話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

どうしてこうなった? 10

「おい嘘だろ!? なんであのへレーナ=ワズさんが隣に男を連れてるんだ!?」

「それも風呂にだぞ!? 数多の告白を蔑ろにしてきたあのへレーナ=ワズさんが!?」

「キャー! へレーナ=ワズ様がお風呂で男性と歩いてるわ!」

「あのぉ……これじゃあまともに朝食も食べれないんですけど……」

「こればかりは私もどうすることも出来ないわ」

「「「宿で朝食を取れれば……」」」

 レベッカとマーシュとエレンは、小声で呟く。

 ―それは少し前の事。

「ふはぁ〜。あら、ジン、おはよ。朝早いのね」

「えぇ。なんてったって寝てませんからね……」

「何ですって?」

「なんでもないですよ。それよりへレーナさん。ヨダレがついてますよ?」

「ほえ?」

 間抜けな声を出しながら、口の周りを触って確かめる。へレーナの口の周りはヨダレだらけだ。

「ジン。貴方は何も見なかった。いいわね? もし誰かに言ったりでもしたら粉微塵に吹っ飛ばすからね?」

「もはや脅迫ではなく殺害宣告ですよねそれ!? 絶対に言いません。死んでも言いません!」

「ならいいわ……」

 そしてへレーナは、急いでヨダレを拭く。

 それから数分後、マーシュも起き上がる。

「……ここはどこ? ……っは、宿か……」

「おはようございますマーシュさん」

「おはよ……すぅ……」

「二度寝した!?」

「私も……」

「へレーナさんも!? 僕も寝たい……のに寝れないっ!」

 ジンは悲しくなり、もう時刻も8時を回っていたので、とりあえず自分だけでも朝食を取っておこうと、宿主へ尋ねに行く。が、ここでは朝食だけら作っていないと言う。また何とも珍しい事だ。

 仕方ないと思ったジンは、財布を取りに部屋へ戻る。

 財布を取り、寝てはいるが、一応聞いてるかもしれないと思ったジンは「朝食食べに行ってきまーす」と言うと、マーシュとへレーナが一瞬で起き上がる。

 その数秒後、隣の部屋からは、レベッカとエレンが、早く行こうと言わんばかりの顔をしてやって来る。

「そ、そんなにお腹が空いてたんですね……」

 そして、外を歩き出すと、周りの過ぎ行く人は皆、ジン立ちの方を見てざわざわとしだす。

 そのざわざわが次第に大声になり、大事となり、早く店に入りたかったジン達は、近くにあった店へ入る。

 ―そして今に至る。

「へレーナさん。貴方が原因ですよねこれ……僕こんなにじろじろ眺められるのは嫌なんですけれど……」

「仕方ないじゃない……私、本当に異性には疎かったから……」

「じゃあなんで僕に声をかけたんです!?」

「だって……人通りの少ないベンチでさ、可愛い男性がさ、座ってたらさ、勇気出して声かけてみたらさ、いい子だったからさ……」

「いい歳して……160年本当に異性とは付き合いが無かったんですね……」

「年齢は関係ないでしょ!?」

「わかりましたよ……そろそろ朝食が来る頃ですね」

「「「私達も会話に混ざりたい……」」」

「なんか言いました?」

「「「お腹空いたなって……」」」

「そうですか!」

 レベッカ、マーシュ、エレンは、はぁと溜息をつく。

 へレーナは、160年間、一度も体験したことの無い体験をしており、心底嬉しそうだ。

 ジンは、今になって睡魔が到来し、うとうとしていた。

 それから暫くして、朝食が運ばれてきたため、朝食を食べる。食べ終わったら、すぐに会計をして店を後にする。

 どこへ行こうにも、周りの目が気になってしまい、なかなか自由に動けなかったため、夜の時間まで宿で、時間を潰すことにした。

 宿へ戻り、五人はジンとマーシュの部屋で円になって座っていた。

「これだと温泉へ行けませんね……」

「そうね……人気の無い温泉があればいいですけど……」

「ないことはないわ。ただし……」

「あるんですか!? それはどこですか!?」

「それはね……神の湯という所よ」

「神の湯? ……ってどこにあるんです?」

「ここには一つ、大きな神社があるの。そこは女神様を奉る神社でね? そこにこの町の中では最高の温泉があるのだけれど、そこは女神様のために用意したもの。だから私達が入ることは固く禁じられてるのよ……」

「「「ん? 女神様だって?」」」

「何よ……三人仲良く声なんか揃えちゃって」

 エレンもキョトンとした目でジン、レベッカ、マーシュの三人を見つめる。

「レベッカさんどうしますか……」

「だめよ。これは誰にでも話せるものではない。だから却下よ」

「私もそれに賛成です」

「さすがに今回のは話すほどよ事でもないですからね……へレーナさん、そこは却下で」

「ま、まぁ最初から行く気はなかったのだけれど……」

 へレーナは、どうして三人で話し合ったの? という顔をしているが、ジン達は知らんぷりをする。

 まぁなんでかって言うと、女神のために用意された温泉があるなんて言ったら、あのバカ女神は調子にのるからなんですけど……

『へっくしょぉぉん! わぁ!? 鼻水が両方の鼻から出ちゃった!?』

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く