話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

僕が守らなきゃだめなんだ 8

「今、何が起きたんだ……」

『ジン! やはり今逃げるべきです! 今攻撃に反応できるレベルになってから闘うべきです! 今はまずい!!』

「何を言ってんるです……ぶはっ」

 ジンはその場に血反吐をぶちまける。

「僕は今何をされたんですか? 僕には全くわからなかった……なんでこんなところまで吹っ飛ばされたんです?」

『だから言ってるでしょう! 早く逃げるべきだと!』

「もう何がなんだかわからない……」

「なにをベラベラと独り言を言ってるんです?」

「はっ?」

 またもムルドの声が後ろから聞こえ、後ろを振り向こうとする。が、振り向く前にまたもジンは吹っ飛ばされていた。

「ぶはっ!? 何が起きて……全くわからない……」

 レベッカ、マーシュ、へレーナはただ呆然と立っており、誰も理解ができない状況にあった。高レベルなへレーナでさえも。

「ジンはいつ攻撃されてるの? 私には全く見えない……ありえないわ……」

「「…………」」

 へレーナの呟いた言葉に、レベッカとマーシュは沈黙で答える。そんなのは当たり前だ。へレーナで分からなければレベッカとマーシュにだって分かるはずがない。

「……ぐはっ」

『ジン早く逃げて! このままでは死んでしまうのよ!? 前見たく生き返れるか分からないのよ!?』

「女神様……そこまで……ぐはっ!?」

 ジンは突然宙に浮かび上がる。いや違う。ムルドに胸ぐらを掴まれているのだ。

「お前は……何者なんだ?」

「はい? だから言ったでしょう? 魔王様の側近だと……強いですよとも言いましたよね? それに、その力……女神ですか?」

「……!? なぜそれを!?」

「まぁ私クラスの者はまだ魔王軍には多くいますからねぇ……気づく者も多いでしょう。こんな神聖な力を感じるのは初めてですがねぇ……」

「「「ジン!?」」」

 ジンが胸ぐらを掴まれ、持ち上げられると知り、レベッカ達は走ってジンの元へ行く。

 そして、レベッカ達はすぐさまジンを持ち上げているムルドへ攻撃に移る。

 へレーナも全力の魔法を放つが、全く効いていない様子で、ムルドは溜息を吐く。

「はぁ……貴方達はそんなに死にたいんですか? 女性の方に手を出すのは趣味じゃ無いんですけどねぇ……仕方がありません」

 そう言ったムルドは、レベッカに向けて手を出し、魔力を込める。

 それにいち早く気付いたジンは、"神力"を使い、ムルドの顔面を蹴飛ばす。

 出し惜しみをしていた訳では無い。発動する余裕が無かっただけだ。だが、今はチャンスだと思い、ジンは迷うことなく発動させた。

 その攻撃がムルドの顔面に当たると、溜め込んでいた魔力が消え、ジンの掴んでいた手の力は弱まり、その隙を狙って拘束から逃れる。

「痛たたた……さすがに今のは驚きましたよ……それほどの力を持っていたとは……欲しくなりましたねぇ……」

 ジンは一旦距離を取り、呼吸を整える。レベッカ達もジンの元へ集まった。

「欲しい……ですが勿体ない……私に擦り傷を追わせられたのは貴方が初めてだ……それ故に惜しい……私はもっと熱い闘いがしたいのです……」

「何を今更! ネインを非道な手で殺しておいて、そんな言葉が信用できるか!?」

「いえいえ、これは本心ですよ。まぁ先程のはわざと貴方を怒らせようとしただけなんですけどね?」

「そんな事のために……ネインとダイコさんを……」

「よし。ではこうしましょう。貴方に半年猶予を与え、その半年で強くなってもらいます。それから私と闘いませんか? それならどうでしょう?」

「だから言っただろう! そんな言葉が信用ならないと!」

「残念ですねぇ……ならば仕方が無い。貴方達にもこの黒玉を使いますか……」

『まずいわ!!』

 ムルドは真っ先にジンの元へ向かう。それに気づいた女神は、なんとか逃げるように指示を出す。が、それは遅い。もう既に目の前まで迫っていた。それにジンは気づいてはいない。

『こうなったら……!』

 ムルドがジンの口の中へ黒玉を入れようとした瞬間だった。ジンとムルドの間に突然光の玉が出現し、その光の玉が黒玉を吸い込む。

「……!?」

 ムルドは、その光に黒玉を呑み込まれた後、危険を察知し後ろへ下がる。ジンはその時ようやくムルドが近づいていたと知る。

 その光の玉は、徐々に黒い光へと変わっていき、その場から光は消えてしまう。

「今のは……あれ? 僕の体からオーラが出ていない……まさか!?」

「今の光はいったい……それに突然あのガキの力が弱まった……?」

「女神……様?」

 そう呼びかけても返事ない。無意識に"女神の加護"を切ってきまったのか? と思い、再び発動させようとする。が、それは発動しない。

 そして、ジンの頭の中で掠れたような声が聞こえてくる。

『ジン……私は黒玉を吸い込み、あなたの身体からは私の力は無くなっています。だから、今すぐここから逃げて……じゃないと、助けた意味が……』

 その言葉は、そこで途切れる。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く