話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

それは突然の出来事で 7

 ジンは剣を強く握りしめ、空飛ぶレネード目掛け、高く跳躍する。

「お前には負けない!!」

「貴方も少しは力を付けたようですね……最初から全開でいきますよっ!」

 そう言うと、レネードの身体から黒いオーラが溢れだし、それをレネードは纏う。

 ジンは剣を振るい、レネードは新調した杖を振るう。お互いの武器が交じり合う。
 ジンの力の方が少し勝り、レネードの攻撃は弾かれる。杖を持って腕が浮き上がり、右脇がガラ空きになる。そこへジンは蹴りを入れる。
 避けきれなかったレネードは、諸に蹴りを受け「グハッ!」と言いながら地上へ落ちる。
 ジンも静かに着地し、レネードへ向き直る。レネードは右肋を抑えながらも立ち上がる。

「クッ……ここまでやるとは思いませんでしたよ……どうやってその力を身につけたのです?」

「それは秘密でしてね、貴方に教えても特に意味の無い事なので」

「ケチな男です。ですが図に乗るのもここまでですよ?」

 先程よりも黒いオーラを身に纏い、レネードは杖をどこか異空間へ収納し、武器を装備せず、素手で構える。

「なんのマネです? 魔法しか使えないのでは?」

「いえいえ、私の本職はこっちなんですよ。魔法は念の為に覚えておいただけですので」

「そうですか……でも、僕には関係ない。ただあなたを殺す。それだけだ!」

「おぉ、なんと頼もしい」

 ジンは地面を蹴り、レネードの懐へ入り、右腕を切り落としにいく。
 だがレネードはそれに反応し、ジンの斬撃を躱し、ジンの後ろへ回り、蹴り喰らわす。
 ジンは避けることができず、吹き飛ばされる。
 レネードは、体勢が崩れたまま、ぶっ飛んでいくジンに、間髪入れずに攻撃を加える。

「先ほどまでの威勢はどこへ行ったのですか?」

「クソ……! 速すぎる!」

 ジンはなんとか振り切ろうと、剣を振り回し、レネードがそれを避ける。ジンは、レネードが距離をとった隙に、体勢を直す。

 ジンは血を地面に吐き捨て、レネードへ殺気を向ける。レネードも同じく血を吐き捨て、殺気を向ける。

「貴方は強くなりましたよ。あの時とは大違いだ。だが私には勝てない。今も貴方は劣勢だ」

「そんな事はどうでもいいんです。劣勢だの優勢だのは。僕は貴方を倒して町を守る。それだけです」

「本当に威勢だけは良くなりましたね。褒めてあげますよ。ですが……」

 レネードは、先程よりもさらにスピードを上げ、ジンの目の前へ近づき、数発の打撃を一瞬で放つ。
 ジンは反応する事ができず、何発もの打撃を喰らい、倒れそうになるが、剣を地面に刺し、膝を付く状態になる。
 だが、レネードはお構い無しにジンの顔面を蹴飛ばす。
 ジンはその蹴りを諸に受け、後ろ吹っ飛ぶ。

「ほら? 立ったらどうです? 町を守るのでしょ? ほらほらほら?」

 ジンは挑発される。だがジンは、怒りはすれど、絶対に冷静さは欠かなかった。

『うっぜぇ……でもここでイライラして、我を忘れて攻撃してたら相手の思う壺だ。俺にしかできない事があるんだ。それをやらなくてどうする!』

 ジンは立ち上がり、再び剣を構え、レネードを見る。その目はまだ死んではいない。

「ほう? まだ立ち上がるのですか。挑発されて苛立ったのでしょう? ほら、さっさとかかって……」

 その時だった。ジンの身体から、先程までとは桁違いの力を放つオーラが溢れだす。
 そのオーラを纏うジンの姿に、周りで闘っている者も、ジンの方を見て、手を止める。

「……!? なんだその力は……どうして隠していた!?」

 レネードは額に汗を垂らし、2歩3歩と後ろへ退く。その力に圧倒されながら。

「隠していたんじゃない。今の僕の"限界"を超えたんだ……貴方のお陰ですよ」

「限界を……超える……? 何を馬鹿なことを……そんなハッタリが通用するとでも思ってるのですか!?」

「ハッタリなんかじゃないですよ、正真正銘貴方のおかげです。もうここからは僕の独壇場ですよ?」

「ふ、ふざけたことを……! 私が負けるわけ……!」

 レネードが構えをとった刹那、ジンが目の前に現れる。それにレネードは反応できない。

 だが、何故かジンは攻撃をすることはせず「ほら? 僕に攻撃を当ててみてはどうです?」と挑発する。

 レネードはその挑発に苛立ち、回し蹴りをする。だが、回し蹴りをした後には、もうジンは目の前にはいなかった。

「ど、とこだ!?」

 レネードが声を荒らげていると、レネードは背中に今まで味わった事の無いような殺気を向けられ、振り向く事ができなかった。

「僕の限界を引き上げてくれたことを感謝します。そしてあの時、僕を殺したお返しを、ここで貴方に差し上げます」

「ッツ……!?」

 ジンは、レネードの首を横一直線に切断する。

 レネードは、声も上げずに、亡骸となる。
 首から噴水のように、血を吹き出していた。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー296582

    ど、とこだ→ど、どこだ

    1
コメントを書く