東方霊華楼(とうほうれいかろう)
その他

連載中:2話

更新日:

東方霊華楼(とうほうれいかろう)

  • あらすじ

     この作品は東方Projectの二次創作物です
     本作の主人公がオリキャラです
     それでも良い方はあらすじを見たあと
     本編をお楽しみください
     
     ────本作の主人公の簡単なプロフィール────
     
     西行寺幽々子がなくなる前から白玉楼に仕えていた
     華道楼軌(かどうろうき)
     彼は魂魄妖夢の祖父魂魄妖忌の同僚
     今は地上で何でも屋をしながら白玉楼に住んでいる
     刀の腕は達人級人望も厚い方
     失踪した妖忌の行方を探るために八雲紫と共に
     外の世界に行ったりする
     仲の良かった戦友の霊を
     自分に憑依させその戦友が蓬莱の薬を
     月から奪い、所持していたまま憑依させたので
     不老不死となる
     戦友の名前は三郎と言うらしい
     自分の体に憑依した霊がいるため
     周りからは「全身憑霊」と呼ばれている
     彼の霊は楼軌の体を乗っ取ろうとせず
     守護霊の様な立場で彼に憑いている
     霊は話したり、姿を現すことも可能なので
     周りから見れば楼軌の隣に男がいつもいるという様な
     さまである
     
     ────楼軌の能力について────
     
     彼の能力は「魂で武器を作る程度の能力」
     自分の想像したものを自分の魂を消費し
     武器として生成することが出来る
     魂を少し消費するだけで人間であれば瀕死に陥るが
     彼は不老不死、少しの魂の消費など
     少し疲れた程度なのだ。
     しかし彼はこの能力を乱用せず
     1度生成した「四角形を反らせた大太刀」と
     「弾丸を止める和風の銃」をずっと使用している
     生成した武器は楼軌と共鳴しどこにあるか分かり
     武器の切れ味も硬さも楼軌の強さに比例するため
     武器の切れ味も硬さも匠の仕上がり
     しかし武器にヒビが入ったり損傷があったりすると
     楼軌の体にその分の衝撃が彼に襲いかかる
     しかし彼の武器は硬いのでほとんど衝撃が来ない
     
     ────楼軌の性格について────
     
     楽天家な性格で明るい
     他人にあだ名をつけて呼んでみたり
     何でも屋を初めて利用する客に丁寧に接客するなど
     世話好きの面もある
     そのお陰か店は大繁盛し
     1日の稼ぎだけで10000円は稼げる
     だが彼は金に関する執着心はあまり無く
     1日の稼ぎの6割を博麗神社のお賽銭(博麗霊夢)へ
     3割を白玉楼へのお土産へ
     1割は自分という様に分けている
     毎日お賽銭を入れに行くため
     博麗霊夢とはすごい仲がいい
     霊夢本人は「なんか嫌いじゃない」と言っているので
     金づるとは思っていない様子
     
     ────楼軌の人間関係────
     
     西行寺幽々子
     とても仲が良く家族のように話し合っている
     魂魄妖夢
     師匠でもあり祖父でもある魂魄妖忌の同僚として
     尊敬している。
     よく剣の修行にも付き合って貰っている
     三郎
     大切な親友、月から蓬莱の薬を盗んだ
     楼軌は彼の死ぬ寸前
     「霊になったら俺が死ぬまで俺に憑依しろ」と言われ
     幽霊になった瞬間に楼軌に憑依していた
     魂魄妖忌
     唯一無二の友、容姿に年齢的な差はあるが
     互いに信頼し合い、競い合えるライバル
     博麗霊夢
     仲の良い友人同士
     異変が起きるとよく助っ人として呼ばれている
     霧雨魔理沙
     よく彼女の練習相手になっている
     よく彼女の弾幕を真っ二つに斬るためか
     彼女は斬られないパワーの弾幕を身につけるために
     楼軌を練習相手にしている
     八雲紫
     西行寺幽々子死後からの友人
     幽々子の死を嘆き悲しんだ者同士
     信頼で結ばれている
     
     

「東方霊華楼(とうほうれいかろう)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品