俺の妹が完璧すぎる件について。

まのう

1話 俺の妹が入学早々人気者。え、俺は??

俺は妹が好きだ。
頭が良くて、美人で、スタイルが良い妹が大好きだ。

-------------------------------------------------------------------------



俺の友達?、大雅(たいが)が話しかけてた。
イケメンで頭が良い、その上運動神経抜群
個人的にはちょっとウザい、いや、ちょっとどころじゃない、本当にキレそうだ、ぶちギレそうだ、こんな男、地獄に落ちちまえ、ふははははははははははははh
たいが「おいっ、大丈夫かよ、話聞いてた?」

そうし「あー、ごめん、呪文唱えてたわ。で、話って?」

たいが「お前…、んでさ、明日入学式じゃん?お前の妹入ってくるんだって?」

そうし「いくらお前でも絶対に紗羽は渡さないぞ。」

たいが「……、でさ、中学にいる後輩に聞いてみたらすっげぇ可愛いって噂でさ、実際そーなの?」

そうし「当たり前だ、マイスイートエンジェルを汚す輩が居たらそっこう潰す、お前でも容赦なく潰す。」

たいが「やめろよ…、、、でも俺は喋りやすい感じの方が良いから…。」

そうし「なんで俺の妹が喋りにくい設定になってるんだ??オススメしてるわけではないが、紗羽は喋りやすいんだぞ??」 

たいが「え、そうなのか!!?てっきり美人=性格キツいかと思っt…」
     ぎろり…。
そうし「うっせーーーーーー!!!!俺の妹悪く言うんじゃねーーー!!!!」

たいが「ごめんーーーーーーー!!!」逃走。

そうし「くっそ、あいつ逃げやがった、ったく…。」

俺は明日が楽しみでたまらなかった。







次の日









ざわざわざわざわざわざわ

1年棟の廊下がやけにうるさかった。
もちろん原因は分かる。


俺の妹だ。

俺の妹はそこらへんのかーわーいーいー(はーと)とはレベルが違う
なおかつスタイルもよし、肌も白く、さらさらヘアで文句無しだ。

俺は1年2組の平田先生に用があってわざわざ1年棟までやって来た。
妹は7組なのに2組まで俺の妹の話が聞こえる。

女子グループ「ねぇ!!?まぢやばくない!!?あの子可愛すぎない!!?」「それな!!今まで見てきた中で一番可愛いんだけど!!」「女優顔負けレベルなんだけど!!」



ふふふ、聞こえるぞ聞こえるぞ、もっと誉めろ誉めろ誉めまくれ!!
あ~お兄ちゃん幸せだぁ~~~

ところで……紗羽にはお兄ちゃんが居るって言う噂はないのか??

女子グループ「あ、でね、あのちょー可愛い子ね、兄居るらしいんだけど…」

お!ついに来た!

女子グループ「ちょー不細工って噂なんだってぇ!」「え~…それ萎えるわぁ…。」


………………。

ガラッ
平田先生「お、蒼士、なんか用か??」




そうし「いえ、とくには…………。」






まぁ………………妹が平和で何よりだ。
     別に羨ましくなんてないんだからね(泣)

「俺の妹が完璧すぎる件について。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く