話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

与えられた試練 11

「あれは……レベッカさんの過去に関係のある人なんですか?」

「そんなの違うわ。知ってると思うけど、この幻惑の中での人には触れられない。だけど彼は私に攻撃を仕掛けてきたのよ、それもこの幻惑魔法をかけられて、ここの世界に来た瞬間にね。それで逃げてたらここに来たってわけ。
 それよりジン、貴方どうやってここに来たの?」

「それは話すと少しだけ長くなります! 今は目の前の敵に集中しましょう」

「そ、そうね……」

 ジンとレベッカが、二人で話し合っていると、目の前に立っていた男が、突然、ジンに殴り掛かる。

「……シネ」

 ジンは、その呟きが聞こえ、思わず言い返す。そして反撃する。

「そうはいかないですけど」

 ジンは右に躱し、最小の動きで攻撃を繰り出す。それを避けることが出来ない相手は、脇腹にジンの殴打を食らう。

「クッ……ヤッカイ、ココデコロス」

 なんでカタコトなんだ? まぁいいや。レッドさんよりも百倍弱い。すぐに終わらせる。

 ジンは、その呟きには何も答えず、早めにケリをつけたかったため、全力で攻撃にかかる。

 その容赦ない攻撃に、相手は何も反応できず、ただ一方的にやられるだけの状態となる。そのまま、ジンの猛攻は続く。

「すごいわ……ジンは強くなってる、確実に。わたしもやらなきゃ……!」

 ジンの姿を見て、レベッカにやる気が満ちる。ギュッと拳を握り、強くなる決意をする。

 やがて、ジンの手が止まると、相手は音もなく塵となって消え去っていく。その瞬間、目の前がどんよりと歪み、来た時と同じ様な感覚に陥る。

 うぅ、またこの感覚か……って事は終わったって事だな。良し、次だ!

 暫くして、意識が自分の体に戻り、ジンはすぐさまレベッカを確認する。すると、隣で、ゆっくりとレベッカが起き上がる。ジンはそれを見て、ホッとする。

 だが、次の瞬間。ジンは強烈な疲れが一気に押し寄せる。

 な、なんだこの疲労感は!? まだ数分しか経ってないだろ!?

『ジン、良くやったわ。辛いとは思うけれど次に行くわよ、頑張って……』

 ジンは、何も言わずに頷いたが、確かに見た。ホワイトが何かを隠しているような顔をしているのを。だが敢えて言わなかった。

 横ではレベッカが、キョロキョロと周りを見て、自分が元の体に意識が戻ったことに、安堵している。

 ジンには言葉を掛けている時間などない。ホワイトに、魔法を掛けてもらうよう言い、次はマーシュの幻惑魔法へと干渉する。

 視界が歪み、暫くして視界がハッキリとする。次は、どうやら草原にいるらしい。風が吹き、空には太陽が登っている。

「早くマーシュさんを……あれは?」

 周りを見回していると、不自然な形に穴が空いている空間があった。これはきっと、ダンジョンの入口だろうと、ジンは予想した。

「さっきは地面を壊したけど、ここに入口みたいなのがあるなら壊さなくて済むな!」

 ジンは、躊躇うことなく穴へと入っていく。中はレベッカの時と同じで少し薄暗い。

 ジンは、先程と同じ様な気を感じ取り、その気を感じる方へと足を運ぶ。

「にしても、何もモンスターとかは居ないのか……一匹も居ないなんて、なんか味気ないな」

 そんな事を言いながら探索していると、時々魔力の様なものをチラホラと感じる。

「これは魔力か……? さっきとは変わって魔法を使う相手か……なら特訓に丁度いいな」

 ジンは気を感じる方へ進んで行き、やがてその場所へと到着する。

「マーシュさ……」

 そこまで言うと、ジンは言葉を失う。

 なんと、マーシュがボロボロの姿で、血に伏せていた。周りには血が散乱しており、それはマーシュの物だとわかる。

「トドメ……」

 そう杖を持った相手が言うと、手を上にあげ、魔力を貯め始めた。これは先程よりも強いものだ。

 ジンは、一瞬でマーシュと敵の間に割って入り、敵の腹を殴って吹き飛ばす。敵はダンジョンの壁に激突し、砂埃が舞う。

「マーシュさんしっかり! マーシュさん!」

「あぁジン……もう死ぬかと思ったわ……」

「大丈夫です! もう安心して……ハッ!」

 ジンは、マーシュを両手で抱え、体だけを起こして安否確認をしていると、後方から魔力を感じ取り、ジンは咄嗟に身を屈め、魔法を避ける。

「っぶねぇ……マーシュさん、ここで休んでてください! 絶対助けますから!」

「……ありが……とう」

 マーシュはそう呟くと、残った力を振り絞り、自分に治癒魔法をかけ始める。それを確認したジンは前へと向き直り、吹き飛ばした相手を見る。

「お前は許さない。すぐに殺す!」

 壁に埋もれた敵はゆっくりと出てきて、こう呟く。

「オマエキケン、ココデコロス」

 そして、ジンは全速力で敵へと攻撃を仕掛ける。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く