美少女同級生が新たな家族に!!

藤航希

デートのエピローグ

 夕食を終わらせた俺たちは、ショッピングモールの出口にいた。まだ外には出ていない。
 それには一つだけ理由があった。それは……

「あの……雪村さんの家ってどこ?」

 これである。
 頭の中でどの道順で帰ろうか考えようとしたら、そういえば雪村さんの家ってどこ?ってなったのだ。送るといいながら、これはかなり情けなかった。
 でも仕方ないじゃないか。雪村さんと接点なんて今までなかったんだから。それなのに住所を知っていたら、ストーカーを疑われるだろう。

「えっと…知らないのに送ってくれようとしたの?」
「うっ……ごめんなさい」

 返す言葉もなかった。

「謝らないで。送ってくれようとしたのは、その…嬉しかったから」

 雪村さんは笑顔でそう言ってくれた。
 俺はその言葉と笑顔でいくらか気持ちが楽になった。

「じゃあさ…一緒に帰ろう?私、まだ雨宮君と話たいから」

 そして、雪村さんの今の言葉は嬉しかった。
 俺は、ここで別れるのは悲しいと思っていたから。

「うん。わかった」

 だから、俺も雪村さんと帰ることを選択する。

「じゃあ、行こう雨宮君」

 来た時とは違い、帰りは雪村さんが先導していく。
 こうして、俺たちはショッピングモールから外に出た。



 外はすっかり暗くなっていた。空には少し雲があり、月を隠している。
 その中を俺たちは、会話もせずに無言で歩いていた。
 人が多いところで話すこともない、と二人して思ったのかもしれない。
 ショッピングモールから数分歩き、住宅街に入った。
 ここには俺たち以外に人はいなく、足音は二人分だけだ。そして、それ以外の音もなく、今この瞬間は、この世に二人しかいないのではとさえ思えてくる。
 そんな中で、俺は雪村さんに話しかけていた。

「今日はどうだった?」
「楽しかったよ」
「そう。ならよかった」
「雨宮くんは?」
「もちろん、楽しかった」

 本当に楽しかった。いつもの友達と行くのとは、全然違った楽しさだ。
 それに、学園では見ることができない、雪村さんを見ることができた。
 それは、褒めたりすると顔を赤くする、恥ずかしがり屋な雪村さんだったり、単なるゲームソフトに興味を持つような、好奇心旺盛な雪村さんだったり、勝負事で負けたら悔しがる、負けず嫌いな雪村さんだ。
 どれもこれも、学園のアイドルとは思えないものだった。
 俺は雪村さんを普通の女の子として接すると決めたが、その選択は間違っていなかったと今確信した。
 なぜならそのおかげで、アイドルという衣装を着せられた雪村朱音ではなく、本物の雪村朱音を少しは見ることができたのだから。
 そう考えていると俺の中から、学園のアイドルと呼ばれていた雪村朱音は消えていった。

「また、行きたいなぁ……」

 雪村さんの今の言葉は、つぶやく程度の声量だったが、しっかりと俺の耳に入ってきた。
 それは単なる独り言だったのかもしれない。
 しかし、俺はその独り言に応えた。

「そうだね。また機会があれば行っこか」
「うん!」

 雪村さんからは嬉しそうな声で返事がきた。
 それから俺たちは、また無言で歩いていた。
 行きとは違い、息苦しさとかは感じない。
 ある程度は雪村さんと、良い関係になれたということだろう。
 これはきっと今日のデートのおかげだ。父さんたちには感謝しないとな。
 そんなことを考えてると、雪村さんが話しかけてきた。

「そういえば、お母さんたちは何してたのかな?」
「う~ん…何してたんだろう?」

 そういえばそうだな。
 俺たちをデートに行かせておいて、父さんたちは何をしてたんだろう。
 雪村さんに言われるまでは、まったく気にしてなかったな。いや、そんな余裕がなかっただけか……
 今はそのくらいの余裕はあるので、少し考えてみることにした。

「う~ん…引っ越しの話、とか?」
「ああ、そっか!再婚するんだから、これから同じ家に住むことに、なる、もん、ね……」

 雪村さんは、言ってて恥ずかしくなってきたのか、どんどん声が小さくなっていった。
 雪村さんが恥ずかしがってるせいで、俺も恥ずかしくなってきた。

「そ、それなら、いつでもゲームできるね」
「そ、そうだね。楽しみだよ」

 俺は話を変えるように、関係のないことを言いった。雪村さんもそれに便乗する。
 二人して、無理やり話を切り上げた感じだった。
 それから俺たちは、また無言で歩く。
 今度はさっきの会話のせいで、少しだけ居心地が悪かった。
 それからしばらく歩いたところで、雪村さんは一つの家の前で立ち止まった。

「着いたよ。ここが私の家」

 いつの間にか、雪村さんの家に着いていたようだ。

「ここが雪村さんの家かぁ……」
「うん。そうだよ」

 初めて見たが一階建ての立派な家だった。
 そして、ここに着いたということは、今日の楽しかった時間も終わりということだ。
 そう思うと、残念な気もするが仕方ないだろう。なんでも終わりはつきものだ。

「今日はありがとう。楽しかったよ」
「こちらこそありがとう。それじゃあ、またね。雪村さん」
「うん…またね……」

 別れのあいさつはすぐに終わった。
 それから、俺は雪村さんに背を向ける。
 そして、俺は、一歩、二歩と歩いていった。

「待って、優君!」

 すると、後ろから突然、俺を呼ぶ声がしたので立ち止まり振り返った。……って、優君!?

「……」

 俺は何が起きたのわからずに呆然としていた。
 その間に、雪村さんは俺の近くまでやって来る。
 俺と雪村さんの距離は、約一メートルといったところだろう。
 雪村さんは俺の顔を見ている。
 今俺たちが立っている場所には街灯がなかったが、ちょうど雲に隠れていた月が徐々に姿を現し、雪村さんを美しく幻想的に映し出していった。

「えっと……一つだけ提案があるんだけど…いいかな?」
「う、うん。いいけど…何?」
「その……あのね……」

 雪村さんは、なかなか話し始めなかった。
 俺は催促せずに、雪村さんが話し始めるのを待った。
 そして、数秒経ったのか、それとも数分経ったのかはわからないが、雪村さんはもう一度話し始めた。

「あの……私たちこれから家族になるんだし、その…苗字で呼び合ってるのは、変じゃないかなと思って……だからさ…これからは名前で呼び合うほうがいいかなって思ったんだけど……ダメ、かな?」

 たしかに、これから家族になるのに苗字で呼び合ってるのは変だろう。それに、たぶん雪村さんは、苗字が雨宮に変わるだろうし、名前で呼び合うのは自然なことだと思う。
 だけど、そんな理由とは関係なく、俺にはただ名前で呼びたいという思いもあった。
 だから、俺はその提案に乗っかることにする。

「そ、そうだね…これからは、名前で呼び合うことにしよっか……」

 そうやって言葉にしてみると、やけに恥ずかしいことのように思えてきた。
 雪村さんは、嬉しそうにそして何かを期待してるように俺の顔を見つめている。
 雪村さんは先に俺のことを名前で呼んでいたので、次は俺の番ということなのだろう。

「え、えっと……」

 俺は、雪村さんの視線から逃げるように、目線を下げて考えた。
 だけど、考えるまでまもなく、俺の中で雪村さんの新しい呼び方は決まっていた。
 それを言えばいいだけなのだが、かなり照れくさい。
 だけど、俺は覚悟を決めて、彼女の顔を見つめ返した。

「あ、朱音……」
「う、うん。優君……」

 二人して名前で呼び合い、二人して顔を赤くして、同時に顔をそらした。
 やっぱり、名前で呼ぶのは恥ずかしいものだった。
 けれど、もう一度俺はゆきむ……朱音の顔見ると、彼女も俺の顔を見てきた。

「えっと…改めてよろしく……」

 俺は改めてもう一度あいさつをした。
 なんとなく、もう一度言うべきだと思ったから。
 すると、朱音も俺の顔を見てきた。

「こちらこそ…よろしくお願いします……」

 そして、朱音も同じようにようあいさつをする。
 それが終えると、少しおかしかったのか、二人して小さく笑っていた。

「それじゃあ…もう帰るよ」

 朱音が落ち着いてきたところで、俺はそう言った。

「う、うん。じゃあね……優君」

 少し残念そうに聞こえたのは、俺の気のせいだろう。

「じゃあね……朱音」

 俺たちは今日二回目の別れのあいさつをしてから、俺は朱音に背を向けて歩き出した。
 今度は俺を呼び止める声はしなかった。

「美少女同級生が新たな家族に!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く