妹はこの世界でただ一人の味方

サラダアブラ

10年

「10年か・・・結構経ってるな。」

10年前といえば俺は7歳か・・・。結衣なんて3歳くらいか?

そんなことを学が思っていると不意にミリーの顔が驚いた様子になった。何事かと思った瞬間、明かりがなくなり少し暗くなった。
そんな事を気にせず会話を続けようとする学の方を結衣が叩いた。

「ん・・・いきなりなにするんだよ結衣。」

「ん。」

結衣が指をさした先にいたのは魔王だった。学の後ろに立ち日を遮ったのも魔王である。

「久しいな2人とも...」

「久しぶりだな・・・。」

「うん、久しぶり・・・。」

魔王に続いて2人も返事をしたが雰囲気的にあまり喜べるものではないと察していた。それ以前に2人は喜ぶことはないが....

「何かあったのか?」

「幹部が壊滅状態でな・・・私にとって幹部・・・いや、幹部でなくても家族だと思っているのだ。お前だって妹が殺されるのは嫌だろう?」

「当たり前だろ。」

そう言う魔王の顔は前よりもやややつれているように見える。どうしてここにいるのか、そんなことよりも学は違うことを聞いた。

「壊滅って・・・残りはどれくらいなんだ?」

「序列1位から4位までが生き残っているが・・・ドーレが怪我を負ってしまっている状況なのだ。」

「あのドーレが怪我か・・・。」

この世界に来て唯一苦戦したといっても過言ではないドーレに怪我を負わせた相手のことを考えると学は鳥肌がたった。

「前にも話したが・・・一応警告しておくぞ。」

魔王が神妙な顔つきで2人を見て言った。

「数日後に戦争を始める、手出しをしないよう頼むぞ。」

そう言い魔王は去ってった。








--------------------------------------------
以下作者のコメント
うん、言いたいことはよ〜〜〜〜〜っくわかるよ!

少ないよね?過去一番だよこれ。

というのも理由があってですね、こっから展開を変えていくためにここで切らせてもらったんですよ。
はい、この話終わりっ!



今日は友達とつけ麺食べに行ったんですよ。麺900gまで無料だったんですよね。無料だったら頼んじゃうのは仕方ないですよね?

僕はギリギリ食べきれたんですけど友達が半分くらい食べてギブしたんですよ。残すのは申し訳ないということで僕が残り食べたんですよ。どうなったと思います?




はい、めっちゃ気持ち悪くなりました。




火曜日卒業式なんですよー。地域によってはもう終わってるところもあるのかな?
高校生活楽しみだなーと思いつつも友達ができるか心配です。

なんか面白くないな・・・。

今日見た夢の話でもしましょうか。

目の前には生魚を食べている人がいました。

      【 終          わ            り 】

「妹はこの世界でただ一人の味方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • サラダアブラ

    300ってその店では女性向け...

    0
  • オタクの端くれ

    つけ麺約1キロかー胃が破裂しそうだ。
    俺は300グラムあればいいや

    2
  • サラダアブラ

    200って結構少食じゃないですかね?僕とかがおかしいだけですかね?(笑)
    名前...名前ってなんだ!?(笑)

    0
  • 田中  凪

    麺900gまで無料って…
    わて200gありゃお腹いっぱいになるなぁ()
    あと、よく名前変わりますね

    1
  • サラダアブラ

    ははは...それはねぇ...最初は魔王じゃなくて隊長を出してたからなんですよ。
    まあなんだかんだあって魔王に書き換えたんですけど...
    いや、グダグダ言っても仕方ない。
    ミスりましたごめんなさい
    報告有難う御座います

    0
コメントをもっと見る / 書く