冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

どうしてこうなった? 13

「……うっ、うぅ……はっ!? ここは……宿か……?」

 目覚めると、ジンは布団の中にいた。周りには誰も居らず、自分は浴衣を着ており、少し頭やら顔やらに痛みが生じる。

「痛ててて……なんでかわかんないけど顔中が痛いんだけど……それになんで僕はここで寝てたんだ?」

 う〜ん……、と唸りながら昨日あった事を考える。

「確か……女神様と話したのは覚えてる……そこで時間つぶして……町に戻った……それからぁ……あれ? 全く記憶が無い……疲れすぎて寝たのか? イヤでもそれはないなぁ……わっかんねぇ」

 ジンは考えるのをやめ、とりあえず起き上がることにした。が、下半身にもかなり痛みがあり、立ち上がろうとすると痛みが走る。

「痛ってぇ!? なんで全身痛いの!? 筋肉痛ってわけでもないし……寝相悪すぎて壁にぶつかりまくったとか?」

 ますますわからなくなったジンは、自分に何があったのか聞こうと思い、レベッカとエレンの部屋へ行く。

「レベッカさん達なら何か知ってるかもしれないな」

 痛むのを我慢しながら歩き、玄関から出て、隣の部屋の扉をノックする。

「レベッカさーん、エレンさーん! いますかー? 聞きたいことがあるんですけどー?」

 反応がない……外に出かけてるのか? いや、でも今は真夜中だしなぁ……

 そう思い、ジンはもう一度呼びかけてみる。

「あのぉー? 誰か居ないんですかー?」

 ……やはり返事は無い。寝てるのか? まぁいいか。僕も寝よーっと。

 そのまま部屋へ戻り、再び布団の中へ入り、ぐっすりと眠る。

 朝になり、目が覚めたジンは、欠伸をしながら起きようとする。が、何故か布団でぐるぐる巻にされており、固く紐で結ばれているため、抜け出す事ができない。

「な、なんじゃこりぁ!? なんで拘束されてんの……」

 周りを見渡してみたいが、うまく首が動かせないため、うつ伏せになり、イモムシの様に動きながら体の向きを反対にする。

 体の向きを変えた先には、五人分の足が目の前にあった。

「足だ。……ってことはレベッカさん達ですね! なんでこうなってるのか、教えて頂けると嬉しいんですが?」

「……知りたい?」

 へレーナさん、やけに怒りが篭った声だなぁ……朝起きるのが遅すぎたからか?

「もし寝坊してしまったとしたら謝ります。でも今までそんな事は無かったので、差し支えなければ教えて下さい!」

「やけに丁寧な言葉を使うのね? ということは、昨日の事をわざと忘れたフリをしているのかしら?」

 昨日の事? 特に何も無いはずだが……まさか記憶が無くなってる部分でなにかやらかしたとか……そんな馬鹿な……それはないな。うん。断言出来る。だって僕はそんな男じゃない!

「何のことです? 僕はどうしてこうなってるのか知りたいんですよ? 昨日何かあったわけでもないのに……」

「何かあったわけでもない……ですって?」

 え!? 何か殺気が感じられるんですけど!? 怖い怖い怖い怖い!!!

「あのぉ……勘違いだったら申し訳ないんですが、何だか殺気を向けられてる気がですねぇ……」

 段々と強まる殺気。ジンは笑顔を作ったはいるものの、大量の汗をかいている。

「や、やだなぁ! 何か答えてくださいよぉ! 本当の事を言うと、昨日の夜の記憶だけ抜け落ちてるんですよねぇ! な、なんでかなぁ? お酒でも飲んだのかなぁ!? あ、僕未成年だっけ! あははは……」

「ふ〜ん……夜の記憶がない……そんな嘘が私達に通用すると思っているの?」

「え!? う、嘘じゃないですよぉ!? 本当に記憶が無いんです! 本当です!!!」

「本当?」

「ほ、本当ですよ! 疑わないでぇ!?」

「……いいわ。じゃあ本当にそうなのか確かめてあげる。昨日夜どこに行ったかわかる?」

「夜? 夜……よる……いえ、何も思い出せません。どこへ行ったんです?」

「……温泉よ」

「温泉……どこのです?」

「逆に聞くわ。一番最近行った温泉はどこ?」

「最近ですか? えぇっとぉ……」

 一番最後は……あれ? 待てよ……なんだか思い出してきたような……

「さぁジン。早く答えなさい? ココ最近で行った温泉は?」

 温泉は……。……思い出しちゃった……ここはしらばっくれよう……

「ここの一番大きな温泉ですよね?」

「……本当にそうかしら? じゃあそこではバスタオルを渡されて、それを体に巻いて入るってことは知ってるわね?」

「え? それは昨日の夜に行った……あっ」

「あら? やっぱり覚えてたのね?」

 ジンは大量の汗をかく。もう布団はビショビショだ。

「話を聞いてください! 違うんです! 本当にさっきまで記憶が……それ僕の剣!!! やめてっ! 剣先を僕に向けないで!!」

「じゃあ皆でこの剣をジンに、順に刺していきましょう。ジンを殺せたらその人の勝ちね?」

「「「わかったわ」」」

「やめでぇぇぇえ!!! それは本当にシャレにならないですよぉ!? わかりました! 僕が悪かったです! あれは悪気があったわけじゃないです!! お願いだから話を聞いて!?」

「問答無用!!!」

「うぎゃぁぁああああ!!!!」

 その後、三時間に渡る説教と、五時間に渡るジンの土下座により、ジンはお許しを貰う。

 汗でビショビショになった布団に、本気で殺しにくるへレーナ達に、ジンが本気でビビってしまい、漏らしてしまったのは、ジンしか知らない……

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く