話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者は最強職ですよ?

夏夜弘

もう負けない 3

「お前を殺せるぐらいに成長したんだよ」

 ジンは、ムルドに強烈な殺気を向ける。その瞬間、ムルドの背筋は凍り付く用な感覚に陥る。

「こ、殺すだって? あの時何も出来なかったお前は、今回も同じくただやられるだけなんだよ!」

「それはやってみないと分からないだろ?」

「戯けが……やれるものならやって……!?」

 ムルドがそう言った瞬間、ジンは、その場の誰にも視認不可能なスピードで、ムルドの目の前へ行く。

「これでどうだ?」

 ジンは、軽く鼻で笑い、ムルドの腹にアッパーを決め込む。ムルドは、その強烈さに、血を地面にぶちまける。

「ブハッ……! クソッ! こんなのはマグレだぁ!」

 ムルドは、完全に頭にきて、最初から全部を出し切るくらいの勢いで、襲い掛かってくる。

「シネシネシネ死ねぇ!!」

 ムルドの攻撃は、確かに前回の闘いよりも、何倍も早くなっている。だが、ジンはそれを軽々と避けていく。

「ジンに……ジンに何が起きてるの……?」

『我には分かる……多分ホワイトもだ……』

『えぇ、わかるわ……あれは……』

『そう。あれは間違いなく我と同じ力だ。つまり今、ジンが纏っているオーラは龍のもの。もっと言えば我と同じ物と言っても過言ではない』

『えぇ。それに、多分レッドに引けを取らないくらいに強い。私なら多分負けちゃうわ』

「そ、そこまで……」

 レベッカ、マーシュ、エレンはそれを聞き、もしかしたら魔王も……と思うが、それもすぐに覆される。

『だが魔王には届かない……況してやジンには女神の力がない。あればもしかしたら話は変わってるがな……』

 へレーナもその意見が正しいと、首を立てに降っている。

『まぁ今はそんな事は考えなくていい。目の前の敵に集中を……』

「いえ、レッドさん……それが……」

 へレーナが、レッドの言葉を遮り、魔王軍の方を指を指す。そこでは、ムルドに攻撃を続けるジンに、周りの魔王幹部達が、何人もの束になってジンに攻撃を仕掛けていた。

『流石にジンでもあの人数の相手は……!』

 そう言った瞬間、ジンに五人ほどの魔王幹部が飛びかかる。それも、かなりの強さを持った者達だ。レッドは、不安に思い、冷や汗を垂らす。が、そんな心配は無用だ。

 飛びかかって数秒後、そのもの達が、血を吹き出しながら宙へ飛んでいく姿を、レッド達は確認する。

『まさか……!』

 レッドは興奮する。目の前の状況に、不安が一気に消え去る。

「何人で掛かってこようと同じだぁぁ!」

 耳を塞ぎたくなる様な、ジンの叫び声が聞こえてくる。

 次は十人で飛びかかる。その人数は、流石のジンも対処しきれず、取り押さえられ、ムルドの怒りの鉄拳を食らう。

 ジンは、殴られた勢いで、レッド達の元へ飛んでいく。

 上手くレッドが受け止め、そこで一旦激しい攻防がストップする。

「クソ……魔王幹部があっさりとやられただと……私もいよいよ出し惜しみはダメな様ですね……」

「出し惜しみ? 今のが本気だろ?」

「魔王様の力を使えばお前など……」

 そう言うと、ムルドが何かをブツブツと喋り出す。他の魔王幹部達も、ムルドへ向けて手をかざし出す。

 数秒後、その魔王幹部達から、黒い靄のようなものが現れ、ムルドに吸い込まれていく。

「な、なんだこの膨れ上がっていく力は!?」

「だから言っただろぉ!? 魔王様の力を使えばお前らなどどうってことないと!」

『ジン、まずいぞ……あれは我でも太刀打ちできん!』

「まさか……」

 だが、この時、ジンにはまだ自信があった。それは、もう一つの新ユニークスキル"龍人化"だ。

 だが、これは最後の手段としてとっておこうと決めていた。そのため、まだ使う時ではないと判断した。

「フハハハハハハ! このパワー! 何でも出来そうだ!」

 力を失った周りの魔王幹部は、力なく倒れていき、塵となって消えていく。

『魔王の力に周りの魔王幹部の力……かなりの力があるぞ!』

「貴様たちに今の私を止める事は不可能だ!!」

『ジン、一緒にやるぞ!』

「…………」

『おいジン! 聞いておるのか!?』

「……レッドさん、僕一人にやらせてください」

『何を言って……』

「僕は仇を取りたい。ネイン、ダイコさんの分の。だから僕にやらせてください」

『ジン、お主まだ……』

「大丈夫です。僕は冷静です。それに、まだ僕には『秘策』があります」

『秘策……だと?』

「はい。だから見ててください。成長した、僕の姿を」

 そう言い、ジンは、不敵に高らかな笑い声をあげている、ムルドに、殺気を向ける。

「冒険者は最強職ですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く