話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

それは突然の出来事で 5

 リベンド目指して六日目。ジン達の疲れとストレスはピークまできていた。

「お風呂入りたいわ……」
「美味しい物が食べたです……」
「うぅぅ……また吐き気がァ……」

   三人は既に披露しきっており、ペースが少し落ちていた。

 それでも止まることはせず、一生懸命にリベンドを目指していた。

 するとようやく、物凄く大きなお城が見えてくる。そう。リベンドへ着いたのだ。

「あぁ……あの建物は……!? レベッカさん! もうリベンド国へ入っていたようですよ! あそこに見えるのは多分お城です! リベンド国へ着いたんですよ!」

 レベッカは、その事を聞くと「お風呂ぉぉお!!」と言いながら、物凄いスピードで駆けてゆく。

 ジンも負けじと、レベッカに付いていく。その時マーシュは「ゆ、揺らさないでぇ……で、でるぅ……オエッ」と吐きそうになりながらも、なんとか耐えていた。

 そして、走ること十分前。ようやくリベンド国最大の町、ベルネードルへ到着する。

 ジン達は、猛スピードで門を潜り抜け、猛スピードで宿を目指した。

 町の人達も、鬼のような顔で走ってくるジン達を見て「な、なんだぁ!?」と驚きながら道を開けていった。

 宿で部屋を取り、大急ぎで各部屋に設置されているお風呂へ入り、三人は「「「ふぅ〜! 気持ちぃ!」」」と声を上げるのだった。

 それから一時間後、一度ジンの部屋へ集まり、これからの事を話す事にした。

「間に合いましたね……正直な所、はち合わせしたら困りましたけど、運良くこれて良かったです」

「そうは言っても、あと数日で来るのでしょう?それにここを襲うとは限らないのでしょう?」

 そうなのだ。実は、女神はあの時、リベンド国が襲撃される。とは言ったが、それがどこの町なのかが不明だった。

 このベルネードルは、リベンド国の中で一番端っこにあり、オーキ国とリベンド国の国境線のすぐ傍にある。

 ジン達は、床に地図を広げながら、リベンド国の町を見ていくが、あまりの広さと町の多さに、苦悶の表示を浮かべる。

 なぜ女神は町を教えなかったのか? ジンはそればかりを考え、一つの答えに辿り着く。

 女神ばかりを頼るのではなく、自分達でなんとかしろ。という答えだ。
 だが、それはあまりにも無責任で、超過酷なものであった。

 二週間後、とは言ったが、残り一週間で町を見て回るのは、出来なくはないが疲労がかなり溜まってしまい、もしもの場合に万全の状態で、戦闘に臨む事ができなくなってしまう。
 それに、もしベルネードルが襲われるとして、それがジン達が出た後だったとしたら意味がない。

 その為、ジン達は時間をかけて考える。

「どうしましょう……」

 レベッカがそう言い、三人は考える。

「もし魔王幹部達が襲うとしたら、人が多い町ですよね? だとしたら、この国の中で一番大きなここの町で待つべきではないですか?」

 ジンがそう言うと、レベッカはその意見に賛成し、マーシュも頷いて賛成の意を示す。

「でももし他の町だったら……」

 レベッカが顔をしかめながら言う。

「ですが、前もそうでしたが、マッ町とレガン町では、被害の大きさがかなり違いました。それはきっとオーキ国の中で、レガン町が一番大きかったからだと思います。なので今回も大きな場所を狙うはずです」

 レベッカは悩みながらも「まぁそれはそうよねぇ……」と言う。

 マーシュは、特に意見を出す事はしなかったが、ジンの意見に賛成していた。

 話し合いの結果、ベルネードルへ残るという事になり、いつでも動けるよう三人の準備は万全の状態だった。

 その日は、ベルネードルは襲撃される事はなかった。

 次の日も……その次の日も襲撃される事はなく、一日か過ぎていく。

 そしてその日は突然のやってくる。

 夜、ジンは「今日も何もなかったなぁ……ここに来て四日。何事もない。このまま何事もなければいいんだけどなぁ……」

 そうジンが口にした時だった。

 外の方で大きな爆発音がなり、ジン達はすぐさま外へ出る。

 外に出るとそこは火の海と化していた。

 多くの住民は、悲鳴をあげながら、ジン達が入ってきた門とは反対の方向へ走っていく。ジン達はそれに逆らいながら進んでいく。

 門の傍まで行くと、そこには多くのモンスターと、空に飛ぶ一人の男と、恐竜の様な大きさのモンスターに乗る女がいた。

「お、お前は……」

「ん? ……あなたはあの時の……」

 空に飛ぶ男は、前にも一度出会っているレネードだった。

 ジンとレネードは睨み合い、お互いに殺気を向け合う。

 レベッカもレネードの方を見ていると、マーシュがレベッカへ尋ねる。

「あの空に飛んでる人が魔王幹部ですか?」

「そうよ……それと、あの馬鹿みたいにでかいモンスターに乗ってるのも多分魔王幹部だわ」

 その女からは、何物をも吸い込みそうなほどに黒いオーラが溢れ出ていた……

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー142510

    面白いのですが、
    誤字脱字が多いです。

    10
コメントを書く