話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう二度と同じ後悔はしたくない 4

 回復専門の魔法使いをさがす五人は、手分けしてレガンにの町を探すことにした。

 ギルドにいる人たちにダイコが片っ端から声を掛けていくが、どの人も治療に専念しているため「後にして」の一点張りだった。

 ジンはネインと一緒に、ラン、レベッカも探しているのだが全く見つからない。

 五人は集合時間と場所を決め集まることにしていた。

 ギルドに殆どの回復専門の魔法使いがいるため、ダイコ以外の人達が探すのは、意味がないとはわかってはいたが、念の為に探しに行っていた。

「にしてもいないなー。やっぱみんなギルドかなー?」

「そうかもしれない! みんな頑張って治療してたよ! 今はちょっと無理かもしれない!」

「そうだよなぁ……」

 そんな会話をしていると集合時間になり一度集まって話し合いをした。

「こっちはいませんでした」

「私もです」

「私もですわ」

「……」

「あれ? ダイコさんの方はどうだったんですか?」

「それがね……一人いたんだけどね……癖の強い子でね……」

「いたならいいじゃないですか! どんな人なんですか?」

「男が極度に嫌いらしいの」

「なんだそれ!?」

 ジンは驚きのあまり声が裏返ってしまう。
 これだけはどうしょうも無かった。
 男のものは仕方が無いんだから我慢してくんないんですかね? と心のなかで思いながらも耐える。

「ま、まぁ一度だけでも良いので一応会ってみますか……」

「その提案はしたのよ……でもね、『私は男が嫌いなんです。ろくでなしばっかだし臭いしキモいし。嫌』としか言わないのよ……」

「男がバカにすんな! 臭いのは……仕方ない! でもキモいってなんだ! 僕はそこまできもくは……ない! はずだよね?」

「何故に最後疑問形!? しかも自身無さすぎ! 大丈夫ですよ! 少なくとも私はそんなこと思ったことは……」

「なんで黙っちゃうの!? なんで!? 臭いの!? 俺そんな臭い!? え!?」

「「「うん。臭い」」」

「俺泣いてもいい?」

 ジンの心はズタボロにされその場に泣き崩れる。
 ランが慰めているが泣き止む容子は無かった。
 ネインだけは「ジンお兄ちゃんは臭くない!」と、言ってくれた。それだけが唯一の救いだった。

「まぁ、とにかくよ。臭い話は置いといて……」

「臭い話っていうな! もう泣こ……」

「んんっ! で、魔法使いの子よ。どうしましょうか……他の子あたってみる?」

「そうですね……まぁ治療が終わりそうな時間を聞いてきてみてそれから考えませんか?」

「その案はいいと思うわ。私が聞いて参りましょうか?」

「いいの? ではよろしく頼むわ」

 そう言いレベッカがギルドに入っていく。
 数分して戻ってきたレベッカはランたちに結果を伝えた。

「あと二日はかかるそうよ。でもまぁあの出来事から二週間以上経っているのですから確かにもうすぐ終わってもいい頃ですわね」

「そうね、じゃあ二日後またギルドに来ましょう。それまで各自自由ってことでいいわね?」

 その事が決まるとジンとランとネインでランの家へ向かった。
 幸いランの家は町からは少し離れた場所にあったのでどこも壊されてはいなかった。

「良かった〜! 家壊されてなくて」

「だね! それよりジン、二日間どうする?」

「うーん……周りには前と違って結構強いモンスターいるからそいつらを倒してレベル上げしよっかな!」

「レベルなんてないじゃない」

「あ、そうだった! あはははは」

 ジンのレベルが無いことはラン以外は知らなかった。ジンはこのことは誰かに言えることではないと自覚していたからだ。スキルの事もそうだった。

「ラン! とりあえず今のステータス見とかない?それで二日でどこまで上がるのか確かめたいし!」

「それもそうね! 見せ合いましょう!」

 そして二人はステータスカードを取り出し血をつけて文字を浮かび上がらせる。

 文字が浮かび上がってから数秒後、ジンがとんでもない声を上げる。

「な、なんじゃこりゃあ!?!?」

 その声に驚きランが「何? どうしたの?」と、ステータスカードを覗き込み、ランも声を荒らげる。

「な、なんなのそれ!?!?」

 そこにはこう文字が浮かび上がっていた。


ジン
職業 冒険者

HP 1020
MP 80
攻撃 210
防御 316
魔法 102
敏捷 248

スキル
熟練度 短剣 45
熟練度 細剣 36

ユニークスキル
"限界を知らぬ者"
"言語理解"
"?????"

 こう記されていた。

「体力どうしたんですか!? 他のステータス値も伸びすぎですよ!? それになんですか?この記号は!?」

「ぼ、僕にもわかりません……この記号っていったい...」

 この時ジンの脳裏にはレネードにやられた時のことが浮かんだ。
 あの時やられたせいで体力がのであると理解した。
 他のステータスもその時に上がったものだと自覚する。
 だが特殊能力についてはなぜクエスチョンマークで表記されているのかがわからなかった。

 二人には全く想像もつかなかった。





 そのころ……

「ふふふ……ジン、あなたにはもっと頑張っていただいて魔王を倒して貰わないと困るのです……この私の力を使ってでも倒せないほどに魔王は力をつけてるのですから……またいつか次はお会いできるといいですね……ふふふ」


「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー135113

    自身ではなくて自信ですよ!

    6
コメントを書く