話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

それは突然の出来事で 8

「おぉ! 二対一か!? 仕方がねぇ、相手してやらぁ!」

「マーシュ、魔法はいつでも出来るようにしておいて! あのでかいのは……」

 レベッカが、どうしようと悩んでいると、横からダネットが話しかけてくる。

「嬢ちゃんたち! でかいのは俺が引きつける! だから気にせずに、その女とやりあいな!」

「ありがとうございます! では任せます」

 レベッカ、マーシュは、メルノドへ向かい、ダネットは恐竜の様なモンスターを誘き寄せる。

「でかいなぁ……、それに多分強いな。腕がなるなぁ! 久々に滾ってきたぁ!!」

「ダネットさん、なんか独り言がでかいんですけど……怖いんですけど」

「でも頼りになるのは確かだわ。今はそれよりもあの魔王幹部よ」

「そうですね、わかりました。回復支援は任せてください!」

「えぇ。あの相手だと多分本気でやらざるを得ないからね……」

 そして、レベッカ、マーシュは、メルノドと対峙する。

「二対一かぁ……。きちぃけどやるしかねぇからなぁ……まずは小手調べと行こうか」

「独り言もそこまでくると恥ずかしですよ? 少しは抑えたらどうかしら?」

「あぁ!? うるせぇ! そんなこたぁいいからさっさとかかってこいやぁ!」

 レベッカは『本当に頭のおかしい人だわ……』と思いながらも、拳に力を入れ、オーラを纏い、構えを取る。

 メルノドも、ガラリと変わった雰囲気に、先程まで笑っていた顔の表情を変え、真剣な目つきになり、メルノドも同じく黒いオーラを纏い、構える。

 両者数秒睨み合ってから、全く同じタイミングで地面を蹴り、突進をする。

 二人のいた距離から、丁度真ん中の辺りで、レベッカとメルノドの拳が交わる。

 爆発音と同時に、衝撃波の様なものが巻き起こり、地面が円状に抉れる。

 レベッカとメルノドはお互いに、一瞬睨み合った後、一秒の間に、何発もの攻撃をし合う。

 それを見ていたマーシュは「す、すごい……」と声を漏らす。その激しい攻防は、数十秒続く。

 レベッカとメルノドは、攻撃を身体に当てられずに、一旦距離を取る。
 お互いに息切れはしておらず、怪我をした様子もない。

「あの魔王幹部……女のくせに重い攻撃をしてくるわ……それに素早く的確に急所を狙ってくるわ」

「どちらが上かわかります?」

「……」

 その問に、少し間を置いてから、レベッカは答える。

「多分……あっちの方が強いわ」

「そんな……」

 マーシュは、一瞬負けてしまう事をイメージするが、その考えも、レベッカが発した言葉によって、頭からその考えが抹消される。

「でも負けはしないわ。だって、今私、心の底から力が湧き上がってくるんですから」

 そう言うと、レベッカの纏っていたオーラが、さらに濃くなる。

 先程よりも、強い力を感じ取ったメルノドは「そうこなくっちゃなぁ……」と呟き、全身に力を込め、さらに力強くて黒いオーラを纏う。

 二人は、数歩前に出た後、お互いに睨み合う。

 先に動き出したのは、メルノドだった。

 メルノドは、最初に突進した時のスピードよりも、何倍も速いスピードで突進をする。
 レベッカは、その速すぎるスピードに、反応するのが精一杯で、目の前に現れたメルノドに攻撃ができなかった。

 メルノドは突進の勢いのまま、レベッカに強烈な攻撃を仕掛ける。

 レベッカは、ギリギリの所で攻撃を防ぐが、あまりの力強さに、後方へ吹き飛ばされる。

 数メートル飛ばされたレベッカは、すぐに立ち上がるが、立ち上がった頃には目の前にメルノドが迫っていた。

 立ち上がったばかりのレベッカには、どうすることも出来ず、諸にメルノドの攻撃を受けてしまう。

「クッ……」

 レベッカは、更に後方に飛ばされ、地面に血反吐を撒き散らす。

「レベッカさん!!」

 すぐさまマーシュは、レベッカに回復魔法をかけ、体力を回復させる。

「ありがとうマーシュ。はぁ……はぁ……。正直今のは効いたわ。彼女強すぎるわ」

「でも、負ける気はないんですよね?」

 マーシュが含んだ様な言い方をし、その言葉にレベッカは「ふふっ……当たり前よ」と微笑を浮かべる。

「まだまだここからですよ! 魔王幹部さん!」

 レベッカが立ち上がりながら言うと、メルノドは一瞬驚いた顔をした後、声を上げ笑う。

「今の喰らって生きてんのか!? 結構本気で殴ったつもりだったんだけど? あと、私の名前はメルノドだ! 魔王幹部さんなんて呼ぶんじゃねぇ! それに、あんたはおもしれぇ……殺したくて仕方がねぇ……」

 そう言いながら向けられた殺気に、レベッカとマーシュは、恐怖を覚える。

「さぁ……第二回戦目といこうじゃないか……」

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く