美少女同級生が新たな家族に!!

藤航希

出会いの日

 今日は三月の終わりであり春休み中でもあり、父さんの再婚相手を紹介してもらう日でもある。
 今、俺の家には一人の女性と一人の美少女が来ており、俺たちはリビングで向かい合って座っていた。俺の前に美少女、父さんの前に女性という構図だ。

「彼女が、再婚相手の雪村唯ゆきむらゆいさんだ」
「はじめまして、雪村唯です。これからよろしくね、優君」
「あっ、はい。はじめまして。こちらこそよろしくお願いします」

 俺は目の前に座っている美少女のことを考えていたので、少しどもったあいさつになってしまった。
 決して目の前の美少女に目を奪われていたとかじゃないぞ。俺はただ彼女のことを知っているなぁ、と思っていただけだ。
 彼女は十中八九、俺が通っている私立神代かみしろ学園の有名人だ。

「優、なにぼっとしてるんだ?もしかして……目の前の朱音ちゃんが美人だから見とれてたのか?」
「違うよ!ちょっと考え事してただけ」
「失礼なやつだな。朱音ちゃんが美人じゃないというのか?」
「別に……そういうわけじゃないけど……もういいから、父さんもあいさつしなよ!」
「ははは!逃げたな」

 人様の前でそんなこと言うのはやめてほしい。恥ずかしくて顔が赤くなってるのが自分でもよく分かる。
 変に思われてないだろうなぁ、と思い顔を前に向けてみると……
 おそらく雪村さんであろう彼女も同じように顔を赤くしてうつむいていた。被害は俺だけではなかったらしい。隣で唯さんが「あらあら、まあまあ」とか言ってるし……
 それでも立ち直りは早かった。やはり、学園でさんざん言われたことなので慣れているのだろう。

「とりあえず、優をいじるのはここまでにしてっと……はじめまして、俺は雨宮龍太あめみやりゅうただ。よろしくね、朱音ちゃん。優は人見知りだからそっけない態度をとるかもしれないが、仲良くしてやってくれると嬉しいよ」
「はい、わかりました。これからよろしくお願いします」

 俺への無駄なフォローのようなものもあったが、ようやく父さんのあいさつが終わった。
 父さんもあいさつだけやればいいのに、俺へのいじりは必要なかっただろうに。まぁ、今そのことはどうでもいっか。それよりもだ、今は目の間への彼女のことが重要だ。彼女は間違いなくあの”雪村朱音”だな。父さんが”朱音ちゃん”と言ったし、声も確かこんな感じだった気がするし間違いないだろう。俺が知っている彼女の情報はこうだ。

 名前は雪村朱音ゆきむらあかね。性別はもちろん女でクラスはA組だったはず。
 顔立ちは整っていて、出るとこは出て引っ込むとこは引っ込んでいる。身長も高く、髪は黒のロング、完璧なスタイルの持ち主である。
 性格も完璧で人当たりもよく、誰にでも優しいので文句のつけようがない。
 たしか硬式テニス部に所属していて、かなりの実力者だったはずだ。
 これだけのステータスの持ち主なのだから、学園のアイドルと呼ばれていて有名人である。

 雪村さんの情報を脳内で整理していたら、話は勝手に進んでいた。

「朱音ちゃんは神代だったよね?」
「はい、そうです」
「なら、優とは同じ学園だな」
「えっ!そうなんですか?」

 まぁ、そりゃ知らないよな。俺は特に有名人ってわけでもないし、クラスも別だったからな。

「そして、優君とは同級生よ」
「えっ!」

 とどめとばかりに、唯さんが言った。
 彼女の反応から見ても、その可能性については考えてなかったんだろう。連れ子っていったら年上か、年下を予想するものだしな。
 それにしても……父さんと唯さんは息ピッタリだな。さっきのはいい連携だったような気がする。
 二人の関係を見ていたら、俺も誰かと付き合ってみたいなと思ってきた。
 ちなみに彼女ができたことはない。性格的なこともあって自分から積極的に行くことができないので、これからも彼女ができる可能性はないだろうと思っている。
 そんなことを考えていたら父さんが面白そうに話し始めた。

「そうかそうか、同じ学園で同級生か……なんか運命を感じるな」
「フフフ。そうですね。私も運命を感じます」

 ニヤニヤしながら二人してそんなことを言った。
 別にそんなことはないだろうと思うが、俺が何かを言ったところでどうせ言い返されるだけなのでここは雪村さん頼みだ。女子には父さんも弱いだろうし……
 俺はそう考え、雪村さんのほうを向いてみた。これで俺の意図を気付いてくれればいいが……

「……」

 だけど雪村さんは恥ずかしそうにうつむいていたので俺のことは見ていなかった。父さんたちのラブラブな雰囲気が恥ずかしいのか、運命的というのが恥ずかしいのかったのかは俺にはわからなかった。
 まぁ、ダメもとだったんだけど、恥ずかしそうにしてるのは少し予想外だったな。はぁ……ここは俺が何言い返さなとダメなのか……

「運命感じないから。たまたまだから」

 とりあえずは否定しておいた。これが一番安全だろうし。

「運命的とかは置いといても、同級生の美人な子と暮らすことになるのは嬉しいだろう?」
「……」

 話がいきなり変わった気がするが、図星をつかれてしまい俺は無言になってしまった。
 そりゃ、美少女で学園のアイドルの雪村さんと一緒に暮らすことになって嬉しいに決まっている。逆に嫌なやつなんていないだろう。
 そんなこと思っている間に、父さんはどんどん話を進めていく。

「まぁ、堅苦しい話はこの辺にして、優と朱音ちゃんでお互いを知るという意味も込めてデートでもしてきたらどうだ?」

 父さんはとうとうにそんなことを言い出した。
 どこに堅苦しい話があったか教えてほしいものだ。百歩譲っても最初のあいさつくらいだろうし、後は俺と雪村さんのいじりだった気がする。というか、デートって何ですか?
 ちょっと、状況が変わるのが早すぎて脳の処理が追いつかない。
 あっ、雪村さんも驚いている。あんな顔もするんだな。なんだか新鮮だし得した気分だ。
 俺は目に見えるわかりやすい現実に逃げて、そんなことを考えていた。

「それはいいと思います。二人には仲良くしてほしいですし。龍太さん、その間に私たちは今後のことを話してましょうか」
「そうですね」
「優君、朱音をお願いね」
「えっ、あっ、はい」

 いまだに事態を呑み込めていなかった俺は、あほっぽい返事しかできなかった。まぁ、別にいいだろう。雪村さんとのデートは嫌ではない。

「朱音もいいわね?」
「えっと……うん」

 まぁ、この流れだし拒否はできないよなぁ……まぁ、拒否されたらされたで悲しかったし、よかったんだけどね。

「じゃあ、決定ね」
「ついでに夕食も食べて来いよ。これ、夕食代。優、ちゃんとリードすんだぞ」
「いや……リードって……」

 彼女を作ったことがない俺には女子のリードの仕方なんて知ってるわけがなかった。まぁ、こうなったらなるようになるよね。
 そんなことを思っている間にも、やはり話は勝手に進んでいく。

「よし、話はまとまったな。そういうことで、若い二人は出ていった出ていった」
「二人とも楽しんでくるのよ~~~」
「はぁ……」
「……」

 こうして、俺と雪村さんはデートに行くことになった。

「美少女同級生が新たな家族に!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • Asuterio

    面白いです!これからもよろしくお願いします!

    4
コメントを書く