話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

なんか勇者に嫌われたんですけど? 10

勇者セルノドとの決闘が明日に迫しジンは少し緊張していた。

ダイコや暗闇の中の女性が、いくら弱いと言っても自分よりは格上。実力はダイコ以上であるため、自分が勝てるのかと緊張していた。

『あぁ...勇者と決闘か...こっちの世界に来てからなんかずっと闘ってばっかな気がするんだよなぁ...まぁいい経験か』と思いながら、ベッドの上でゴロゴロする。

どうにも落ち着かず風に当たろうと外へ出る。
外はいつもと変わらず賑やかで綺麗な景色が広がっていた。だがジンはそんなことなんて気にしていられないほど緊張していた。

下を向きながらトボトボ歩いては早足になったりと、明日のことばかり考えてしまっていた。

そんな時

「あら?ジン?」

そこにはレベッカがいた。
何しているだ?と思いながら返事をする。

「どうも、レベッカさん何してるんですか?」

「暇だったからこの町を見ておこうと思ったの。ジンは何を?」

「いえ、どうも明日の事ばかり気になってしまって...緊張してしまっていて落ち着かなかったので風に当たろうと外へ出ていました」

「あらそう」

そう言うとランは肩を掴んでジンの目を見てこう言うのであった。

「いい?そんな固くなっていては見える物も見えなくて、出来ることもできない。でもね?しっかりと気持ちを持って、やるぞって気持ちになれたのなら、貴方は勝てるわ」

その励ましにジンは少し緊張が解ける。

「貴方は昨日1人の勇者に勝ったのですよ?なら明日も同じようにできるはずだわ」

「レベッカさん...」

ジンはどこかで負けるのが当たり前だと思っていた。だがレベッカの言葉を聞き、そんなことは無いか。と心の中で呟く。

「ありがとうございます!なんか緊張が解れました!明日は全力で挑んで勝ちます!」

「その意気ですよ。貴方ならできるわ。私は応援してるのだから。ほら、後ろの方も応援してるのでは?」

そう言われジンは後ろを振り向く。
そこにはランがワタワタしながら立っていた。

「ラン...」

「いや...その...外に出るジンが見えたから追ってきて...声をかけようと思ったんだけど...」

ランが喋っているところにジンは抱きつく。

「....っ!?!?じ、ジン!?」

「ごめんラン!俺少し落ち着いてなくて周りが見れてなかった!ラン本当にありがとう!」

「わ、私は何も!?!?」

ランの顔を真っ赤になり、あわわわわ。としか言わなくなってしまう。レベッカは笑顔でその光景を見ながら小さく『がんばれジン!』と応援するのであった。

宿へ帰りベッドの上で寝っ転がるとジンは目をつぶり深呼吸をする。

『明日は全力でやるんだ。負けるかもしれないけど一度だけのチャンスだ。全力でやらなきゃセルノドさんに失礼だ。やるぞ!』と心の中で何度も繰り返し、目を開く。

「じ、ジンお兄ちゃん...」

声がした方を向くと扉の所で立っているネイルがいた。

「おぉ!ネインか!どうした?」

「元気なさそうだったから...」

こりゃみんなに迷惑かけちゃったな...今度謝るか...

「悪かったな〜。今は元気だから大丈夫だっ!」

「ホント!!」

そういうとネインがジンへ近寄っていき、ジンはネインの頭を撫でる。ネインはニコニコしながら「明日がんばって!」と言葉をかける。ジンは「ありがとうな!」と言って撫で続けた。


翌日ジンは二度頬を叩き、「よしっ!やるぞっ!」と言葉にしてから闘技場へ向かう。

闘技場には既に勇者達とその執事達がいて、闘技場の真ん中にはストレッチをするセルノドがいた。

ジンはすぐに闘技場の真ん中へ行き同じくストレッチをする。

「ジンと言ったか?その様子だとどうやらやる気満々の様だな」

「ええ、やれるだけのことはやるつもりですよ!」

そのジンの目はやる気に満ち溢れており、見るものもやる気を出させるかの様な瞳をしていた。

「そうか、楽しみだ」

「僕もです!」

ジン、セルノドは準備が整い、両者闘技場の真ん中で睨み合う。

「ではセルノド=レン=ノット対ジンの決闘を行います!お互い武器は木刀でどちらかが気絶、もしくは参ったと言ったら決着です!両者準備は完了していますか?」

「ああ」「いつでも大丈夫です!」

「では初め!」

その合図と共に両者武器を構える。
ジンとセルノドはどちらも動き出しはせず、様子を見ている。
ジンは行くかまだ待つかを迷っていた。
セルノドはその事に気づき「こちらから行くぞ」と一言呟き地面を蹴る。

ジンはその言葉を聞き剣を持つ手に力をいれる。
そしてジンの目の前からセルノドが消える。

「...っえ?」

ジンは目で追うことができずセルノドを見失う。セルノドはジンの目の前に出現し、ジンは反応が遅れる。

「...ック!」

セルノドはジンの首めがけ木刀を振るう。
ジンは反応するのが精一杯でガードが少し遅れる。

そのまま少し後ろへ飛ばされるがすぐに体勢を立て直す。

『これが勇者の力か...攻撃が重くて、素早い...面白い!!!』

ジンは再び剣を持つ手に力を込めてセルノドと睨み合う。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く