いたまま動かない。

「あ、あの……その……え、選んでは貰えませんヒャッ!?」
 ランの声が裏返る。そしてさらに顔が赤くなる。
ジンは焦りどうするのが正しいのかわからず「ええいっ! もうどうにでもなれっ!」と思い「わかりました。行きましょう」と決断する。

「は、はい……」と、ランは俯きながら言った。

 店の中に入ると女性客が多いのは当たり前だがカップルの客もいる。その中で、まだ出会って二日もたってないジンとランは気まずい雰囲気の中下着を選んだ。

 そして時は過ぎ下着を買ったランとジンは店を出る。
 二人とも顔が真っ赤だった。
 ジンはもう二度と入らないと心に決めたのだった……

 その後もぷらぷらと街を案内してもらい、多くのことをランには教えて貰った。

 ランはお手洗いに行くと言い、ジンは外で待っていた。
ぼーっとしながら歩いていると、急に人とぶつかってしまう。


「あっ、すいません! 怪我は無いですか?」
 ジンは倒してしまった女の子を起こす。

 そして女の子は「大丈夫ですよ」と一言いい走って言ってしまった。

 ジンは心配になりながら女の子を見送るとランがお手洗いから戻ってくる。

「すいません! おまたせしました!」

「あ、いえいえ構いませんよ……」

「何かありましたか……ってあれ? 腰に付けていた袋はどうしました?」

 と言われジンは「えっ?」と思い袋を付けていたはずの腰に手を当てる。
 だが、そこには袋はなかった……

「あの野郎! 俺の道具袋盗みやがった!!!!」

「それは大変です! 追いかけましょう! どんな子でした?」

「女の子だよ! 身長はランさんより少し低くて髪の長い赤毛の子で黒い帽子を被っていたのですぐ分かると思うんですが……」

「わかりました! すぐに追いかけましょう!」

「はいっ!」

 と言って女の子を全力で追いかけるのだった。


「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー310507

    暴飲暴食は草

    1
コメントを書く