妹はこの世界でただ一人の味方

サラダアブラ

人間嫌い

「え、えと・・・もう大丈夫ですか?」

ミリーは2人に・・・というよりは主に結衣に向かってそう口にした。結衣は真っ赤になった顔を両手で顔を覆っていた。

声も出さずコクリと小さく頷きうなだれる結衣を見てミリーはやや苦笑していたが、元々予定していた目的地の家へと歩き出した。

写真を撮っていた場所からミリーの家はそう遠くない場所にあったため、5分程度で着くことができた。

「どうぞ、何もない家ですが・・・。」

そう言いミリーが案内した自分の家は、世間一般でいう豪邸だった。建物の大きさは5メートル以上あるようにも見えた。

「お前の家は木とかで作ったものじゃないんだな。」

学は先ほどまでの住民の家を思い出すと思わずそう口にした。

「やっぱり気になりますか?」

「まあさっきまでの住居が住居だしな。理由教えてくれるのか?」

「ええ、別にいいですけど・・・知らないんですか?結構大きなニュースになって知ってると思うんですが。」

そう言うミリーの目は『なんで知らないんだこの人』と語っているようだった。

「悪いな。住んでるのが田舎のせいでそういう事は疎いんだ。」

田舎?まあ近くに人がいるわけでもないし田舎でいいか・・・。などと学が思っていると

「ああ・・・田舎って情報くるの遅いですもんね。納得しました。ではお教えしますね。」

ミリーは納得していた。学の田舎という話し方はこの場において正解だった。

「ここの家が他と違うと言いましたよね?大きさは違えど前はあんな木で作ったような場所に住んでいたわけではないのです。自然に近い方が勘が鈍らなく、自然でいれるとも言いましたよね?間違いではないのですが大して大きな効果があるわけでもありません。前はみんなこの家のような場所で生活してました・・・けどその生活はある日人間によって壊されました。」

そう言い学を鋭い目で睨んだ。快くとまではいかないが、敵意をなくし平穏を装っていたミリーも限界だったのかもしれない。次第にポロポロと涙をこぼし始め、俯いた。
そして嗚咽が時々交りながらもミリーは言葉をつなげた。

「ぐすっ...なんであなたたち人間は...あっ、あんなこと...笑って...うっ...すいません...」

ミリーも何か嫌なことを思い出したのか口に手を当て泣きながら小さく鼻をすすりその場から少しだけ離れた。

落ち着いた結衣も雰囲気を読んで学の陰に隠れていたが、ミリーが離れたことで学へ話しかけた。

「これだけ嫌われるって・・・一体どれだけのことをしたんだろうね・・・?」

「さぁ・・・どうだろうな?だけどあそこまで人を嫌いだった理由は分かる気がする。」

そう言い学は小さくため息をつくのだった。



------------------------------------------
以下作者のコメント
いやー・・・前回から5日間空きましたね。まあいつも通り?に戻った感じですかねー。
おい、たーくん!見てるか!?お前のコメントがあったからチャチャっと書こうと思ったんだ!はい、それだけです。あとジャックさんは99話以上の話にいいねを押してくれましたね、有難う御座います。

まあいつも通り僕が勝手に話を進める雑談ターイム。
詳しくは言いませんけど3月の上旬に学校で校外学習という名目の元、TDLに行ってきます。
まあこれだけだったら別にいいじゃないですか?今中3で3月の中旬に卒業式を行うんですよ。その次の日は幼馴染と、春休みには父さんとも行く予定なんですよ。
ここで愚痴らせてください。

短期間に集中されるんじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!


ねくすとっ!

F○rtniteってゲームあるじゃないですか?僕はやった事ないんでよくわからないんですけど...
当然実況者もいるわけで、友人から勧められたのは『しょう○』って人なんですけどみなさん知ってます?
そのゲームのことを知らない僕でも声を上げて笑うほど面白いんですよ。オススメですよ。

最後に・・・僕の昨日のご飯3食連続でおでんでした

「妹はこの世界でただ一人の味方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • サラダアブラ

    え、あ、うん。優しい...

    0
  • たーくん

    急ぐ必要はないですよ、マイペースでいいですよ。

    1
  • サラダアブラ

    だって...急かすようなコメントしたじゃん...(笑)

    0
  • たーくん

    遅れたのにはとても深い理由があるんですよ。それはそうと早く書けなんてコメントした覚えはないんですが?

    1
  • サラダアブラ

    反省しろボケェ!(笑)

    0
コメントをもっと見る / 書く