話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

なんか勇者に嫌われたんですけど? 5

ジンたちが扉の中へ入ると底には椅子に座っている勇者質とその後で立っている執事達がいた。

ジンたちは真ん中の台へと登るとダイコが殴ってしまった勇者の執事が前へとでてくる。

その執事はかなり若く、立っている姿が執事らしさを醸し出していた。目が少し釣り上がっていて輪郭は綺麗な形をしている男性だった。

「こんにちわ。あなた達ですね?我らが国バンラ国の勇者に暴行を加えたというのは」

「そ、そうです...」

「私共の勇者、セレン様の情報によりますと、『話しかけたら急に殴られた。私は勇者だから手を出さなかったが一方的な攻撃をオカマにされた。』と、仰っているのですが本当でございますか?」

ジンたちはその報告を聞き顔を見合わせる。

明らかに嘘の報告だったからだ。
それを訂正しようとダイコが執事へ弁明する。

「いいえ、それは全く話が違いますわ。確かに殴ってしまったのは私だけれども一方的ではないわ。そちらの勇者ちゃんが私たちが店へ入ろうとしたら後ろからは割って入ってきて、譲れと言いその後も私たちに何かと文句をつけてきたのよ」

「な、なにを言ってるんだ!僕は何も言っていないぞ!貴様らが僕の入ろうとした所を邪魔したんじゃないか!見ろ!殴られたところの腫れが引かないんだぞ!?」

「な、なにを!?あなたが私たちの前に入ってきて勇者だから譲れだの、下賤な者が私と喋ってるだけでもありがたく思えだの言ってきたのでしょ!?」

と、ランが反論する。

勇者とジンたちの言い合いになりそれを見ていた執事が「静粛に!」と一言いいその場を収める。

「もしあなた達の言っていることが本当の事でしたら、悪いのはセレン様という事になるのですが...」

「いえ、そうではありません。僕が入ろうとしたら割り込んで来て文句を言ったのは本当です」

「ではやはり悪いのはこちら側で...」

「いえ、そうではなく、行動を起こしてしまったのは勇者さんですが、手を出してしまったダイコさんもダイコさんです。どちらも悪いのです」

「ではどちらも悪いという事ですね...?」

「そうです」

ジンがなんとか必死に説明し執事へ目を向ける。
すると執事は短くため息を吐き勇者を一度睨んでから再びこちらを向く。

「貴方は偉いです。自分たちの罪を認めるのは本当に立派だ。セレン様とは大違いですよ...」

「は、はぁ...」

なぜか執事がジンを褒める事態にジンたちは何事かと顔を見合わせる。

「はぁ...我々の国の勇者はこんな感じで自分のことしか考えてなくて、すぐに問題を起こすダメ勇者なんです」

「ダメ勇者とはなんだ!私はしっかりとした...」

「黙ってなさい」

そう執事が言うと勇者は黙り込んでしまう。

ジンたちもまだ理解が出来ておらず首を傾げる。

「私も困ってるんですよ...このダメ勇者はですね?毎回毎回どの国に行っても事件を持ってくるのです。そして毎回毎回事の発端はこのダメ勇者なんですよ...」

それを執事が言うとなぜか他の国の勇者は、何度も頷いておりその執事達も頷いていた。

セレンは泣きべそをかきながら何かブツブツと独り言を言っていた。

「このことは私共が悪いとさせてください...殴ってしまった事は私が許しますので...この事は他言しないで頂けると幸いなのですが...」

「「「「「「は、はぁ...」」」」」」

「ありがとうございます...ではこの話し合いは終わりということにしましょう...私は疲れてるんです...このダメ勇者の説教が大変でしてね...」

そう言うと執事はセレンを引きずり部屋を出ていってしまった。

去り際にセレンが「お前らなんて嫌いだ!クソ!バカ!アホ!」と叫んできた。
執事はセレンにゲンコツをお見舞し、こちらを向いて頭をさげる。そして退出していった。

ジンたちはまだ理解しておらず、とりあえず終わったの?と思い辺りを見回す。

すると他の国勇者からもなぜか謝罪されてしまい、もう何が何だかわからずジンたちは部屋を出ていった。

ハークス城を出てジンたちは宿へ戻っていた。

「な、なにがなんだかさっぱりなんですけど...」

「と、とりあえず無事に解放されたのでそれで良かったってことにしときましょ...」

「そ、そうだね...」

と言いジンたちは六人は同時にため息をついた。

その日は勇者の事で精神的に疲れてしまい皆は早めに寝た。

次の日の朝、ジンはダイコへとある相談をしに行った。

それは昨日見つけた防具を買いたいから少しの間ここに滞在してくれという相談だった。

ダイコは「この先まだ予定もないから別にいいわよ」と言いその願いを承諾した。

ジンは独りでは何かあった時対処出来ないと思ったので、回復のできる賢者のマーシュに付いてきてもらう事にした。

ランも誘おうと思ったのだが、その時はまだ眠っていたのでそっとしておいた。

ジンはマーシュに「わざわざついてきて頂きありがとうございます!」と言い、マーシュも「いえいえ、私でよければ力をかしますよぉ!」とガッツポーズをする。

そして二人はお金集めのためにモンスターを倒しに行くのであった。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く